サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「豪華すぎるキャンピングカーの世界」2000万円オーバーでも売れる理由

ここから本文です

「豪華すぎるキャンピングカーの世界」2000万円オーバーでも売れる理由

まるで高級マンションのようなインテリア

 千葉県の幕張メッセで盛大に開催された「ジャパンキャンピングカーショー2020」では、軽キャンパーから人気のキャブコン(小型トラックに居室を乗せたタイプ)、さらには大型のバスコン(マイクロバスを改造)まで多種多様なモデルが大集結。昨今のキャンピングカー人気を象徴するように多くの来場者が訪れた。そんななかで、車体サイズも然り大きな存在感をみせたのが、欧州ブランドを中心とした高級キャンピングカーだ。展示車両に貼られた価格表を見ると1000万円クラスは当たり前であり、なかには2000万円を越す個体もあるなかシェアも拡大しているという。

プリウスがキャンピングカーに大変身! 災害時にも使えるスグレモノの正体とは

 高級キャンピングカーはどうなっているんだろう。どのような人が、どのような使い方をしているのだろうか。そんな疑問を2社に聞いてみた。

専用設計ならではの高い気配り

 まず、訪れたのは全国に7店舗を構える「東和モータース」。バリエーション豊かなキャンピングカーを取り揃えるなかで、注目したのは「サンライト」が手掛けたバンコン『クリフ540』だ。展示車両はオプションを含めて893.6万円と、ほぼ1000万円クラスの高級モデルであり、国産バンコンと比べるとかなり高価。その差はどこにあるんだろうか。

 車両は、フィアット社の「デュカト」という小型商用車がベース。豊富なサイズのバンやトラックをラインアップしており、日本でも知名度は高い。展示車両はバンをベースに架装したのもので、機動性の高さも魅力なのだが、1000万円という価値について質問すると「冷蔵庫、コンロ、シンク、トイレ、ダブルベッド、走行充電/外部充電システム、FFヒーター、2重窓、AC/DCコンセントなどを標準装備。キャンピングカー乗りにとって欲しい装備はオプションとはせず、快適な旅を満喫できる装備はあらかじめ備えられています」とのこと。

 展示車両は、150ps仕様のエンジンやサイドオーニング、DJEパッケージ(DC12Vの電源とAC100Vの動作電源を切り分けた電装システム)といった、さらに贅沢で快適なオプション装備まで含んでいると考えれば1000万円という価格はお得かもしれない。じつは、オプションを含まなければ車両価格698万円と、国産バンコンとは変わらないレベルなのだ。

「欧米におけるキャンピングカーの歴史は長く、ベース車の設計は大きく違います。また、ボディバリエーションの豊富さをはじめ、ドイツのサンライト社やデスレフ社といった架装メーカーの実力も高く、洗練されたインテリアや優れた耐寒性能などが魅力。右ハンドルも設定していますので、日本の道路事情にもあった使い方ができるのも人気の秘密です」と、担当者は話す。

 ちなみに、購入するオーナーはアクティビティな個人事業主が多く、釣りやスキーといった趣味にキャンピングカーを利用するそうだ。最後に「8ナンバーなので、車検費用や維持費は普通車とそれほど変わりません。また、今回の展示車両の全幅×全長×全高は2050mm×5410mm×2650mmと輸入キャンピングカーのなかでは小さいクラス(トヨタ・ハイエースのスーパーロング・ワイドボディとほぼ同サイズ)。万が一のトラブルも全国的にカバーしているので、思ったよりも身近なキャンピングカーといえますよ」と意外にも身近な存在だ。

 なお、今回の展示車は乗車定員4人/就寝定員3人というスペック。共同購入すれば、高級キャンピングカーも決して夢ではない?

キャンピングカー界の王様「ハイマー」

 続いて訪れたブースは、茨城県に国内最大級の展示場を持つ「RVランド」。ハイエースなどのバンコン(ミニバンをベース)からキャブコン、トレーラーまで幅広いキャンピングカーが並ぶブースを奥に入っていくと、パーティションに囲われた特別感を感じるスペースが広がる。そこに展示されていた、いかにも豪華な1台が「ハイマー(HYMER)」社が手がける『Bクラス シュプリームライン(以降:Bクラス)』だ。

 まずは、そのスケールに圧倒。車体サイズは全長×全幅×全高=7790mm×2350mm×2960mmと、先出の「クリフ540」も遥かにデカい。同じフィアット・デュカトをベースにしているが、ベースモデルのボディタイプは異なり、フロントからキャンピングカーとして開発されたフルコンバージョンとなる。気になる価格は1872.1万円(税抜)と、高級キャンピングカーの本質を語る上では代表的なモデルといえそうだ。

 ドイツのハイマー社は、フィアット以外にもメルセデス・ベンツとも関係の深いブランド。60年以上の歴史を持つ、いわばキャンピングカーの王様ともいえる存在だ。そこで、RVランドの担当者に”Bクラス”の価値感や魅力について聞いてみた。

「まず、このモデルは”SLC”という専用シャーシを使ってます。新しく開発されたモーターホーム専用プラットフォームとなり、従来よりも大幅に軽量化(約16%)されており、強度も高められているほか、車底面はアンダーカバーで覆われているので走行安定性と乗り心地が格段に優れています。また。床下収納スペースを持つダブルフロア構造となり、バッテリーなどの重量物やタンク類をはじめ、長尺物や長期旅行の荷物が積載可能となっています」。

 この他にも車体最後方には大型収納庫も装備。強度の高いボディのおかげで最大450kgの荷物も積載可能という。さらに躍動感あふれるボディも大きな特徴がある。例えばGRP素材を使ったリアパネルは、5層構造(約3センチ厚)で、レンガ80センチ相当の断熱性と強度を持っており、特に冬場の保温性は抜群に高いそうだ。そして、気になるのが車内。ここでのコダワリを聞いてみた。

「内装は素材も重要ですが、シッカリと軽量に作られているのかも大切です。家具の取っ手ひとつひとつも人間工学に基づいて、感触や開閉のしやすさを重視した専用品を開発。どうしても見た目の高級感を尊重しがちですが、気品あふれるインテリアは誰もがくつろげる空間となっています」。

 ちなみに、Bクラスの乗車定員と就寝定員はそれぞれ5人。大型のツインベッド(1ベッドが820mm×2000mm)、エアコン、180リッターの給水タンク、温水式シャワー、トイレ、FFヒーター、サイドオーニングなどの装備は当たり前。展示車は、右ハンドル仕様で電動式プルダウンベッドや冷蔵庫まで完備されていた。

「購入層は40~50代の方が中心ですね。使い方としては、2~3泊の小旅行から数ヶ月の長旅までさまざま。なかには全国を駆け巡り、商談スペースとして仕事で使う人もいらっしゃいます。もちろん車体サイズが大きいので保管場所に困るケースがあると思います。その場合、弊社施設内にあるモータープールに保管することも可能。車庫証明は不要ですし、マイカーで起こしになって使いたい時だけ使用するという方法もできますよ」。

 シャワースペースや広いリビングルーム、バイクなども収納できるスペースなど、まさに至れり尽くせりの世界。雨や雪が降っても車内で快適に過ごしたい、長期旅行に使いたいなどの目的があるならば、高級キャンピングカーは有力な選択肢かもしれません。*写真は一部仕様と異なります

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します