サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > アルピーヌのパット・フライ、リカルドの過去2シーズンの働きぶりを賞賛「チームの士気を高めてくれた」

ここから本文です

 2019年からの2シーズンをルノー(現アルピーヌ)で過ごし、2021年からはマクラーレンの一員としてF1を戦うダニエル・リカルド。アルピーヌのシャシー・テクニカルディレクターであるパット・フライは、そんなリカルドの働きぶりを間近で見て、マシンに降りた後もチームに好影響を与えるドライバーであると感じている。

「ダニエルは並外れたドライバーだ」

■ルノー改めアルピーヌF1、ニューマシン『A521』の暫定カラーリングを公開

 フライはそう語る。

「彼は間違いなく速いし、賢明な人間だ。しかし私が思うに、彼がチームの士気を高めていることもまた素晴らしい。

おすすめのニュース

サイトトップへ