現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1アブダビGP決勝の要点】熾烈な選手権争い。ルクレールはライバルを先行させる頭脳プレーに出るも3ポイント届かず

ここから本文です

【F1アブダビGP決勝の要点】熾烈な選手権争い。ルクレールはライバルを先行させる頭脳プレーに出るも3ポイント届かず

掲載
【F1アブダビGP決勝の要点】熾烈な選手権争い。ルクレールはライバルを先行させる頭脳プレーに出るも3ポイント届かず

 F1第23戦アブダビGPは、選手権の順位を巡る、激しいバトルが繰り広げられたシーズン最終戦だった。

 まずドライバー選手権の4位争い。200ポイントのカルロス・サインツ(フェラーリ)を同点のフェルナンド・アロンソ(アストンマーティン)、5点差のランド・ノリス(マクラーレン)、12点差のシャルル・ルクレール(フェラーリ)が追う四つどもえの展開だった。そしてコンストラクターズ選手権では、メルセデスとフェラーリが2位争い、ウイリアムズとアルファタウリが僅差で7位を争っていた。

ルクレール2位「優れたマシンがあったし、戦略も正しかった」コンストラクターズ逆転ならず悔しさ:フェラーリ/F1第23戦

 結果はどうなったか。ドライバーズ選手権4位は、最終的にアロンソが制した。18位に終わったサインツは一気に7位に後退。逆にルクレールは2位表彰台で大量ポイントを獲得して、アロンソと同じ206ポイントまで追い上げた。

 もしアロンソがレース終盤56周目に角田裕毅(アルファタウリ)を抜いて7位に上がっていなければ、ルクレールが2ポイント差をつけて4位だった。しかし両者は同点。2位表彰台の回数は同じ3回のため、3位入賞の回数差でルクレールが涙を呑んだ。

 コンストラクターズ選手権の戦いは、さらに激烈だった。4ポイント差でメルセデスを追うフェラーリだったが、Q1落ちを喫したサインツは決勝レースでもペースが伸びず、ルクレールは孤立無援の戦いを強いられた。

 スタートでホールショットを奪うことこそ叶わなかったが、ルクレールは首位フェルスタッペンにしつこく食い下がり続けた。しかしジョージ・ラッセル(メルセデス)も3番手につけ、このままでは選手権2位奪取は不可能だ。そこに9番手スタートのセルジオ・ペレス(レッドブル)が猛追してきて、54周目にラッセルを抜いて3番手に。ラッセルがこのまま4位に留まれば、フェラーリが2ポイント差で2位に上がる。

 だがペレスは直前のノリスとの接触で5秒ペナルティを受けており、この時点で実質4番手だった。そこでルクレールはあえてペレスに2番手を譲り、ラッセルとの差を5秒以上広げさせることで、『2位ルクレール、3位ペレス、4位ラッセル』を目論む頭脳プレーに出た。

 しかし2番手でチェッカーを受けたペレスは、ラッセルに1秒1及ばず4位。いずれにしても後方ではルイス・ハミルトンが9位に入っており、メルセデスは3ポイント差で辛くも選手権2位を確定した。

 ウイリアムズとの7点差を追うアルファタウリもまた、角田ひとりが奮闘した。スタート直後にアロンソにかわされるもののすぐに抜き返し、そこからは抜群のタイヤマネージメント能力を見せた。上位勢が12周目以降に次々にピットインするなか、角田は1ストップ作戦を敢行し、18周目にはついに首位に到達する。

 そのまま22周目まで引っ張り、10番手でコース復帰すると、後半37周目には3番手まで順位を戻した。しかしフレッシュタイヤで猛追するルクレールやラッセル、ノリスらに次々に抜かれ、48周目にはオスカー・ピアストリ(マクラーレン)、54周目にアロンソにもオーバーテイクされて8番手に後退。ダニエル・リカルドも11位に終わったことで、アルファタウリの選手権7位奪取はならなかった。

 結果的には2ストップ作戦でいっていれば、アロンソ、ピアストリを凌いで6位入賞も可能だったかもしれない。角田自身、フランツ・トスト代表に選手権7位を贈れなかったことを残念がっていた。

