現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】ホンダMotoGPは2024年後半戦には復活? 開幕から苦戦も改善に自信示すチームマネージャー

ここから本文です

【MotoGP】ホンダMotoGPは2024年後半戦には復活? 開幕から苦戦も改善に自信示すチームマネージャー

掲載 9
【MotoGP】ホンダMotoGPは2024年後半戦には復活? 開幕から苦戦も改善に自信示すチームマネージャー

 2024年のMotoGPが開幕し、2戦を終えた段階で分かってきたのはホンダが今シーズンも苦しい立場に置かれているということだ。しかし彼らは、後半戦には大きく改善できると期待しているようだ。

 ホンダの苦戦はここ数年続いているもので、2023年末にエースライダーのマルク・マルケスが離脱。2024年はコンセッション(優遇措置)制度を活用しながら、立て直しを図っている最中だ。

■ファビオ・クアルタラロ、ヤマハと契約延長! 2026年までチーム残留へ

 彼らもチームや組織の改革に取り組んでいることから、オフシーズン中には楽観的な見方もあった。しかし、開幕戦と第2戦で陣営のライダー4人が予選Q2に進めず、レースでも上位争いには全く絡めない状況を見る限り、依然としてホンダは苦しい立場であることが浮き彫りとなったと言えそうだ。

 チームマネージャーであるアルベルト・プーチは、ホンダが望むようなポジションに無いことを認めつつ、トップ争いに返り咲くために全力を尽くしていると語る。

「我々は開発のプロセスの只中にあるんだ」とプーチは言う。

「進歩していると我々は考えているが、同時に他のチームもまた前へ進んでいるんだ」

「期待していたほどには追いつけていないのが今のところだが、我々に分かっている唯一のことは、自分たちにはやるべき使命があり、我々の意思も明確だということだ」

「OK、たしかにそれは簡単なことではない。しかし我々はたくさんのリソースを投下していて、このプロジェクトに対して多くのマンパワーを注いでいる」

「ライダー達はたとえパフォーマンスに100%満足していなかったとしても、我々がベストを尽くしていることを理解してくれている。我々が望んでいるような場所にまだないのは、グリッドを見れば分かるだろう。だがこれはプロセスなんだ」

「当然、我々はもっと前に行くためによりプッシュするが、現状はこうなっている。そして我々にできるのは作業を進めることだけだ」

「コーナーエントリーと立ち上がりの両方でリヤグリップを高めようとしているところだ。最近、いくつかステップを踏み出しているが、我々にはもっと必要なんだ」

 プーチはホンダの置かれた状況をそう語った。そして、ホンダはコンセッション制度を活かしてよりテストなども行なえるため、シーズン後半戦にはパフォーマンスを大きく上げていくことができると説明した。

「我々には使命があり、そして目標がある。ホンダのこともよく分かっている」

「我々はそこにたどり着くまで、止まることはない」

「コンセッションと、我々のプログラム全てを考慮すると、おそらく夏までに我々はいくつかステップを踏んでいけるだろう」

「シーズン後半戦、ミサノの後にもテストが予定されているが、大きな前進や明らかな改善がみられることを期待している」

「それが我々の期待していることであり、そう考えるのが合理的なものだ」

関連タグ

こんな記事も読まれています

フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
フェラーリやランボルギーニの元デザイナー、中国の小鵬汽車がデザイン責任者に起用
レスポンス
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
トヨタ 新型「4人乗りアルファード」登場! 斬新「後ろ向きシート」×設定無い「2トーン内装」採用! トヨタの「スゴい技術」搭載した謎の個体とは
くるまのニュース
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
背中やお尻が涼しい! 運転を超快適にしてくれる「ファン付き車シート」が最高だ
月刊自家用車WEB
ホンダ「メトロポリタン」 原付一種スクーターの最新モデルを北米で発表
ホンダ「メトロポリタン」 原付一種スクーターの最新モデルを北米で発表
バイクのニュース
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
メルセデス・ベンツ CL63 AMGの新しい5.5L V8エンジンは想像よりはるかに洗練されていた【10年ひと昔の新車】
Webモーターマガジン
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
【買っておきたい21世紀名車】速さを研ぎ澄まし、安心の一体感を追求したシビック・タイプR(FL5型)の肖像
カー・アンド・ドライバー
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
スズキ「快適軽ワゴン」がスゴい! 6年ぶり全面刷新で“クラス超え”「豪華リアシート」採用! “日本イチ売れてる”「スペーシア」の特徴は?
くるまのニュース
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
赤と白の「ロータリーエンジン搭載スポーツカー」再び実車展示! 市販化の可能性が急上昇!? マツダ「アイコニックSP」の魅力とは
VAGUE
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
ほぼ初体験のサルト・サーキットも「目標は優勝」。強力な体制を得て小泉洋史がル・マンに挑む
AUTOSPORT web
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
フル充電まで1.5時間! 急速充電のポータブル電源『PowerArQ S10 Pro』に新色ブラックが登場
月刊自家用車WEB
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
23年ぶり復活!? ホンダ新型「プレリュード」に絶えぬ反響! 美麗すぎる「スペシャリティクーペ」どんなモデルになるのか
くるまのニュース
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
クルマのバックモニターが義務化されたって知ってた? 非装着車にも後付けが必要?
月刊自家用車WEB
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
ホンダ「新型軽バン」発表! 斬新「“黒すぎ”ボンネット」&めちゃカッコイイ“デカール”設定! 新型N-VAN e:用「純正アクセ」10月発売
くるまのニュース
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
豊田章男会長が「喜一郎じいちゃん」に会いに行く!? クルマ好きは必読の価値あり 『トヨタの子』から読み解くトヨタの真髄
ベストカーWeb
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
ヤマハ「シグナス グリファス」【1分で読める 原付二種紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
初ル・マンで好調維持する宮田莉朋。欧州で身につけた“新たなメンタル”も武器に
AUTOSPORT web
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
青好き必見! ブルーのボディとインテリアが個性的なダイハツ アトレーがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ええ、[ジムニー顔]イグニス販売終了!! スズキの歴史凝縮デザイン&乗ればいいクルマだったのに!! 隠れた名車説を追う
ベストカーWeb

みんなのコメント

9件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村