サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【リコール】フォルクスワーゲン「ゴルフ バリアント」など3車種のリヤランプのホルダーに不具合

ここから本文です

【リコール】フォルクスワーゲン「ゴルフ バリアント」など3車種のリヤランプのホルダーに不具合

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2021年2月18日、「ゴルフ バリアント」、「ゴルフ トゥーラン」、「ゴルフ オールトラック」のリヤランプのホルダーに不具合があるとしてリコールを届け出ました。

この不具合は2018年1月に同様の理由でリコールが行なわれていますが、今回対象車種を拡大したため再度のリコールとなっています。

【リコール】フォルクスワーゲン「アルテオン」などの燃料ポンプに不具合

不具合は市場からの2312件の報告によるもので、リヤコンビネーションランプの各バルブを取り付けるバルブホルダーの材質が不適切なため、バルブホルダーがバルブの熱により変形することがあるというものです。

そのため、接触不良が発生し警告灯が点灯して、最悪の場合、ブレーキランプ、スモールランプが点灯しなくなる恐れがあります。

対策は、該当車両のリヤコンビネーションランプのバルブホルダーを対策品に交換し、ブレーキランプとスモールランプのバルブを新品に交換することになります。

該当車両は、2013年10月~2018年11月の間に輸入された、「ゴルフ バリアント1.4/1.2/2.0」、「ゴルフ トゥーラン1.4/TDI」、「ゴルフ オールトラック1.8」など3車種/6バリエーションで、合計3万6973台です。

フォルクスワーゲン 関連記事
フォルクスワーゲン 公式サイト

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します