サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ホンダSM-Xをターボ&5MT化した変態トールワゴン!」この走りとクオリティは“タイプR”だ!

ここから本文です

T25Gタービンをドッキングして200psをゲット!

注目はEP3シビック風のインパネMTシフト!

「ホンダSM-Xをターボ&5MT化した変態トールワゴン!」この走りとクオリティは“タイプR”だ!

1996年に若者向けのトールワゴンとして登場したS-MX。4人乗りと5人乗りが用意され、走行時のホールド性よりも背もたれを倒した時のフルフラット感を最優先に考えた前後ベンチシートの採用が話題になった。エンジンは130ps(前期)を発生させる2.0L直4のみの設定だったが、パワー不足を痛感したオーナーはチューニングを決意。そこで選んだ手法は、ボルトオンターボ化だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