サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 圧倒的な性能を誇るも人気薄! スカイライン「R33」GT-Rはなぜ日陰の存在だったのか?

ここから本文です

R32とR34に挟まれた第2世代GT-R次男坊R33型が不人気と言われてる理由と現実

 1990年代~2000代初頭まで日本のスポーツカー代表として時代をリードしてきた第2世代と呼ばれるGT-R。R32/R33/R34の3世代14年に渡り生産され、RB26DETTエンジンと日産独自の4WDシステムであるアテーサET-Sのパッケージは同じながら、次男のR33は長男のR32、三男のR34に比べ、長年「失敗作」や「不人気」のレッテルを貼られ、オーナーは苦い思いをしてきた歴史がある。

「ウソだろ? むかし数十万円で売っちゃった……」あまりの高騰ぶりに驚愕必至の国産旧車とその価格

 ただ、発売当初、R33に対する世間の期待は大きかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