現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ホンダの新エントリーSUV「WR-V」誕生! 逞しいエクステリアに、195mmの最低地上高で走破性も確保!!

ここから本文です
ホンダの新エントリーSUV「WR-V」誕生! 逞しいエクステリアに、195mmの最低地上高で走破性も確保!!
写真を全て見る(13枚)



―― WR-V「Z+」グレード

長いベンチ型シートが快適! 日産NV200バネットがベースのキャンパー

ホンダは2023年11月16日に2024年春に発売予定の新型SUV「WR-V(ダブリューアールブイ)」に関する情報を特設サイト(https://www.honda.co.jp/WR-V/new/)で先行公開した。車両本体価格が200万円前半からとアナウンスされていおり、リーズナブルな価格設定が特徴だ。グレード構成は、「X」、「Z」、「Z+」のシンプルな3グレード。搭載エンジンは1.5Lガソリン、駆動方式はFF(2WD)のみとなっている。

記事全文を読む

こんな記事も読まれています

ウイリアムズが2024年型F1マシン『FW46』を初公開。アルピーヌもバーレーンでシェイクダウンを実施
ウイリアムズが2024年型F1マシン『FW46』を初公開。アルピーヌもバーレーンでシェイクダウンを実施
AUTOSPORT web
大変貌レッドブルF1の新車はいい感じ! 重鎮マルコ「非常に印象的。コンセプトは機能している」
大変貌レッドブルF1の新車はいい感じ! 重鎮マルコ「非常に印象的。コンセプトは機能している」
motorsport.com 日本版
昔のキャッチコピーもイカシとるやん! 80年代、90年代のホンダ・スズキ・いすゞのカタログが中々いいぞ!
昔のキャッチコピーもイカシとるやん! 80年代、90年代のホンダ・スズキ・いすゞのカタログが中々いいぞ!
ベストカーWeb
ポルシェ新型「マカン」はBEVになった! ターボは航続可能距離591キロ、最高出力639馬力! 気になる日本導入時期は
ポルシェ新型「マカン」はBEVになった! ターボは航続可能距離591キロ、最高出力639馬力! 気になる日本導入時期は
Auto Messe Web
レイズのプレミアム鍛造ブランドVMFが放つニューモデル第2弾!VMF「L-01」が発表!
レイズのプレミアム鍛造ブランドVMFが放つニューモデル第2弾!VMF「L-01」が発表!
LE VOLANT CARSMEET WEB
「ホンダコレクションホール」のリニューアルオープンは3月1日!ホンダの歴史を体感しやすくなった! 「CBヒストリー」イベントも開催!  
「ホンダコレクションホール」のリニューアルオープンは3月1日!ホンダの歴史を体感しやすくなった! 「CBヒストリー」イベントも開催!  
モーサイ
ホンダ新型「CBR400R」登場! トラコン、TFTメーターを新採用してデザインも一新!
ホンダ新型「CBR400R」登場! トラコン、TFTメーターを新採用してデザインも一新!
WEBヤングマシン
マクドナルドでEV充電! 一部店舗にDMM EV CHARGEのEV充電器を設置
マクドナルドでEV充電! 一部店舗にDMM EV CHARGEのEV充電器を設置
THE EV TIMES
トヨタ新型「ラージSUV」夏頃発売! 全長5m級&後席フラットで「車中泊も!」 17年ぶり復活「エステート」どんな人が買う?
トヨタ新型「ラージSUV」夏頃発売! 全長5m級&後席フラットで「車中泊も!」 17年ぶり復活「エステート」どんな人が買う?
くるまのニュース
スポーツ走行に特化、ラルグスが新型車高調キット「SpecSR」の『スイフトスポーツ』用を発売
スポーツ走行に特化、ラルグスが新型車高調キット「SpecSR」の『スイフトスポーツ』用を発売
レスポンス
ポルシェ パナメーラにアップデートしたe-ハイブリッド(PHEV)システムの搭載モデルを追加
ポルシェ パナメーラにアップデートしたe-ハイブリッド(PHEV)システムの搭載モデルを追加
Auto Prove
ロズベルグ率いる王者RXRとサインツのASXEが勝利。新時代の“2強”形成へ/エクストリームE開幕戦
ロズベルグ率いる王者RXRとサインツのASXEが勝利。新時代の“2強”形成へ/エクストリームE開幕戦
AUTOSPORT web
千葉の“干拓地バイパス”開通に続け!? 「利根川の有料橋の延伸」実現へ加速 千葉NT 茨城の圏央道が夢の直結に?
千葉の“干拓地バイパス”開通に続け!? 「利根川の有料橋の延伸」実現へ加速 千葉NT 茨城の圏央道が夢の直結に?
乗りものニュース
事故渋滞で「完全停止」… クルマを降りるのはOK? 車を降りてPAまで“歩く”のは? 本線上で「車外」に出るリスクとは
事故渋滞で「完全停止」… クルマを降りるのはOK? 車を降りてPAまで“歩く”のは? 本線上で「車外」に出るリスクとは
くるまのニュース
つい食べたくなる味 東関道「酒々井PA」でカツカレーうどんを堪能
つい食べたくなる味 東関道「酒々井PA」でカツカレーうどんを堪能
バイクのニュース
F1プレシーズンテストの日数に疑問を抱くアロンソ「世界選手権の準備に1日半というのは不公平」
F1プレシーズンテストの日数に疑問を抱くアロンソ「世界選手権の準備に1日半というのは不公平」
AUTOSPORT web
JSB1000フル参戦6年目を迎えるTeam ATJ。岩田悟とさらなる高みを目指して、鈴鹿8耐にも参戦/全日本ロード
JSB1000フル参戦6年目を迎えるTeam ATJ。岩田悟とさらなる高みを目指して、鈴鹿8耐にも参戦/全日本ロード
AUTOSPORT web
「全部乗せ」とはこのことだ! ニコルのフェラーリ巨大基地が横浜にオープン
「全部乗せ」とはこのことだ! ニコルのフェラーリ巨大基地が横浜にオープン
AUTOCAR JAPAN

みんなのコメント

14件
  • kuz********
    走破性を確保と言うなら四駆も欲しかったな
    降雪地帯だと道具として必要な装備なのよ
  • *******
    走破性確保とタイトルにあるのに4WD無し?
    SUVであってクロカンでは無いのだから、メーカーは走破性を求めて無いと思いますけど。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村