サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 北米では賞金総額37万5000ドルのMX-5 CUP、日本では開催休止に

ここから本文です

北米では賞金総額37万5000ドルのMX-5 CUP、日本では開催休止に

■日本はエントリーが集まらずに開催休止の憂き目に……

マツダ・ロードスター(グローバル名:MX-5)をベースとした世界共通ワンメイクレースが「GLOBAL MX-5 CUP」、世界各地でのシリーズ戦を勝ち抜いた上位ドライバーを招待して「世界一決定戦」を行なうというフォーマットは、これまでにないものでロードスターの走りをアピールするモータースポーツとして北米では盛り上がっています。

【サイズ比較】マツダ車対決 中国専用モデル CX-4 vs 新型マツダ3 /CX-4はマツダ3をひと回り大きくした感じ

北米では全6戦で開催予定の2019年「MAZDA MX-5 CUP」にかけられた賞金総額は、なんと37万5000ドル(およそ4200万円)。シリーズチャンピオンにはキャリアアップするための奨学金として20万ドル(およそ2200万円)が贈られるというのです。市販車をベースとしたワンメイクレースでありながら、かなりのビッグイベントといえます。

さらに、2019年シーズンからはND-1、ND-2と2クラス制に移行することも発表されています。というのも、ベースとなるMX-5がマイナーチェンジによってパワーアップしたから。旧型モデルはND-1、新しい181馬力のモデルがND-2となり、それぞれがシリーズ権を賭けて全6戦を競います。ちなみに、20万ドルの奨学金を賞金としてゲットできるのはND-2クラスのチャンピオン。ND-1クラスのチャンピオンはGLOBAL MX-5 CUPに適用できる奨学金10万ドル(およそ1200万円)を手にするということです。

一方、日本では2017年、2018年と続いてきた「GLOBAL MX-5 CUP JAPAN」が開催休止となることが3月1日にGLOBAL MX-5 CUP JAPAN 事務局より発表されました。日本では販売していないオープンボディに2.0リッターエンジンという世界共通フォーマットの車両が日本市場でのアピールにつながらなかったのかもしれませんが、マツダ肝いりのワンメイクレースが、その本国において休止となってしまったわけです。

日本におけるレース車両の販売はマツダが行なっていないなど、マツダは関係のないレースだという見方もあるようですが、「GLOBAL MX-5 CUP」を立ち上げたのはマツダであり、日本での開催がたった2年で休止になったというのは、そのサポートが足りなかったという印象も受けます。

いずれにしても、日本でのシリーズ戦休止によって、世界一決定戦に日本からドライバーを送ることはなくなりました。2018年のレーサー鹿島さんに続いて、アメリカでのシリーズ戦へ挑戦するというチャレンジャーは出てくるのでしょうか。

文:山本晋也
自動車コミュニケータ・コラムニスト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します