サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > トヨタ 空飛ぶクルマ事業に参入へ 電動垂直離着陸機スタートアップに出資

ここから本文です
トヨタ自動車は1月16日、空飛ぶクルマへの参入を検討すると発表した。米国スタートアップで、「空飛ぶタクシー」と呼ばれる電動垂直離着陸機(eVTOL)を手がけるジョディ・アビエーションに3億9400万ドル(約433億円)を出資し、空のモビリティ事業で協業する。

電動で飛行するeVTOLに使われる技術や素材は次世代環境車やコネクテッド技術などとの共通点も多く、トヨタはeVTOLが自動車事業との相乗効果が見込めると判断、新たなモビリティとして注目されている空飛ぶクルマ事業への参入を検討する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン