現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 坪井翔、チャンピオンカー走行のプレッシャーなし。別チーム&共通ダンパーを体験し、有益な2日間「勉強になったけど、一歩抜け出すにはまだやるべきことがある」

ここから本文です

坪井翔、チャンピオンカー走行のプレッシャーなし。別チーム&共通ダンパーを体験し、有益な2日間「勉強になったけど、一歩抜け出すにはまだやるべきことがある」

掲載
坪井翔、チャンピオンカー走行のプレッシャーなし。別チーム&共通ダンパーを体験し、有益な2日間「勉強になったけど、一歩抜け出すにはまだやるべきことがある」

 スーパーフォーミュラの合同テスト&ルーキードライバーテストで、VANTELIN TEAM TOM’Sの37号車を走らせた坪井翔は、ドライビングを合わせ込むことができた初日午後以降のセッションを全てトップ3圏内で終えた。スーパーフォーミュラのダンパーは今後共通化されるが、それにも十分対応できているようだ。

 2023年シーズンのスーパーフォーミュラではP.MU/CERUMO・INGINGのマシンを走らせた坪井。しかし今回のテストでは、VANTELIN TEAM TOM’Sの37号車をドライブすることになった。このマシンは、宮田莉朋がシリーズ王者に輝いた、いわばチャンピオンマシンである。

■鈴鹿テストでKCMGの18号車をシェアする関口雄飛と福住仁嶺。SFを代表する実力者ふたりは競わされているのか?「彼らは“意識”はしている」

 坪井曰く、セルモとトムスでは、走らせ方や考え方が違う部分があったという。

「これまでのセルモのクルマや走り方とは、また違った環境でのテストになりました。トムスはトムスの走らせ方や考え方があって、クルマのキャラクターも少し違う印象でした」

 そう坪井は明かす。

「その中でドライビングを合わせるのは難しい部分もありましたが、2日間を通じて色々学べました。これまではずっとセルモでやってきて、それは勉強になったのですが、今回はその枠の外を見られたような気がします。それが新たな勉強になりました」

 チャンピオンマシンを走らせることにプレッシャーがあったかと尋ねられた坪井は、ダンパーが共通化されたこともあり、プレッシャーは感じなかったと明かす。

「特にプレッシャーは感じませんでした。共通ダンパーになってしまうし、ライバルもレベルアップしてきますから。パッケージが全く変わらないなら、チャンピオンカーに乗ることはプレッシャーになったかもしれませんが、色々と変わっているので、そんなことはなかった……そういうことに関してはリセットかなと思います」

 共通ダンパーになることで、マシンの性格が少し変わったという坪井。走行開始当初はそれに戸惑ったようだが、すぐにアジャストでき、その後は3セッション連続でトップ3タイムを記録した。

「今日は風も強かったですし、実際の数値に関しては分かりません」

 共通ダンパーによってダウンフォースにも変化があったかと尋ねられた坪井は、そう語った。

「ただ少なくともキャラクターに関しては少し変わっていたので、そこに対してのアジャストは必要でした。それについては、この2日間で色々試せました」

「1回目のセッションでは、本当に分からないというか、合わせきれないところもありました。でも2セッション目からはドライビングを合わせることができ、その後はトップ3のタイムを記録できました」

「ただ、一歩抜け出すためにはまだ必要な部分はあると思いますので、次のテストまでに色々考えなきゃいけないと思います。次のテストで、どのチームのマシンに乗れるのかは、まだ分かりませんけどね」

 坪井はスーパーGTでは、宮田とチームメイトだった。そのチームメイトがチャンピオンを獲得したマシンに乗ったことで、何か発見はあったのだろうか?

「発見というか、ある程度イメージ通りだったかなと思います」

「宮田選手の走りは見てきたので、ある程度クルマの走らせ方とか走り方、その時のタイムなんかは散々見てきました。なのでそのイメージ通りだったというか、こういう感じなんだな~と思いましたね」

「実際に乗ってみて、自分の走らせ方が意外とこうなのか……とか、こういう風に走らせなきゃいけないんだとか、こうやったら速く走ってくれるんだとか、そういう発見は色々ありました。色々と勉強になった2日間でした」

 その今季王者である宮田は、来季は欧州のレースに参戦するため、スーパーフォーミュラには参戦しない。そういうこともあり、疑問があれば尋ねてみるつもりだと、坪井は言う。

「GTで一緒に走った仲なので、そこは聞けば教えてくれると思います。来年は共通ダンパーに変わってしまいますから、今年とまったく同じにはならないと思いますが、どういう風に走らせていたとか、そういうことは教えてくれると思います」

