サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 新型コルベットをベースに1200hpを実現する「ヘネシー」公開! またもや究極を目指す

ここから本文です

新型コルベットをベースに1200hpを実現する「ヘネシー」公開! またもや究極を目指す

HENNESSEY HPE1200 C8 CORVETTE

ヘネシー HPE1200 C8 コルベット

新型コルベットをベースに1200hpを実現する「ヘネシー」公開! またもや究極を目指す

世界記録をもつアメリカンチューナーの新作

アメリカ、テキサス州のヘネシー・パフォーマンス・エンジニアリング社から早くも第8世代へと進化したシボレー・コルベット(C8)のチューニング・プログラムが発表された。ヘネシーといえば、先代のC7でもそのトップ・モデルである「ZR1」をベースに搭載されるLT5型V型8気筒スーパーチャージャーエンジンの最高出力を、850ps、1000ps、1200psの3ステージに引き上げることに成功。各々「HPE850」「HPE1000」「HPE1200」というネーミングのパフォーマンス・パッケージをカスタマーに提供した。さらに自社ブランドのスーパースポーツ「ヴェノム」によって、0→300km/h加速や0→300→0km/hテストで当時の世界記録を樹立するなど、その実力は世界にも広く知られるようになった。

そのヘネシーが今回発表したC8ベースのハイパフィーマンスモデルは、またもや驚異的なスペックを誇るモデルだが、現在の段階ではまだ、数点のオフィシャルフォトが公開されているのみ。そのエクステリアは独自にデザインされたフロントのスプリッターやカナード、ヘネシーのロゴが描かれる大型リヤウイング、それにルーフ後端に設けられた、エンジンルームにフレッシュなエアを高圧で導入するためのエアインテークなど、実に戦闘的な雰囲気でまとめられている。これらのエクステリア・パッケージの素材は軽量なカーボン。前後のホイールもヘネシーのオリジナルアイテムとなる。

次期ZR-1に先駆けてデビュー!

エンジンチューニングの内容も徹底している。ベースとなるLT2型エンジンは、LT1型の次世代パワーユニットとしてシボレーが開発した、スモールブロックのV型8気筒自然吸気の6.2リッター。最高出力は495hpとシボレーからは発表されていたが、もちろんシボレーのコルベットの進化はこれで終わりではなく、この後は再び自然吸気に回帰するとも噂される「Z06」や、究極のコルベットとして知られる「ZR-1」などが追加されることは確実なところだ。ヘネシーのチューニング・プログラムはハイブリッド・システムを採用し、最高出力では1000psに迫るスペックを達成するのではないかとも噂される次期ZR-1を直接的に意識したものになる。

最強版は1200hpを誇る

ヘネシー製のパワーアップ版LT2型エンジンには、鍛造アルミニウムピストンや、同じく鍛造のスチールコネクティングロッドなど、高性能に絶え得るエンジン内部の構成部品が多数採用される。さらに独自のツインターボユニットを装着することで、最高出力を最終的には1200hpにまで高めようというプランも用意する。カスタマーの希望によっては、850hp、1000hpのスペックを選択することも可能で、さらにステンレス製の専用エキゾーストシステムを組み合わせることのみで700hpまでパワーアップを行うパッケージも検討されているという。

エンジン以外にもヘネシーからは、ブレンボ製のブレーキシステムやサスペンションキットなど、今後さまざまなチューニング・アイテムがC8用として発売されていくだろう。

2020年中には日本でもデリバリーが本格的に開始される見込みと発表された新型コルベット。ヨーロッパ製のスーパースポーツにとって、それが非常に大きな脅威になることは間違いないところだ。そして、もちろんその先には、この驚異のブランド、ヘネシーも待っている。

TEXT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します