サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > どうして1億円オーバーで往年のフェラーリ「カリフォルニア」のレプリカが作られるのか?

ここから本文です

■GTOが3台目となるフェラーリのリバイバルを発表

 フェラーリの修理やレストアなどをおこなっているGTOエンジニアリングが、同社として3モデル目となるリバイバルモデル「カリフォルニア・スパイダー・リバイバル」を、グッドウッド・リバイバルの会場で発表した。

【画像】現代に蘇る名車フェラーリ「カリフォルニア・スパイダー」とは(18枚)

 カリフォルニア・スパイダーといえば、ピニンファリーナがデザインをした、フェラーリの名車であり、希少なモデルとしても知られている。生産された台数は106台でしかなく、現在目にできる多くの個体は、博物館収蔵レベルのコレクションに限られてしまう。

おすすめのニュース

サイトトップへ