現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタが新型「箱クルマ」を公開! かつて人気を誇った「bB」復活に期待! “車中泊”も可能な「カクカク」ボディに称賛の声

ここから本文です

トヨタが新型「箱クルマ」を公開! かつて人気を誇った「bB」復活に期待! “車中泊”も可能な「カクカク」ボディに称賛の声

掲載 4
トヨタが新型「箱クルマ」を公開! かつて人気を誇った「bB」復活に期待! “車中泊”も可能な「カクカク」ボディに称賛の声

■あの「bB」復活に期待の声も!

 トヨタは2023年11月23日から11月26日まで開催された「名古屋モビリティショー2023」に、コンセプトカー「KAYOIBAKO(以下、カヨイバコ)」を出展していました。
 
 同車についてトヨタは、様々な用途に合わせたカスタムが可能な“ハコ型モビリティ”の提案だといいますが、SNSではどのような評価が見られるのでしょうか。

【画像】カッコいい! トヨタの新型「箱クルマ」を画像で見る(51枚)

 カヨイバコは箱型ボディが印象的な電気自動車(EV)のコンセプトカーで、「超拡張性能」を特徴とするモデル。

 その車名は物流現場などで部品などを運ぶ「通い箱(通函)」に由来するといいます。

 カヨイバコのボディサイズは、全長3990mm×全幅1790mm×全高1855mm、ホイールベース2800mmと、コンパクトカー「ヤリス」ほどの扱いやすいサイズとしながら内に、車内スペースを最大限に活用できる高効率なパッケージングを採用。

 業務から趣味までの様々な用途において使い勝手の良い大空間を確保し、さらに個別のカスタマイズを行うことで「移動販売車」や「乗り合いバス」などに変身。社会システムの一部としても活躍できる全く新しいクルマとなっています。

 さらに、トヨタではカヨイバコの活用法の提案として、車高を下げたローダウンとワイドタイヤ、大径ホイールを組み合わせた“ワル感”たっぷりの「カスタム仕様」の画像を公開。

 このカスタム仕様のフロントには「bB+CONCEPT」の文字があしらわれていることから、かつて若年層ユーザーから高い支持を集めたコンパクトハイトワゴン「bB」が復活するのかと話題を呼びました。

 トヨタはこれらカヨイバコのさらなる展開も示唆しており、同車が将来市販化された際には、ユーザーが自由にカスタムを楽しめるバリエーションが展開される可能性にも期待が持てそうです。

※ ※ ※

 カヨイバコは、とくに先述のbB+CONCEPTの存在もあってSNSでも反響を集め、「カッコいいじゃん!」「ぜひとも市販化して下さい」「こういうのが良いんだよ」など、同車を実際に販売して欲しいという投稿が多く見られます。

 また、「bBとしてこのまま出れば欲しいな」とコンセプトカーの姿での市販化を望む声もあれば、「もうちょっと初代bBに寄せてくれると嬉しい!」といった意見もあり、bBの復活に期待する人の中でもボディデザインについては意見が分かれた別れたかたちです。

 そのほか、「bB本当好きなクルマだった~」「カッコよかったのになんで無くなったんだろうね」などの、かつて販売されていたモデルについて振り返るコメントや、「bB復活してほしいけど買えるかどうかは値段次第だな…」と、近年の車両価格の上昇に苦言を呈す声もありました。

