サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マックス・フェルスタッペン、新レギュレーション の意義を語る「メルセデスを遅くするためのものじゃない……」

ここから本文です

 2022年から、F1には新たなレギュレーションが導入される予定だ。その中でもテクニカルレギュレーションは、マシンのダウンフォースが大幅に減るような形になっており、より接近戦を演じやすいクルマを登場させることが目指されている。

 現在のF1マシンのボディには細かい空力デバイスが多数取り付けられていて、これが相互的に作用して、ダウンフォースを生むことになっている。ただその一方で、マシンの後方には乱気流が発生し、後ろを走るマシンが近付くことを阻んでいる。

【動画】抜けない現状の好例?? 2020年F1第13戦エミリア・ロマーニャGP決勝ハイライト

 しかし2022年からのレギュレーションでは、マシンのボディ側に装着される空力パーツを制限。

おすすめのニュース

サイトトップへ