サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2021年に向けF1ドライバー市場に大きな動き「大勢がすでに交渉をスタートしている」とハミルトン

ここから本文です

2021年に向けF1ドライバー市場に大きな動き「大勢がすでに交渉をスタートしている」とハミルトン

2021年に向けF1ドライバー市場に大きな動き「大勢がすでに交渉をスタートしている」とハミルトン

 メルセデスF1のルイス・ハミルトンは、各チームが2021年に向けてドライバーラインアップ決定のプロセスに入りつつあり、来年のF1ドライバー市場には大きな動きがあると予測している。

 2021年、F1は大規模な規則変更を行い、新しい時代に入る。さらにそれと重なるように、2020年シーズンの終わりには有力ドライバーたちが現契約の終了を迎える。

契約への不安がボッタスのパフォーマンスに影響か。メルセデスF1代表、1年ごとの更新は精神的に負担と認める

 来年、トップチームのすべてのドライバーは、将来に向けて交渉を自由に行えるようになる。ドライバーの去就に関するニュースが増える時期が早まり、関係者の間で大胆な憶測が飛び交うことになりそうだ。

「来年はドライバー交代(のニュース)が見られるはずだ。多くのことが背後で起きている。それぞれのドライバーがしかるべきチームと話し合っているんだ」とハミルトンは今週末のブラジルGPを前に語った。

 6度のF1世界チャンピオンであるハミルトンも2020年末でメルセデスとの契約が切れるため、今後交渉を行っていくことになる。彼は残留してメルセデスでキャリアを終えたいと述べているが、それでもフェラーリの魅力は、彼を最後の挑戦に誘いだすかもしれない。

 2021年にどこでレースをすることになろうと、34歳のハミルトンは新世代F1マシンでレースをすることを楽しみにしている。

「もし、(新しいルールが)紙に書かれているとおりのことをするのなら、長年にわたって見てきたレースの歴史における最高の時代になるだろう」とハミルトンは語った。「もしそうなるなら、僕はそこにいたい」

「自分の能力を示すもうひとつのチャンスになるだろう」

 ハミルトンは将来を予測するにあたって、彼が『将来のチャンピオン』と呼んでいるマックス・フェルスタッペンとシャルル・ルクレールの若手ふたりが、今後、首位争いの主なライバルになると見ている。

「ふたりともフェアでアグレッシブなドライビングスタイルを持っていて、素晴らしいと思う」とハミルトンは語った。

「誰が勝つかという点では、自分が彼らを止められる立場にまだいられることを願っているよ」

「フェラーリは短期間で世界タイトルを賭けて戦えるマシンを作り出す可能性が高いと思う」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します