サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > テクニカルガレージRUN HAYABUSA(スズキHAYABUSA)オーナーに合わせた作りと定期整備で快調維持【Heritage&Legends】

ここから本文です
大事にされた車両を元に価値も楽しみも深める
初代の登場は1999年。GSX-R1100シリーズの流れを継承しつつ、誰もが究極の性能をどこででも味わえるように。そうして作られたのが、GSX1300R HAYABUSAだった。以来20年余、2世代にわたりつつも変わらぬ魅力を放ってきたこのシリーズにも、さまざまなカスタムの手法が出てきた。その中でテクニカルガレージRUNのバージョンアップコンプリートは、ハヤブサの良さを伸ばすことに長けたカスタムと言っていい。この車両=K7はその好例だ。

「この車両は新車で購入されてワンオーナー。前期型ベースですから、もう12年以上経ってます。

おすすめのニュース

サイトトップへ