サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 自動車界の偉人! 「フェルディナント・ピエヒ」がわかる8つのネタ

ここから本文です

自動車界の偉人! 「フェルディナント・ピエヒ」がわかる8つのネタ

 今や当たり前の有名技術もピエヒ氏が生み出した

 ドイツ、フォルクスワーゲンの会長として手腕を発揮し話題になった、フェルディナント・ピエヒ氏。経営者としてだけでなく、技術者としても自動車史に名前を残すというが、どんな業績があるのだろうか。ポイントだけに絞って、ざっくり解説してみよう。明日から使えるうんちくだ。

【試乗】VWにディーゼルが帰ってきた! パサートTDIの実力チェック(動画あり)

 1)フェルディナント・ポルシェの孫

 フェルディナントという名前からもわかるように、かのポルシェ博士の孫。名字が違うのは、母親方だから。つまりピエヒは、父親の名字。(写真右が幼少期のピエヒ氏)

 2)あの死闘のポルシェも設計

 日本のレース史に残る名勝負、第2回日本グランプリでのスカイラインGTとの死闘の相手となったポルシェ904の設計にも関わっている。

 3)各社を点々とした

 大学卒業後は、もちろんポルシェに入社。しかし、同族経営排除で退社するとメルセデス・ベンツでコンサルタントをしたあと、アウディへと入社。そしてグループの中核であるVWの会長へと就任した。

 4)アウディの代名詞「クワトロ」を開発

 アウディの看板技術だが、これを開発を指揮したのはピエヒ氏。とくにトラクションにこだわっていたようだ。

 表舞台にはあまり出てこないがVWグループのために尽力

 5)直5エンジンへのこだわり

 直4の経済性、直6のシルキーさなどを兼ね備えるとされる直5へも長年こだわり続けた。だからアウディにも直5はあったのだが、ホンダの直5にもかなりの興味を示していた。

 6)とにかく偏屈だった

 フォルクスワーゲンの会長として活躍していたのは最近のことなので、会見風景などを見たことがある人もいるかもしれないが、かなりの変わり者。ポルシェ一族とも仲はよくなかったようだ。

 7)続々とブランド買収

 ランボルギーニ、ベントレー、ブガッティなどを続々と買収して話題になったが、これは彼の手腕によるもの。

 8)ポルシェの大株主に

 仲はよくないとはいえ、ポルシェの株を10パーセント保有するなど、資産は4000億ドル以上とされる。

 マスコミ嫌いだったり、経営的にも手腕を発揮しつつも、独裁者とも言われていたことも。だが個人としてメーカーの顔になり、引っ張ってきたのはさすが。今後は出てこないタイプの技術者、経営者だろう。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します