現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ラスベガスを含む2024年シーズン終盤の3連戦にF1ドライバーらが反対「これに賛成することはない」

ここから本文です

ラスベガスを含む2024年シーズン終盤の3連戦にF1ドライバーらが反対「これに賛成することはない」

掲載 1
ラスベガスを含む2024年シーズン終盤の3連戦にF1ドライバーらが反対「これに賛成することはない」

 F1第22戦ラスベガスGPは、イベントのロジスティクスとスケジュールの点でF1コミュニティに大きな犠牲を強いた。2024年のラスベガスGPは過酷なトリプルヘッダーのレースに含まれる可能性があることから、一部のF1ドライバーたちは憤慨している。

 先週、長いネバダへの旅でチームは複数のタイムゾーンに適応しなければならなかったが、現地に到着してみると翌日早朝までかかるイベントのスケジュールが数日間組まれていた。FP1でのトラブルとFP2の開始の遅れによって、チームの勤勉なメカニックたちは限界に達した。誰もが夜明けをかなり過ぎてからコースを離れ、午後の終わりには戻ってきてふたたび夜までかかるシフトに入った。

「F1はフェルスタッペンのラスベガスGP批判に腹を立てているだろう」とクルサード

 F1の2024年暫定カレンダーはすでに発表されているが、大きな時差と長い移動距離によってパドックで最も持久力と回復力のあるメンバーを完全に疲弊させてしまうラスベガス、カタール、アブダビのトリプルヘッダーが最終盤に組まれていることを、多くのドライバーたちは理解できないようだ。

「何? とんでもないことだ!」と、来年のスケジュールについて聞かされたダニエル・リカルド(アルファタウリ)は述べた。

「僕がこれに賛成票を入れることはないよ。これを前倒しにする必要があることはわかっている。特にシーズン末の僕たちはくたくたに疲れているからね」

「6レースほどこなしてすでにそう感じているので、彼らがうまく調整してくれるよう期待している」

「木曜日の深夜のセッション(FP2)の後、おそらく僕たち全員が少し意識朦朧として幻覚を見ていた気がしている。それ以降はちょっと目まぐるしい感じだった」

 ラスベガスGPの勝者であるマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、ラスベガスを前倒しにして、おそらくはオースティンのレースと組み合わせることで影響を軽減できるだろうと考えている。

「来年は不可能かもしれないが、もしかしたらアブダビへの移動も少し楽になるかもしれない」とフェルスタッペンは語った。

「現時点では大きな時差がある。特にシーズン末は誰もが疲れているから少し大変だと思う」

「だから違った日程を見つけるのが理想的かもしれない。僕はもっとアメリカツアーをやる必要があるかもしれないと考えているからだ。もちろんチケット販売に関してそれが理想的かどうかはわからないが、そこから少しは解決策が見つかるだろう」

「タイムゾーンに12時間も変化があると、レースのタイミングもまったく違ってくるので、少しやりすぎだと思う」

 フェルスタッペンが示唆しているとおり、オースティンとラスベガスは互いにチケット販売を減らすことを恐れて彼らのレースを組み合わせることに乗り気ではないだろう。

 一方チームメイトのセルジオ・ペレスは、アブダビではなくラスベガスでシーズンを終えることを望んでいる。

「最初のイベントは素晴らしかったと思う。でもマックスが言っているように、これからアブダビに行かなければならないことについて考えると、これは1年で一番長い移動距離ということになるだろう。このことを考えて、ベガスを最終戦にするべきだ」とペレスは指摘した。

関連タグ

こんな記事も読まれています

スズキ、インドで4輪車累計生産3,000万台を達成
スズキ、インドで4輪車累計生産3,000万台を達成
カー・アンド・ドライバー
ホンダが新型「小さな高級車」世界初公開へ! “VTEC”ターボエンジン搭載の「コンパクトSUV」! 謎の「ADX」2025年米に登場
ホンダが新型「小さな高級車」世界初公開へ! “VTEC”ターボエンジン搭載の「コンパクトSUV」! 謎の「ADX」2025年米に登場
くるまのニュース
MotoGPアメリカズGPプラクティス|マルティンが大幅レコード更新の会心アタックでトップ! マルケス3番手タイム
MotoGPアメリカズGPプラクティス|マルティンが大幅レコード更新の会心アタックでトップ! マルケス3番手タイム
motorsport.com 日本版
【九島辰也のカーガイ探訪記】ル・マン・クラシックに集うクルマ好きたちが過ごす時間
【九島辰也のカーガイ探訪記】ル・マン・クラシックに集うクルマ好きたちが過ごす時間
カー・アンド・ドライバー
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
アウディ新型「S3」世界初公開! 高性能スポーツバック/セダンは23馬力アップの333馬力に出力向上
VAGUE
即完売のトヨタ「スポーツカー」再販決定! 最後の「GR86」50台限定発売! 西で約574万円
即完売のトヨタ「スポーツカー」再販決定! 最後の「GR86」50台限定発売! 西で約574万円
くるまのニュース
タイヤ・ホイールはもはや「ネットショップ」で買う時代? 取り付けも心配しなくていいワケ
タイヤ・ホイールはもはや「ネットショップ」で買う時代? 取り付けも心配しなくていいワケ
Merkmal
ヴィンテージなデザインが個性的! THHがミラーインナーシールド付きフルフェイスヘルメット「TT-03」を発売
ヴィンテージなデザインが個性的! THHがミラーインナーシールド付きフルフェイスヘルメット「TT-03」を発売
バイクのニュース
ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
ホンダ最速・最高級マシン!「ホンダジェット」実機に乗って空を飛べる! “羽田空港”発着で体験可能な「貴重な機会」とは
くるまのニュース
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
バカ売れ間違いナシの「新型フリード」は現行型のネガもしっかり消せるのか? 元ホンダ社員が見た「頑張るべき点」はいろいろある!
ベストカーWeb
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「Vストローム800DE」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
高速道路の照明、場所によって「明るさ」違いすぎませんか? ドライバーどうすればいいのか困っちゃう
Merkmal
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
「新型フォレスター」もいいけど現行も買い時!!   スバルはやっぱり最終型にかぎる? 北米専用カラーが日本登場だぜ!
ベストカーWeb
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
広い常設ベッドがモダンなホテルのよう! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
オシャレなボディにシンプル車内がちょうどいい! トヨタ ピクシスバンがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
いよいよファイナルか!? GT-Rの2025モデルは24年6月発売!! エンジン周りを強化した最強モデルも登場だ
ベストカーWeb
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
【BC中古車ウオッチ】海外製のスズキ車ってなんでこんなにいいの? ハンガリー製のスズキ車「スプラッシュ」が影に隠れた名車といえる理由
ベストカーWeb
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
EVオーナーの祭典!テスラオーナーによる「TOCJ全国ミーティング」開催 愛知・蒲郡市
グーネット

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村