現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ノリス、F1ラスベガスGPで大クラッシュも原因はコース路面のみにあらず「確かに大きなデコボコがあったけど……」

ここから本文です

ノリス、F1ラスベガスGPで大クラッシュも原因はコース路面のみにあらず「確かに大きなデコボコがあったけど……」

掲載 1
ノリス、F1ラスベガスGPで大クラッシュも原因はコース路面のみにあらず「確かに大きなデコボコがあったけど……」

 マクラーレンのランド・ノリスは、ラスベガスGPでの大クラッシュの原因はコースだけではないと語った。

 市街地では初の開催となったラスベガスGP。ノリスは決勝レース3周目のターン11でマシンコントロールを失いクラッシュを喫し、チーム代表のアンドレア・ステラはレース後、コース上のバンプを指摘して来季までに路面を平らにする必要があると示唆した。

■ノリスのクラッシュ原因は路面のバンプ? マクラーレン代表「アレを修正することを強く進める」

 ただクラッシュ後初めてメディアに語ったノリスは、クラッシュは様々な条件に起因するモノであり路面のバンプはそのうちのひとつに過ぎないと指摘した。

 クラッシュの原因について訊かれたノリスは「色々なことが重なっている」と答えて、次のように続けた。

「明らかに、あそこには大きなバンプがあった。そしてタイヤが冷えていて(タイヤ内圧が低く)、車高が通常より低かった」

「多くのマシンにとって、こういう状況を体験するのは初めてのことで、ダウンフォースは通常よりも小さくなる。その他にもいくつかの小さな条件が重なって、このバンプがいつもより大きな影響を与えることになった」

「いつもより悪い角度で乗ってしまったんだと思う。バンプがあるのは分かっていたんだ」

「でもなぜか、あの1周だけその影響が以前よりも大きくなってしまった。ちょっと不運だったね」

 また、ラスベガス市街地サーキットに変更を加えるべきかと尋ねられたノリスはその案を否定した。

「さっきも言った通り、色々なことが重なったんだ」とノリスは言う。

「そういうことがまた起きて、またこういうことになるのは非常に稀だと思う。多分、僕が全く同じようにドライブしても、また同じことが起こるという確証はない」

「もし僕が30cm右や左に寄っていたら、もしかしたら違っていたかもしれない。前のクルマが1台少なかったら違っていただろうし、バッテリー消費をもう少し早くに止めていたら、違っていたかもしれない。色々な状況が考えられるよ」

「コースは問題ないと思う。グリップが高くなっても、これまで走った中で最高のコースとは言えない。路面のせいで、全てのドライバーが望んでいたモノよりも状況がずっと悪くなってしまったんだと思う」

 またノリスはクラッシュ後、地元の病院で検査を受けることとなったものの、気分は問題なかったと振り返った。

「正直、体調が決して悪くはなかった」とノリスは言う。

「ただ、最近の新常識みたいなもので、彼らは沢山の検査をしたがった。でも僕は問題なかったよ」

「衝撃を受けた時、ラジオで聞こえたモノには吐息が影響していたんだ。不意を突かれたから、息を吸ったり吐いたりするタイミングを間違えてしまったよ」

「あっという間の出来事だったし、それでも衝撃はあった。でも僕は問題なかったし、何も苦しくはなかった。ただ、ベガスのレースで早々にリタイアしてしまったことが悔しかった。ただ残念だったけど、僕は大丈夫だよ」

「それ以降、数日間は安静にリラックスするようにと言われてきた。でもマシンから降りたときから僕は問題なかったけど、最初はあまりの不意打ちに何が起こったのか分からなくて少し震えていた。でもそれからは問題なかったよ」

 そしてノリスは、チームメイトのオスカー・ピアストリが発揮したペースを見て、せっかくのチャンスを失ったということに気がついたという。

 決勝レースでピアストリは、18番手スタートながらも3番手まで順位を上げたが、ピットストップ義務消化のためにポジションを下げて10位フィニッシュとなった。

 リタイアによってフラストレーションが溜まったか、と訊かれたノリスは次のように答えた。

「ああ、もちろん。病院からできる限り観ようとしたし、ヘリで帰る時も全てを観ようとしたよ」

「だから残念だ。楽しそうなレースだったね。ターン1はかなりのカオスだった。不注意なドライバーも多かったけど、それ以外は楽しいレースに見えた。オスカーのペースも良かったし、それを逃したのは残念だ」

