サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ゴルフのアプローチ 23】間もなく日本デビューを迎える8代目ゴルフから、そのヒストリーを振り返る【最終回】

ここから本文です

【ゴルフのアプローチ 23】間もなく日本デビューを迎える8代目ゴルフから、そのヒストリーを振り返る【最終回】

1974年にデビュー以来、コンパクトFF車のベンチマークであり続けるフォルクスワーゲン ゴルフ。日本でも間もなく8代目となる新型が発表されるが、その前に初代から現行型までのゴルフを振り返ってみたい。最終回となる今回は、8代目ゴルフのアウトラインと、その歴史を振り返ってみよう。

スマホ化の波はゴルフのインパネにも影響を与えた
8代目ゴルフではハイブリッドが本格的に採用されたのが注目だが、電動化は従来から進められていた。いちばん変わったと感じられるのは、おそらくコクピットの「デジタル化」だろう。ダッシュボードのデザイン自体が大きく変わって、水平基調のデザインになって液晶パネルが横に並び、メータークラスターも液晶パネル化された。歴史あるゴルフにも「スマホ化」の波は押し寄せており、インフォテインメントシステムは進化している。

●【くるま問答】ガソリンの給油口は、なぜクルマによって右だったり左だったりするのか

コネクテッドも進化しており、ヨーロッパでは「CAR2X」という、周辺他車や道路設備と通信して、安全走行に活かすシステムも採用された。先進運転支援システムも当然ながら充実しており、自動運転につながるような進化が今やゴルフにも多く見られる。

スタイリングは、よりいっそう走りの良さを感じさせるものになった。空力性能は先代ゴルフ7の0.3から0.275まで向上している。プロポーションの良さは、オーソドックスなデザインのゴルフにとって生命線ともいえるが、そこもゴルフ7からまた向上したように見える。

太いCピラーの「く」の字など、定番デザインはもちろん継承しているが、今回はショルダーラインがCピラーをはっきり横切るようになった。このショルダーラインはフロントグリルを貫く水平線の延長線で、フォルクスワーゲンはこれを「スライスライン」と呼んでいる。この水平線は車体をほぼ一周しており、それはゴルフ1にもあったものだ。

フロントマスクの印象は大きく変わり、まるでスポーツカーのようにシャープなデザインになった。グリルはかなり薄くなり、従来とは逆に、グリルを貫く水平な「スライスライン」の下側にヘッドランプが配置されており、低さが目立つ。ヘッドランプは全面LED化されて形状も変わったが、多くのクルマがLED化によって奇抜なデザインを採用しがちなのに対し、ゴルフはシンプル化を極めている。

パワーユニットは、エンジンのみのモデルも存続している。ガソリンは1Lの3気筒がついに主要なエンジンに加わったが、このほかに4気筒 1.5Lと、GTIやR用の4気筒 2Lがあり、さらにディーゼルのTDIや、CNGのTGIも設定される。ハイブリッドは、マイルドハイブリッドがeTSIと呼ばれ、これはヨーロッパで普及する48Vシステムを採用する。

さらに進化したスポーツモデルのGTIとR
eTSIのエンジンには1Lと1.5Lがあり、システム出力としては110ps/130ps/150psの3種が揃う。プラグインハイブリッド(PHEV)は2種類ある。ハイパワーモデルのGTEはゴルフ7にもあったが、最高出力が204psから245psへと大幅に向上し、EV走行距離も伸びた。PHEVに初めて加わった通常モデルのeハイブリッドは先代GTEと同じ204psだ。

スポーツモデルのGTIとRは、どちらもここ最近までの進化をまた一歩進めた感じだ。GTIのエンジンは、先代のGTIパフォーマンスの245psユニットをスタンダードモデルが継承した。ゴルフ8のGTIは電動化するかという読みもあったが、そこは引き続きGTEが担っている。ただ、いつでもそれを交代できる体制は整っているわけで(GTEに主役が変わることもあるかもしれないが)、ドイツや世界の電動化の波から考えると、これが最後の純内燃エンジンGTIになったとしてもおかしくはない。

このほかGTDも健在で、「GTI的モデル」は三兄弟体制を敷いている。GTIには早くもGTIクラブスポーツが設定されて、最高出力は300psとなっている。2021年には、GTI45周年を記念する特別モデルのGTIクラブスポーツ45も登場している。

Rの最高出力は先代からプラス10psの320ps。GTIもRも、ニュルブルクリンクを走りこんで開発されたという。RはオプションのRパフォーマンスパッケージを採用すると、ドライブモードに「ニュルブルクリンク モード(スペシャル)」や「ドリフト」という、武闘派ドライバーの鼻息を荒くさせるような名のモードが加わる。

また、日本市場では気づかれにくいのだが、8代目ゴルフには3ドアモデルがなく、5ドアのみになった。これは近年の実用車の世界的な傾向だ。

8代目にまで進化したゴルフだが、電動化や自動運転化でクルマの未来が予想できない中、これからもゴルフが変わらずに存在し続けられるのかは、正直に言って分からない。世界初のハイブリッド量産車として登場したトヨタ プリウスは、実用車でありながらスター的な存在になり、かつベストセラーカーとなったことで、ゴルフに少し近いものがある。ただ、その後ハイブリッド車が珍しくなくなり、EVも増えてきたことから、4代目のプリウスは目立つデザインで特別感を出そうとするなどして、苦戦もしている。

その点ではゴルフは、動力がなんであろうと、その価値は変わらないように思える。ゴルフは初代の登場以来47年間で8代続いて、しかもそのブランド力は今も変わってはいない。過去にはゴルフにもぶれ幅があったが、振り返るとやはり芯が一本とおっている。そんな質実剛健のゴルフが、この激変の時代をどう生きぬいていくのか、楽しみでもある。(文:武田 隆)

※「ゴルフのアプローチ」の連載は今回で終了となります。ご愛読ありがとうございました。

[ アルバム : ゴルフのアプローチ 23(終) はオリジナルサイトでご覧ください ]

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します