サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ポルシェジャパン、SUV「マカン」シリーズ一部改良 エンジン出力向上

ここから本文です
 ポルシェジャパン(ミヒャエル・キルシュ社長、東京都港区)は、SUVの「マカン」シリーズを一部改良して発売した。

 マカンは排気量2・0リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載し、最高出力は195キロワットを発生する。「S」「GTS」に搭載する排気量2・9リットルV型6気筒ツインターボエンジンも性能を向上させ、最高出力はGTSで従来型を44キロワット上回る324キロワットを発生する。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン