現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力

ここから本文です
F1で勝つ選手輩出へ。ホンダで戦い続ける佐藤琢磨が伝えたい、“最前線”の争いに求められる突破力
写真を全て見る(1枚)

 2024年のインディアナポリス500マイルレース(インディ500)への参戦を表明したばかりの佐藤琢磨が2月19日、ホンダ・レーシング(HRC)のオンライン会見に出席し、『エクゼクティブアドバイザー』に就任したことを発表した。これからはHRCの一員として国内外のレース活動に関わりながら、後進を育てていくことになる。

 HRCの渡辺康治社長と登場した琢磨は、渡辺社長から紹介を受けエグゼクティブアドバイザーの就任の経緯を説明を受けると、今度は自らのホンダ、そしてHRCへの繋がりから説明を始めた。

記事全文を読む

関連タグ

こんな記事も読まれています

【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
【角田裕毅を海外F1ライターが斬る:第4戦】レッドブル育成プログラムの停滞と首脳陣の見込み違い
AUTOSPORT web
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
スーパーGT初戦で表彰台獲得のStudie BMWクルッテンが喜び「素晴らしいデビューだった!」パートナー荒も絶賛
AUTOSPORT web
アストンマーティンF1と“キャリア最長の契約”を結んだアロンソは引退後もチームに残留か。将来的には「違う役割を担う」
アストンマーティンF1と“キャリア最長の契約”を結んだアロンソは引退後もチームに残留か。将来的には「違う役割を担う」
AUTOSPORT web
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
42歳のアロンソがアストンマーティンF1と複数年契約、2026年にはホンダと再タッグへ「心身ともに準備が整っている」
AUTOSPORT web
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
AUTOSPORT web
アロンソ、アストン残留の決め手のひとつはホンダ「新規定のF1を、ホンダとの新プロジェクトで走りたかった」
アロンソ、アストン残留の決め手のひとつはホンダ「新規定のF1を、ホンダとの新プロジェクトで走りたかった」
AUTOSPORT web
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
初のニュル挑戦に「あえてコースを覚えることはしなかった」小林可夢偉。トヨタのドライバーは都度変更へ
AUTOSPORT web
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
スーパーGTのレースアンバサダーに早くも男性登場。韓国人モデルのジュンさんが第1戦から活躍
AUTOSPORT web
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
ホンダ・レーシングのシビック・タイプR CNF-Rが2024年もS耐に参戦。毎戦ごとに異なるドライバーを起用へ
AUTOSPORT web
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
AUTOSPORT web
フォーミュラE初開催のミサノで連続表彰台を目指すニッサン。ルーキーセッションでカイオ・コレも初走行へ
フォーミュラE初開催のミサノで連続表彰台を目指すニッサン。ルーキーセッションでカイオ・コレも初走行へ
AUTOSPORT web
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
F1参戦に向けて尽力するアンドレッティ。GMとの協力がまとまれば「ノーと言えなくなる」と自信を見せる
AUTOSPORT web
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
日本人WRCドライバー勝田貴元がフランク・ミュラーのアンバサダーに就任。若手育成への思いに共感
AUTOSPORT web
春の鈴鹿での変化。角田とリカルドの比較で見える『流れ』と『居場所』の大切さ【中野信治のF1分析/第4戦日本GP】
春の鈴鹿での変化。角田とリカルドの比較で見える『流れ』と『居場所』の大切さ【中野信治のF1分析/第4戦日本GP】
AUTOSPORT web
あの悔しさがあったから、ホンダは強くなれた……HRC渡辺社長、アロンソの契約延長を歓迎「今度は絶対、共に笑顔になれるように!」
あの悔しさがあったから、ホンダは強くなれた……HRC渡辺社長、アロンソの契約延長を歓迎「今度は絶対、共に笑顔になれるように!」
motorsport.com 日本版
初の母国レースに向け“喜びと責任感でいっぱい”の周冠宇「将来の世代がF1に興味を持つよう道を開く機会」
初の母国レースに向け“喜びと責任感でいっぱい”の周冠宇「将来の世代がF1に興味を持つよう道を開く機会」
AUTOSPORT web
元都民のロッテラーが見たフォーミュラE東京大会。都心部での開催に期待「欲を言えば、六本木(笑)」
元都民のロッテラーが見たフォーミュラE東京大会。都心部での開催に期待「欲を言えば、六本木(笑)」
AUTOSPORT web
榎戸育寛、引退後の全日本ロード、EWCル・マン24時間の代役に「悔しい思いがあった。求めて頂けている以上は走りたい」
榎戸育寛、引退後の全日本ロード、EWCル・マン24時間の代役に「悔しい思いがあった。求めて頂けている以上は走りたい」
AUTOSPORT web

みんなのコメント

1件
  • にら
    どちらかと言えばホンダが二転三転して撤退とか参戦とかしてるからだろう。二期の撤退後には1ドルで売られたブラウンGPがコンストラクターズ優勝してるしレッドブルから撤退しなければ正式なサプライヤーとして歴史に残せた。しかも継続してタイトルも取れてた。
    ヘタレのトヨタは今更ながら関与しようとしてるし…
    バックボーンがいい加減な対応でドライバーは不安だらけだ。こんな曖昧な事されたんじゃいくら世界的に有名なメーカーと言えどもF-1界内ではまるで信用ならない評価しか出来ないだろう。バックがしっかりしてたら琢磨選手も可夢偉選手も優勝した可能性は結構あっただろう。そういう意味で日本人ドライバーは恵まれていないと思う。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村