こんな記事も読まれています

タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
タイヤ交換のサインを判断する方法5選。タイヤの寿命を延ばすコツは?
グーネット
MotoGPアメリカズFP1|アプリリアのビニャーレスが好調トップタイム。マルケスは得意COTAで8番手
MotoGPアメリカズFP1|アプリリアのビニャーレスが好調トップタイム。マルケスは得意COTAで8番手
motorsport.com 日本版
日本人4名、宮田莉朋は初参戦。来季ル・マンの切符を懸けた2024年ELMSがいよいよ開幕
日本人4名、宮田莉朋は初参戦。来季ル・マンの切符を懸けた2024年ELMSがいよいよ開幕
AUTOSPORT web
井戸田潤「複雑だけど…」“元愛車”クライスラー・300Cのオーナー候補を募集!?
井戸田潤「複雑だけど…」“元愛車”クライスラー・300Cのオーナー候補を募集!?
グーネット
新型マツダ6はBEVで2028年に復活!? 中国から輸入の可能性も?? マツダ6の開発が難航してるワケ
新型マツダ6はBEVで2028年に復活!? 中国から輸入の可能性も?? マツダ6の開発が難航してるワケ
ベストカーWeb
新型「Z」や火災から復活の「GRスープラ」も参戦! スーパーGT「GT300」クラスは見どころ満載です【参戦26台を一挙紹介Vol.2】
新型「Z」や火災から復活の「GRスープラ」も参戦! スーパーGT「GT300」クラスは見どころ満載です【参戦26台を一挙紹介Vol.2】
Auto Messe Web
「運転がうまい!」と言われたい!! じゃあハンドルの握り方&回し方を変えてみよう! 
「運転がうまい!」と言われたい!! じゃあハンドルの握り方&回し方を変えてみよう! 
ベストカーWeb
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
トヨタ「ハイラックス」もEV化!?「バンコクモーターショー」で日本メーカーが続々とEV量産を表明した理由とは
Auto Messe Web
スーパー耐久公式イメージガールSwishの2024年メンバーが決定
スーパー耐久公式イメージガールSwishの2024年メンバーが決定
AUTOSPORT web
スバル「フォレスター」の特別仕様車にカラー追加!米モデルで人気の「ガイザーブルー」
スバル「フォレスター」の特別仕様車にカラー追加!米モデルで人気の「ガイザーブルー」
グーネット
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
メルセデス・ベンツ 新型「EQA」発表 一充電走行距離を591kmに伸長
グーネット
【MotoGP】ヤマハ、優遇制度活かして新型“直4”エンジンを準備。しかしポルトガルGP後のテストは悪天候で不発に
【MotoGP】ヤマハ、優遇制度活かして新型“直4”エンジンを準備。しかしポルトガルGP後のテストは悪天候で不発に
motorsport.com 日本版
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
「330i」を思い出すスムーズ加速 BMW iX1 eドライブ20へ試乗 割高感は否めない
AUTOCAR JAPAN
「GR86/BRZ」の足元に似合うホイールは「星形5本スポーク」でキマリ! ネオクラテイストの最新モデルを紹介
「GR86/BRZ」の足元に似合うホイールは「星形5本スポーク」でキマリ! ネオクラテイストの最新モデルを紹介
Auto Messe Web
黒すぎる! スバル「フォレスター」上質&精悍なブラック仕様登場! 初採用の“専用ボディカラー”も設定
黒すぎる! スバル「フォレスター」上質&精悍なブラック仕様登場! 初採用の“専用ボディカラー”も設定
乗りものニュース
三菱が最後の「ランサーエボリューション」実車公開&販売へ! 1000台限定の“特別仕様”登場に注目集まる! 新型「コンセプトカー」から歴史的モデルも一挙展示!
三菱が最後の「ランサーエボリューション」実車公開&販売へ! 1000台限定の“特別仕様”登場に注目集まる! 新型「コンセプトカー」から歴史的モデルも一挙展示!
くるまのニュース
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
2年連続の快挙! 日産「サクラ」国内EV販売トップへ 人気のカラーとグレードは?
AUTOCAR JAPAN
【2024年GT300をイチから学ぶ】スーパーカーにレクサス、BRZなど豊富な車種が争う混沌。新予選方式でますます予測困難に
【2024年GT300をイチから学ぶ】スーパーカーにレクサス、BRZなど豊富な車種が争う混沌。新予選方式でますます予測困難に
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
  • AK1974hama
    この車はbBコンセプトと言いつつも、乗用車よりは商用車として市販化されそうな気がする。
  • crx
    前が見えるのかなぁ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5193.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1158.0万円

中古車を検索
bBの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

160.5193.9万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

0.1158.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村