「でも、クラッシュは時々起こるモノだ。この5年間では、クラッシュを回避するという点で僕はトップクラスだったと思う。僕の強みのひとつは、基本的にトラブルに巻き込まれないことだと思うからね」

「不注意でミスをした訳でもないし、ロックして誰かにぶつかった訳でもない。ただの不運だよ。だから残念だけど、僕としては2021年のスパ以来のクラッシュだったよ」

こんな記事も読まれています

シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
シトロエン C3エアクロス 新型、間もなくデビューへ…ティザー
レスポンス
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
日本GPでは2台が接触する不運も。今季絶不調のアルピーヌF1、ファミン代表がチームを鼓舞
AUTOSPORT web
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
再舗装も行われた上海でのスプリントにドライバーらが反対「マシンがトリッキーになることを考えるといい選択ではない」
AUTOSPORT web
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
見ても食べても楽しすぎる! 新たな「レクサスカフェ」誕生! クルマと道を体感する「LEXUS MEETS...」とは
くるまのニュース
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
ニュルブルクリンクADAC 24h第1レースでトーヨータイヤ「プロクセス」装着車両がワンツーフィニッシュ
レスポンス
【編集部厳選】アバルト「595」用の車高調やスロットルコントロールに注目!「ドロロンステッカー」はストレートになって貼る場所が増えました
【編集部厳選】アバルト「595」用の車高調やスロットルコントロールに注目!「ドロロンステッカー」はストレートになって貼る場所が増えました
Auto Messe Web
予測しづらいマシンの改善に取り組むメルセデスF1、日本GPで確かな手ごたえ「結果に表れてなくても、進歩が見られた」
予測しづらいマシンの改善に取り組むメルセデスF1、日本GPで確かな手ごたえ「結果に表れてなくても、進歩が見られた」
AUTOSPORT web
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
トーヨータイヤが「ジャパントラックショー2024」に「TOYO TIRES」ブースを出展! さまざまなステージコンテンツを展開
乗りものニュース
華やか、かつ緻密。ポルシェ・ペンスキーの最新ファクトリーに特別潜入
華やか、かつ緻密。ポルシェ・ペンスキーの最新ファクトリーに特別潜入
AUTOSPORT web
今季唯一の耐久戦は新型クプラ・レオンVZ TCRのレイス&フォレスティ組が制覇/TCR南米開幕戦
今季唯一の耐久戦は新型クプラ・レオンVZ TCRのレイス&フォレスティ組が制覇/TCR南米開幕戦
AUTOSPORT web
ホンダアクセス、「アウトドアデイジャパン名古屋 2024」にHondaキャンプとして出展
ホンダアクセス、「アウトドアデイジャパン名古屋 2024」にHondaキャンプとして出展
月刊自家用車WEB
ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
ホンダ新型「“スポーティ”セダン」世界初公開! 斬新ハンドル&モニター&鮮烈“レッド内装”採用! ド迫力ボディがカッコイイ「GT C」登場
くるまのニュース
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
ホンダ「N-VAN」 アウトドアスタイルな特別仕様車「スタイル+ ネイチャー」発売
グーネット
マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
マクラーレンの新店舗が横浜みなとみらいにオープン、さらにアルトゥーラ スパイダーを日本初公開 2つの相乗効果にせまる
AUTOCAR JAPAN
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
HRCホンダレーシングが、日の丸カラーの『シビックタイプR』でスーパー耐久2024年シーズンに挑む
レスポンス
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
”フェラーリ経験者”のアラン・プロスト、ハミルトンの跳ね馬移籍を語る「決断は理解できるが、溶け込むのは簡単じゃないよ」
motorsport.com 日本版
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
世界初公開の「小さな高級車」いきなり車名変更! 新車発表から「わずか“6日”」で急転直下の大決定! 何があった!?
くるまのニュース
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
30年前、アイルトン・セナが岡山でベネトンへの“疑い”を強めた日:1994年F1パシフィックGP
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

1件
  • tnw********
    確かに分析できる分には分析するのが当然で、それでと言う訳では無い。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村