現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力

ここから本文です
F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力
写真を全て見る(1枚)

 2024年のインディアナポリス500マイルレース(インディ500)への参戦を表明したばかりの佐藤琢磨が2月19日、ホンダ・レーシング(HRC)のオンライン会見に出席し、『エクゼクティブアドバイザー』に就任したことを発表した。これからはHRCの一員として国内外のレース活動に関わりながら、後進を育てていくことになる。

 HRCの渡辺康治社長と登場した琢磨は、渡辺社長から紹介を受けエグゼクティブアドバイザーの就任の経緯を説明を受けると、今度は自らのホンダ、そしてHRCへの繋がりから説明を始めた。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
Auto Messe Web
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
AUTOSPORT web
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
AUTOSPORT web
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
AutoBild Japan
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
AUTOCAR JAPAN
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
motorsport.com 日本版
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
レスポンス
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
クルマを持つZ世代が急増中! 実はみんな密かに憧れてるのよ 調査で判明した驚きの事実に仰天
ベストカーWeb
実は「現役の」力士って自分じゃ運転できないってほんと? 結構複雑な相撲の世界 でも免許の取得はオッケーとおかしくない?
実は「現役の」力士って自分じゃ運転できないってほんと? 結構複雑な相撲の世界 でも免許の取得はオッケーとおかしくない?
ベストカーWeb
【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由
【BC中古車ウォッチ】世界初の3ローターを積んだ怪物「ユーノスコスモ」 いまや中古車価格は880万円に暴騰! リッター2キロという極悪燃費でも一度は乗ってみたいと思わせる理由
ベストカーWeb
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
「ランボルギーニアリーナ」を祝して「アド・ペルソナム」で作った「レヴエルト」の世界に1台だけの特別な仕様とは?
Auto Messe Web
シリーズはまだまだ続く!フォーミュラEの魅力と見どころをチェック
シリーズはまだまだ続く!フォーミュラEの魅力と見どころをチェック
Webモーターマガジン
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
「50年前のバス」埼玉で乗れる!地域活性化のシンボルに 新緑が美しい飯能エリアで「乗車ツアー」開催
乗りものニュース
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
[Pro Shop インストール・レビュー]マツダ CX-8(岡本翔伍さん)by リクロス 後編
レスポンス
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
乗用車ベースで電制サスに6速ミッション?? GRモデルもビックリ仰天の動力性能よ!! 元祖乗用SUVのカリブを振り返る
ベストカーWeb
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
クルマで「トコジラミ」”繁殖”の可能性アリ? 脅威の「害虫」どう対処すべき? ”打ち倒す“方法とは
くるまのニュース
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
ホンダの電動二輪など4製品がレッドドット・デザイン賞を受賞
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • にら
    どちらかと言えばホンダが二転三転して撤退とか参戦とかしてるからだろう。二期の撤退後には1ドルで売られたブラウンGPがコンストラクターズ優勝してるしレッドブルから撤退しなければ正式なサプライヤーとして歴史に残せた。しかも継続してタイトルも取れてた。
    ヘタレのトヨタは今更ながら関与しようとしてるし…
    バックボーンがいい加減な対応でドライバーは不安だらけだ。こんな曖昧な事されたんじゃいくら世界的に有名なメーカーと言えどもF-1界内ではまるで信用ならない評価しか出来ないだろう。バックがしっかりしてたら琢磨選手も可夢偉選手も優勝した可能性は結構あっただろう。そういう意味で日本人ドライバーは恵まれていないと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村