サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1エミリア・ロマーニャFP2速報:メルセデス勢に続きガスリー3番手。角田裕毅7番手、フェルスタッペンにトラブル発生

ここから本文です

 F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目がイタリアのイモラ・サーキットで行なわれた。トップタイムをマークしたのはFP1に続いてバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、タイムは1分15秒551だった。

 わずか0.010秒差の2番手につけたのはボッタスのチームメイトのルイス・ハミルトン。メルセデスのワンツーとなった。

■FP1で接触のオコンとペレス、お互い処分はなし。大規模な通信トラブルが事故の遠因に

 メルセデス勢に次ぐ3番手につけたのは好調アルファタウリのピエール・ガスリー。ガスリーもボッタスとわずか0.078秒差の好タイムをマークした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン