サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「最新モデル試乗」S660が終了してもN-ONEがある! RSの6速MTモデル、爽快感レポート

ここから本文です

「最新モデル試乗」S660が終了してもN-ONEがある! RSの6速MTモデル、爽快感レポート

ターボ+6速MT。N-ONEのRSはスポーツKのダークホースかも!?

 残念ながらS660はオーダーストップになったが、ホンダにはもう1台、素敵なスポーツKカーが存在する。昨秋モデルチェンジして2ndモデルに移行したN-ONEのRSである。
 RSは、スタイリングをそのままに中身を全面刷新した新型のイメージリーダー。ターボエンジンを搭載し、トランスミッションにはCVTに加え、新たに6速MTを設定した。パワーユニットはS660と共通のS07B型・直列3気筒DOHC12Vターボ。パワースペックは63ps/6000rpm、104Nm/2600rpm。RSは、駆動方式こそS660のMRに対してFFと異なるものの、走りを左右する主要ユニットを共用するBROS車。試乗車の6速MTは、S660用をベースに開発された。

2023年3月生産終了決定! ホンダS660のファイナルモデル、モデューロXバージョンZはもう買えないのが残念すぎる

 実際にドライブしても、その爽快感、ビビッドな手応えはオーバーラップする。6速MTのシフトフィールは軽快で確実。アクセルの踏み込みに応じてリニアにパワーが盛り上がるエンジンとのコンビで、変速に応じてリズミカルにスピードが上昇する。
 気分的にはスポーツ感覚満点。パワーが限られているので、絶対的にはさほど速くはないが、クルマのポテンシャルをフルに引き出して走る充実感は格別である。あらためて「ドライビングは楽しい」と実感した。

RSは「愛着が湧くホビーカー」のイメージ!

 街中から高速道路、そしてワインディングロードを含めパフォーマンスは十分以上。しっかりとしたボディと、しなやかで適度に引き締まった足回りが生むフットワークは高水準。キュートな外観から想像する以上にハイレベルの走りの持ち主である。ミニスーパーカー感覚のS660の走りの充実感には、ちょっぴり負けるが、N-ONE・RSのドライブはワクワクする。6速100km/h走行時の回転数は約3000rpm。静粛性は高く、快適なクルージングが楽しめた。

 実用性もハイレベル。電動パーキングブレーキの採用で、坂道発進を楽々とこなすし、広々した室内&ラゲッジスペースのメリットで、日常ユースはファーストカーとして使える。大型サイズのシートの座り心地も良好だ。

 価格は、S660モデューロXバージョンZ比、115万600円も安い199万9800円。N-ONE・RSには、アバルト595やMINIクーパーに通じる「愛着が湧くホビーカー」のイメージが漂う。手に入れたらコツコツと自分好みにカスタマイズするのも楽しいだろう。
 将来的には、モデューロXの展開も期待したい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します