 とはいえ戦闘力に勝る上位勢相手に、違う戦略で対抗しようとした姿勢は十分に評価できる。日本人ドライバーが首位を走る姿も見られたのも、この戦略ゆえだった。シーズン終盤に強さを見せたチームは、翌年もその勢いを持続することが多い。来季の角田には、今年以上に期待できるはずだ。

こんな記事も読まれています

サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
サソリの毒をまるっと1日味わい尽くせ! アバルト500eの1日試乗キャンペーンが開催中
THE EV TIMES
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
やっぱり速かったau TOMS! 前年王者が新方式となった予選を制す。シビック最上位は3番手のSTANLEY|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
「消滅した阪神高速」いよいよ「復活」へ!? 異例の「3年間通行止め」松原線の工事大詰め 大阪市内に新たな高架橋の建設開始
くるまのニュース
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
ブリッツの「スロコン」「スマスロ」にLBXなど4車種の適合が追加
レスポンス
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
ハミルトン、2024年のメルセデスW15に実は好印象を持っている?「このクルマは素晴らしいよ。まだ、最大限の性能を発揮できていないだけ」
motorsport.com 日本版
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
カーメイト、新ウェットシート&ガラスクリーナー発売
レスポンス
あぶくま高原道路「終点の大ループ」からさらに延伸!「県道9kmバイパス」が13日開通
あぶくま高原道路「終点の大ループ」からさらに延伸!「県道9kmバイパス」が13日開通
乗りものニュース
6速MTオンリー! トヨタ“新”「FRスポーツカー」発売! 超スポーティな専用アイテム搭載した「カップカーベーシック」登場
6速MTオンリー! トヨタ“新”「FRスポーツカー」発売! 超スポーティな専用アイテム搭載した「カップカーベーシック」登場
くるまのニュース
【2024年GT500をイチから学ぶ】注目のホンダ・シビック、車高とタイヤのルール変更、ドライバー移籍で勢力図激変か
【2024年GT500をイチから学ぶ】注目のホンダ・シビック、車高とタイヤのルール変更、ドライバー移籍で勢力図激変か
AUTOSPORT web
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
BMW初代「M3」が2880万円! 高額の理由は786台しか製造されなかった貴重な「M3カブリオレ」だったからでした
Auto Messe Web
GT500は36号車au TOMS、GT300は65号車LEONがポール獲得!|スーパーGT開幕戦岡山:公式予選タイム結果
GT500は36号車au TOMS、GT300は65号車LEONがポール獲得!|スーパーGT開幕戦岡山:公式予選タイム結果
motorsport.com 日本版
フレッシュアップ&アップデートされた新型「マツダ 2」のドライビングレポート その性能と評価は?
フレッシュアップ&アップデートされた新型「マツダ 2」のドライビングレポート その性能と評価は?
AutoBild Japan
国内セダンの希望の星! でも改善点は多数アリ? 期待度が高いからこそ見えたクラウンセダンの欠点とは
国内セダンの希望の星! でも改善点は多数アリ? 期待度が高いからこそ見えたクラウンセダンの欠点とは
ベストカーWeb
4度のアップデートを経て遂に登場! クシタニが2024SSガーメントを発売
4度のアップデートを経て遂に登場! クシタニが2024SSガーメントを発売
バイクのニュース
マツダCX-60とともに全国を転戦! 昨年念願の初優勝、今年さらなる飛躍を誓うプロゴルファー蛭田みな美
マツダCX-60とともに全国を転戦! 昨年念願の初優勝、今年さらなる飛躍を誓うプロゴルファー蛭田みな美
ベストカーWeb
ポルシェ「911GT3」にリフターを装着して気分はハレバレ!? 還暦前オヤジの「また新たな問題発生」弱り目にたたり目編【役物911長期レポ】
ポルシェ「911GT3」にリフターを装着して気分はハレバレ!? 還暦前オヤジの「また新たな問題発生」弱り目にたたり目編【役物911長期レポ】
Auto Messe Web
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「スズキ ジムニー」(2018年8月放映)
【動画】竹岡圭の今日もクルマと「スズキ ジムニー」(2018年8月放映)
Webモーターマガジン
4月13日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
4月13日(土)THE MOTOR WEEKLY 放送予告!
Auto Prove

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村