現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > マクラーレン、顧客の要望に応え「F1 GTR」のレース・ペイントを「675LT」で再現

ここから本文です

マクラーレン、顧客の要望に応え「F1 GTR」のレース・ペイントを「675LT」で再現

掲載 更新
マクラーレン、顧客の要望に応え「F1 GTR」のレース・ペイントを「675LT」で再現

マクラーレンのビスポーク部門、マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)は、ある顧客のオーダーにより、マクラーレン「F1 GTR」のレース・ペイントを「675LT」で再現したスペシャルカーを製造した。

マクラーレン「675LT」はスペシャルマシンと呼ぶにふさわしいマシンだが、それをさらにドラマチックに、エクスクルーシブなマシンにしたいというカスタマーからの要望に対し、MSOはそれがどんなに複雑なものであってもリクエストに応じたのだ。

マクラーレン 英国BBC TOP GEAR MAGAZINE AWARDSでマニファクチャー・オブ・ザ・イヤーを受賞

1990年代の耐久レースで圧倒的な強さを発揮し、1996年度のBPRグローバル・エンデュランス・シリーズおよび1997年のル・マン24時間GT1クラスで優勝したマクラーレン F1 GTRに敬意を表したロードカーを製作して欲しい、というリクエストに応えるため、MSOでは、パーソナライズされた有名なレース仕様とカスタマーの要望に沿ったビスポークの特徴を兼ね備えた675LTが特別仕様で製作された。

ライトブルーとブラック/レッドのボディペイント、そしてトレードマークであるセンターのオレンジストライプは、ガルフ・レーシングのペイントを再現したものであり、このペイントが施された、1997年のマクラーレン F1 GTR「ロングテール」は、マクラーレンが675LT製作のヒントとしたマシンでもある。

ペイントだけでなく、デイグロー・オレンジ仕上げの20スポークのホイールもプロジェクトのテーマに沿ったもので、オーナーのイニシャルが入ったサイドシルのバッジにも同じオレンジカラーが使用された。また、ルーバー式のフロントウィング、最新式のルーフスクープおよびカーボンファイバー製のエアブレーキは、MSOが用意しているマクラーレン 675LT用のオプション装備であり、その全てにボディーと同じペイントが施されている。

このプロジェクトは、その有名なレース・ペイントの使用について、ガルフ・オイル・インターナショナル社の許可を得て実施。MSOでの作業には1000時間以上の時間が費やされ、そのうち、エアブラシでの作業を含むペイント作業には800時間が費やされた。

インテリアは、エクステリアのテーマとパーソナライゼーションをより効果的にアピールするデザインとなっている。MSO ビスポークのレーシング・シートはカーボンブラックのアルカンターラ仕上げで、コントラストの利いた、オレンジとブルーのステッチが入っている。ヘッドレストにはブルーでステッチされたオーナーのイニシャルがあしらわれている。

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ 関連情報
マクラーレン 675LT 関連情報
マクラーレン 関連情報

こんな記事も読まれています

[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
[新型クラウンエステート]もうすぐ登場か!? 先代は[国産最上級ワゴン]! 新型に期待大のワケ
ベストカーWeb
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
ニューウェイのマネージメントを務めるジョーダン、フェラーリF1との契約を否定「彼自身が何をしたいかまだ決めていない」
AUTOSPORT web
水素エンジン搭載『バーグマン』市販時期は、スズキ脱炭素に向けた“3台”のアプローチ…人とくるまのテクノロジー展 2024
水素エンジン搭載『バーグマン』市販時期は、スズキ脱炭素に向けた“3台”のアプローチ…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
角田裕毅の来季はどうなる? 今のところRBに”満足”も「RBやレッドブルよりも良いオファーがあれば考えてみる」
角田裕毅の来季はどうなる? 今のところRBに”満足”も「RBやレッドブルよりも良いオファーがあれば考えてみる」
motorsport.com 日本版
「NEBURA」は見る角度で色が変化!【Kabuto】の最先端エアロフォルム「F-17」にグラフィックモデル追加!  
「NEBURA」は見る角度で色が変化!【Kabuto】の最先端エアロフォルム「F-17」にグラフィックモデル追加!  
モーサイ
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
トヨタ、シエンタを一部改良 メーカーオプションが設定グレードに標準化など
月刊自家用車WEB
モーガンとピニンファリーナがタッグを組んだオープンスポーツの「ミッドサマー」が初公開
モーガンとピニンファリーナがタッグを組んだオープンスポーツの「ミッドサマー」が初公開
カー・アンド・ドライバー
マッチが水素エンジンで激走!! 久々のレーシングカーで最新技術体感 モリゾウさんとのタイム争いがガチだった
マッチが水素エンジンで激走!! 久々のレーシングカーで最新技術体感 モリゾウさんとのタイム争いがガチだった
ベストカーWeb
日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ
日産で一番売れてる「ノート」なぜ派生車がお買い得? 上級仕様でも「オーラ&オーラNISMO」が“割安”といえるワケ
くるまのニュース
地方路線バスは崖っぷち! 修学旅行のために「高速バス運休」という異常事態、もはや公金投入しかないのか
地方路線バスは崖っぷち! 修学旅行のために「高速バス運休」という異常事態、もはや公金投入しかないのか
Merkmal
走行中でも純正ナビでテレビ視聴! データシステムのTV-KITにレクサス『LBX』の適合が追加
走行中でも純正ナビでテレビ視聴! データシステムのTV-KITにレクサス『LBX』の適合が追加
レスポンス
レクサスが「小さな高級車」実車展示! 究極の自分仕様も登場!? サイズのヒエラルキーを超えた「LBX」 世界観が体験出来る場所とは
レクサスが「小さな高級車」実車展示! 究極の自分仕様も登場!? サイズのヒエラルキーを超えた「LBX」 世界観が体験出来る場所とは
くるまのニュース
クルマに「鳥のフン」が落下! 放置すると「クルマが痛む」原因にも! 落とされやすい「ボディカラー」と手軽な“対処方法”とは
クルマに「鳥のフン」が落下! 放置すると「クルマが痛む」原因にも! 落とされやすい「ボディカラー」と手軽な“対処方法”とは
くるまのニュース
どんなバイクか説明できる? 古いバイクで度々目にする「レストア済み」の意味
どんなバイクか説明できる? 古いバイクで度々目にする「レストア済み」の意味
バイクのニュース
ハースF1を離れた元テクニカルディレクターのレスタ、ガーデニング休暇後はメルセデスに加入へ
ハースF1を離れた元テクニカルディレクターのレスタ、ガーデニング休暇後はメルセデスに加入へ
AUTOSPORT web
ホンダはエンジン開発を復活させるべきだ! 名エンジン3選
ホンダはエンジン開発を復活させるべきだ! 名エンジン3選
ベストカーWeb
OAM2024人気車両コンテストグランプリは「KUHL JAPAN」の「35R-2024EIDTION WIDE BODY」に決定! メイド・イン・大阪です
OAM2024人気車両コンテストグランプリは「KUHL JAPAN」の「35R-2024EIDTION WIDE BODY」に決定! メイド・イン・大阪です
Auto Messe Web
駐車時は「ハンドル真っ直ぐ」が基本じゃないの? 高速でパトカーや作業車両がハンドルを切ったまま路肩に停めるワケ
駐車時は「ハンドル真っ直ぐ」が基本じゃないの? 高速でパトカーや作業車両がハンドルを切ったまま路肩に停めるワケ
WEB CARTOP

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4353.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2830.03260.0万円

中古車を検索
675LTの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

4353.4万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

2830.03260.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村