サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【ロードスター秘話(2)】初代が成功すると2代目は失敗するというジンクスに果敢に挑戦

ここから本文です

【ロードスター秘話(2)】初代が成功すると2代目は失敗するというジンクスに果敢に挑戦

1989年9月、大成功を収めた初代ロードスターが日本でデビューしてから約9年後の1998年1月、ロードスター は2代目NB型へと進化した。

「初代が大成功すると2代目はたいてい失敗する。なぜなら変えなくてもいいところまで変えてしまうから。だから私は主査に任命された時、あえて『初代は失敗した』と思うことにした。なぜなら、モデルチェンジの目的が『変えること』になってはいけないからだ」

【くるま問答】アイドリングストップ機能はよいことばかりではない。OFFスイッチはいつ使う?

2代目ロードスターの開発責任者・貴島孝雄氏は、そう語った。

この言葉が物語るように、NBロードスターは初代モデルのボディサイズや価格帯を継承しながら、性能を使い切る楽しさを基本コンセプトに掲げている。そして「初代ロードスターの良さ」を徹底的に分析し、「変えなくてもいいもの」を明確化させた。スポーツカーにふさわしい走りを重視し、重量を増やさず、ハイテクは使わない。これらを総合した結果、NAのプラットフォームをベースに開発が進められた。

モアパワーを求む声を跳ね除け、信念を貫く
エンジンはB6型エンジンを積む1.6 LのNB6CとBP型エンジンを積む1.8LのNB8Cを設定し、エントリー指向の1.6Lには5速MTと4速AT、スポーツ指向の1.8 Lには6速MTを組み合わせた。しかし、北米からは、「もっとパワーを!」という声があったのも事実。では、2代目を2 Lにしたら、3代目は2.5 Lになり、3代目は3 Lになるのか……こんなことをすれば、本来作ろうとしていたロードスターではなくなってしまう。そんなことを念頭に開発は進められた。

その結果、エンジン、トランスミッション、サスペンションといった駆動系は変更せず、これらを構成するメカニカルコンポーネントのあらゆる箇所を見直し、目的どおりの「NAの正常進化」を貫き通した。

マツダのスポーツモデル伝統のT型インストルメントパネルを採用
NAロードスターが世界で支持されたことで、日本、アメリカ、フランクフルトでデザイン開発が進められた。その結果、一見してロードスターとわかるフロントのエアインテーク、コンビネーションランプ、ターンシグナルランプなどの形状を引き継いだ、アメリカ案が採用された。そのスタイリングは、NAの特徴だったリトラクタブルヘッドライトを廃止し、ボリューム感を強調するデザインだった。

リトラクタブルヘッドライトの廃止は軽量化にも貢献し、左右で合計約5kg減を実現した。そして、ボディサイズは全長3995mm×全幅1680mm×全高1235mmとNAとほぼ同じだが、全幅は5mmほど拡大している。これによる空力性能低下を懸念して、リトラクタブルヘッドライトを採用しなかった経緯もある。

初代NAロードスター から評価が高かったソフトトップは、ビニール製リアウインドウからガラス製に変更された。これは年数が経つにつれ、ビニールウインドウが白濁すると指摘されたからだ。しかし、ガラス化にすると開発テーマでもある軽量化に反してしまう。カラス化を実現するためにソフトトップのシステムを改良することで、ビニールウインドウと等々の重量を実現することに成功した。

そして社内からは「チルトステアリングを装備しないのか」「シートは電動式に」など、様々な要望が寄せられた。だが、「ロードスターはライトウエイトスポーツカーであるべき」というNAの基本理念を貫き通した。2代目NBロードスターの開発陣は、NAが残した守るべきものをしっかりと見極め、良いところをしっかりと深化させて誕生したのだった。



[ アルバム : NBロードスター はオリジナルサイトでご覧ください ]

マツダ ロードスター(NB型・1.6L) 主要諸元
●全長×全幅×全高:3955×1680×1235mm
●ホイールベース:2265mm
●重量:1000kg
●エンジン型式・種類:B6-ZE・直4 DOHC
●排気量:1597cc
●最高出力:125ps/6500rpm
●最大トルク:14.5kgm/5500rpm
●トランスミッション:5速MT/4速AT
●タイヤサイズ:185/60R14
●価格:177~205.8万円

マツダ ロードスター(NB型・1.8L) 主要諸元
●全長×全幅×全高:3955×1680×1235mm
●ホイールベース:2265mm
●重量:1000kg
●エンジン型式・種類:BP-ZE・直4 DOHC
●排気量:1839cc
●最高出力:145ps/6500rpm
●最大トルク:16.6kgm/5500rpm
●トランスミッション:6速MT/4速AT
●タイヤサイズ:185/60R14
●価格:218.5~244.3万円

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します