サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > BMW、M4 コンペティションをもっとレーシーに装う限定モデル「エディション ヘリテージ」を発売

ここから本文です

BMW、M4 コンペティションをもっとレーシーに装う限定モデル「エディション ヘリテージ」を発売

BMW M4 Edition Heritage

BMW M4 エディション ヘリテージ

BMW、M4 コンペティションをもっとレーシーに装う限定モデル「エディション ヘリテージ」を発売

M4 コンペティションを特別色で彩った限定仕様

ビー・エム・ダブリューは、2020年1月15日に専用のボディカラーやルーフ、ホイールなどを採用した30台の限定モデル「M4 エディション ヘリテージ(Edition Heritage)」を発売した。

「M4 エディション ヘリテージ」のベース車両は、M4の高性能仕様であるコンペティション。M社独自のパフォーマンスを誇る2ドアクーペのキャラクターを一段と際立てる専用色や装備の数々を搭載した。

ラグナ・セカやイモラをイメージしたボディカラー

ボディカラーはレーシーな雰囲気の3色を用意。米カリフォルニア州モントレーにあるラグナ・セカ・サーキットをイメージした「ラグナ・セカ・ブルー」、ビロード生地のような光沢感を湛える「ベルベット・ブルー」、そして伊イモラ・サーキットをイメージした「イモラ・レッド」をラインナップ。内装は各ボディカラーとコーディネートされたメリノ・レザー仕様を組み合わせた。

「ラグナ・セカ・ブルー」のシートはグレーがかったホワイト「シルバー・ストーン」とブラックのバイカラーをベースに、ターコイズのステッチをあしらったもの。「ベルベット・ブルー」のシートも同じバイカラー配色で、そこにオレンジのステッチを組み合わせる。「イモラ・レッド」はレッドとブラックのバイカラーベースに、イエローのステッチでアクセントを加えている。

M伝統の3色ストライプをまとったカーボン・ルーフも

足元には、専用色のオービット・グレーで塗装した20インチの「Mライト・アロイ・スポーク・スタイル666M」を装着。Mを象徴する3色ストライプをあしらったカーボン・ルーフも採用した。

また、インテリアもカーボン仕様とし、ダッシュボードやスカッフプレートなど各所に「M Heritage」のロゴを配置している。

全世界750台の特別なM4クーペ

ベースのM4 コンペティションは、3リッター直列6気筒ターボユニットを搭載。標準モデル比14psプラスの最高出力450psを発揮し、0-100km/h加速4.1秒を記録する。電子制御式ダンパーを備えるアダプティブ M サスペンション、エンジンの旨味を引きだす7速 M DCT Drivelogicトランスミッションを組み合わせ、電子制御の多板クラッチを用いるアクティブ M ディファレンシャルやDSCにも専用のチューニングを施している。

M4 エディション ヘリテージは全世界750台の限定生産モデルで、日本への割り当ては合計30台。内訳は「ラグナ・セカ・ブルー」が15台、「ベルベット・ブルー」が10台、「イモラ・レッド」が5台となる。すべて右ハンドルで、車両価格は1545万円。

【車両本体価格(税込)】

BMW M4 エディション ヘリテージ:2160万円

【問い合わせ】

BMWカスタマー・インタラクション・センター

TEL 0120-269-437

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します