「なので疑問に思うことがあれば、聞いてみようと思います」

関連タグ

こんな記事も読まれています

今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
今年のSARDは今までとは違う! 中山雄一が開幕戦2位で感じた手応え「展開さえ良ければau TOMSに追いつけたはず。力強いレースができた」
motorsport.com 日本版
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
「対向車のライトが眩しい!」なぜなのか ハイビーム推奨のせい? もしかしたらライトそのものの影響かも
乗りものニュース
”シンプルな”エネルギーマネジメント大成功で4位。ERTのティクトゥム「他のチームが同じような戦略を採らないなんて、驚きだったね」|フォーミュラEミサノE-Prix
”シンプルな”エネルギーマネジメント大成功で4位。ERTのティクトゥム「他のチームが同じような戦略を採らないなんて、驚きだったね」|フォーミュラEミサノE-Prix
motorsport.com 日本版
アルファ ロメオ新型「ミラノ」世界初公開! スタイリッシュな全長4.2mのコンパクトSUVはブランド初のEVのほかハイブリッドも用意
アルファ ロメオ新型「ミラノ」世界初公開! スタイリッシュな全長4.2mのコンパクトSUVはブランド初のEVのほかハイブリッドも用意
VAGUE
「動くぞッ!」 地面にめり込んだスバル「ヴィヴィオ」が話題に!? 超シャコタンな極限仕様、なぜ誕生?
「動くぞッ!」 地面にめり込んだスバル「ヴィヴィオ」が話題に!? 超シャコタンな極限仕様、なぜ誕生?
くるまのニュース
【2024年版】トヨタ ヤリス VSトヨタ プリウスを徹底比較
【2024年版】トヨタ ヤリス VSトヨタ プリウスを徹底比較
グーネット
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
注目高まる自転車ビジネス、電動化や高性能化 自動車メーカーやサプライヤーが技術応用
日刊自動車新聞
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月7日~4月13日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年4月7日~4月13日)
Webモーターマガジン
“再出発”の藤波清斗、予選アタックと鬼ブロックで魅せた! プライベーターTEAM MACH勝たせるべく鼻息は荒い「また一花咲かせたい」
“再出発”の藤波清斗、予選アタックと鬼ブロックで魅せた! プライベーターTEAM MACH勝たせるべく鼻息は荒い「また一花咲かせたい」
motorsport.com 日本版
ドライバーふたり揃って”復帰戦”の100号車STANLEY、いきなりの3位表彰台。山本尚貴安堵「39号車を抜けず悔しいが、次に繋がるレースができた」
ドライバーふたり揃って”復帰戦”の100号車STANLEY、いきなりの3位表彰台。山本尚貴安堵「39号車を抜けず悔しいが、次に繋がるレースができた」
motorsport.com 日本版
簡単に“収納力”を増強できる便利アイテムが新登場!【特選カーアクセサリー名鑑】
簡単に“収納力”を増強できる便利アイテムが新登場!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
不調続くホンダ、初日最上位は19番手のザルコ「ポテンシャルを全く発揮できなかった」/第3戦アメリカズGP
不調続くホンダ、初日最上位は19番手のザルコ「ポテンシャルを全く発揮できなかった」/第3戦アメリカズGP
AUTOSPORT web
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
ホンダが「新型ハッチバック」実車展示! 黒くて速い仕様、秋発売! 50年ぶり復活の「RS」とは
くるまのニュース
復活!! アストンマーティン「ヴァンテージ」を迎え撃つランボルギーニ「ウラカン」など、SUPER GTはスーパースポーツが揃い踏み!【参戦26台を一挙紹介Vol.6】
復活!! アストンマーティン「ヴァンテージ」を迎え撃つランボルギーニ「ウラカン」など、SUPER GTはスーパースポーツが揃い踏み!【参戦26台を一挙紹介Vol.6】
Auto Messe Web
【MotoGP】ヤマハへのスイッチは無い? VR46、来季以降もドゥカティ使用を希望……野望は最新型バイク獲得
【MotoGP】ヤマハへのスイッチは無い? VR46、来季以降もドゥカティ使用を希望……野望は最新型バイク獲得
motorsport.com 日本版
ホンダ1300 99S(昭和44/1969年5月発売・H130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト052】
ホンダ1300 99S(昭和44/1969年5月発売・H130型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト052】
Webモーターマガジン
國井勇輝がポールを獲得/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000予選
國井勇輝がポールを獲得/2024全日本ロード第2戦もてぎ ST1000予選
AUTOSPORT web
今年こそ王座に……! タイヤ無交換作戦で勝利掴んだ2号車mutaの平良「流れは良い」|スーパーGT開幕戦岡山:GT300優勝記者会見
今年こそ王座に……! タイヤ無交換作戦で勝利掴んだ2号車mutaの平良「流れは良い」|スーパーGT開幕戦岡山:GT300優勝記者会見
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村