サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1エミリア・ロマーニャFP2速報:メルセデス勢に続きガスリー3番手。角田裕毅7番手、フェルスタッペンにトラブル発生

ここから本文です

F1エミリア・ロマーニャFP2速報:メルセデス勢に続きガスリー3番手。角田裕毅7番手、フェルスタッペンにトラブル発生

F1エミリア・ロマーニャFP2速報:メルセデス勢に続きガスリー3番手。角田裕毅7番手、フェルスタッペンにトラブル発生

 F1第2戦エミリア・ロマーニャGPのフリー走行2回目がイタリアのイモラ・サーキットで行なわれた。トップタイムをマークしたのはFP1に続いてバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、タイムは1分15秒551だった。

 わずか0.010秒差の2番手につけたのはボッタスのチームメイトのルイス・ハミルトン。メルセデスのワンツーとなった。

■FP1で接触のオコンとペレス、お互い処分はなし。大規模な通信トラブルが事故の遠因に

 メルセデス勢に次ぐ3番手につけたのは好調アルファタウリのピエール・ガスリー。ガスリーもボッタスとわずか0.078秒差の好タイムをマークした。4番手、5番手にはカルロス・サインツJr.、シャルル・ルクレールのフェラーリ勢が続いたが、ルクレールはセッション終了直前にターン18でクラッシュして赤旗の原因を作ってしまった。

 セルジオ・ペレス(レッドブル)を挟んで7番手につけたのは角田裕毅(アルファタウリ)。ベストタイムは1分16秒419だった。

 なお、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはセッション前半にトラブルが発生。早々にマシンを降りてしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します