サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > MT車はもう必要ない? スポーツ走行するなら「DCT」一択な理由とは

ここから本文です

先に結論を言えばトルコンATやCVTは残念ながらサーキット走行は不向きだ

 サーキット走行となると基本的にはマニュアルトランスミッション車(以下、MT車)が向いている。従来のトルコンAT(以下、AT)やCVTなどの2ペダル車は、市街地での扱いやすさには優れるが、サーキット走行などで極限的な速さを求める場合には、不向きなのだと言える。

激安なのに高性能で楽しめるMT車! 若者は「スイフトスポーツ」「アルトワークス」に乗れ!

 しかし、F1やスーパーGTなど、モータースポーツの世界でトップカテゴリーを走るレースマシンは2ペダルが当たり前だ。シフトチェンジ操作はステアリングにあるパドルで行い、ドライバーは発進時以外にはクラッチ操作する必要がない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン