サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【懐かしの国産車 04】マツダ トリビュートは走りも作りも真面目な作りが受けたグローバルSUVだった

ここから本文です
今から20年ほど前、新しい世紀に変わる頃。クルマに対する考え方も変わり始めていた。そんな時代のニューモデルのインプレッションを、当時の写真と記事で振り返ってみよう。今回はマツダ トリビュートだ。

マツダ トリビュート(2000年)
2000年11月に発売されたマツダの新型SUV、トリビュートは、当時マツダの親会社であったフォードとの共同開発で誕生したモデルだ。したがって、アメリカ市場ではフォード・エスケイプ、ヨーロッパ市場でもフォード・マーベリックの名で発売される。いずれも右ハンドル車はマツダの防府工場で、左ハンドルはフォードのカンザスシティ工場で生産される。

おすすめのニュース

サイトトップへ