サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「完熟の域に達したR35GT-Rチューニングの現実」市販ラジアルタイヤで鈴鹿2分7秒台をマークする戦闘力!

ここから本文です

速さと扱いやすさを両立した究極系ストリート仕様

1000馬力オーバーを安定発揮させる老舗の技に注目

「TE37SAGAがビッグマイナーチェンジ!」次代を見据えた高剛性化でさらなるポテンシャルアップ【最強ホイール解体新書】

2020年に製作されたばかりというフェニックスパワー2号機の登場だ。本気のサーキットスペックである1号機とは異なり、こちらは市販ハイオク+市販ラジアルタイヤに拘った純然たるストリートスペックだ。




豊富なノウハウを注入して製作されたエンジンは、排気量を4.3L化した上でTD06SH-20RXタービンをセット。最高出力は1049.2㎰&132.3kgmに達しているが、ECUセッティングで唐突感のないフィーリングを徹底追求。

おすすめのニュース

サイトトップへ