現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ技術者に愛されてきた「トラサン」とは? トライアンフ「TR3」を毎日使えるようF1開発者が施した改良点に注目【旧車ソムリエ】

ここから本文です

ホンダ技術者に愛されてきた「トラサン」とは? トライアンフ「TR3」を毎日使えるようF1開発者が施した改良点に注目【旧車ソムリエ】

掲載 6
ホンダ技術者に愛されてきた「トラサン」とは? トライアンフ「TR3」を毎日使えるようF1開発者が施した改良点に注目【旧車ソムリエ】

1957年式 トライアンフ TR3

「クラシックカーって実際に運転してみると、どうなの……?」という疑問にお答えするべくスタートした、クラシック/ヤングタイマーのクルマを対象とするテストドライブ企画「旧車ソムリエ」。今回セレクトしたクルマは、かつてブリティッシュ・ライトウェイトスポーツカー代表選手の座をMGと争ったトライアンフ。わが国の英国車愛好家の間では「トラサン」なる愛称で呼ばれている「TR3」を、秋の軽井沢にて存分に走らせてみた。

ランボルギーニ「カウンタック」が破格の1125万円! 中身は399ccのエンジンを搭載した「キッズカー」でした

50年代ブリティッシュ・ライトウェイト「西の横綱」

トライアンフTR3は、MGと並ぶブリティッシュ・ライトウェイトスポーツの雄として世界的な人気を誇る「TR(トライアンフ・ロードスター)」の第2世代にあたる。また、ヴィンテージ期に端を発するイギリス製スポーツカーの伝統たる、上部を深くカットアウトした左右ドアを持つモデル、英国式にいうところの「サイドスクリーンTR」第2世代でもある。

サイドスクリーンTRは、2シーターのオープンスポーツを渇望する当時の北米市場のリクエストに応えたモデルだった。まずは1950年に社内のスタイリスト、ウォルター・ベルグローヴのデザインによる未来的ボディを持つコンセプトカー「TRX」が試作されたものの、このプロジェクトはあまりに重くてスポーツ性に欠けるとの判断によりキャンセル。その2年後となる1952年には、より現実的なプロトタイプ「TR」が発表された。

現在ではさかのぼって「TR1」と呼ばれるこの試作車は、当時の写真を見ると前半部はのちのTR2とほぼ同一のスタイリング。ただしリアエンドは露出したスペアタイアを取り込むような、古典的なラウンドテール型とされていた。

ところが、一説によると「ジャガーXK120に似ている」という手厳しい評価を受けたことから、ベルグローヴはテールを延長するとともに、ラゲッジスペースも稼げる角ばった意匠へと再デザイン。それが1953年に「トライアンフTR2」として正式発売されるに至った。

こうしてトライアンフ・ロードスター初の市販車として登場したTR2は、最大の仕向け地であるアメリカおよび母国のイギリスでも一定の人気を得た。ところが、クーリング不足が指摘されたラジエーターグリル(日本では「おちょぼ口」と愛称される)の改善をはじめ、パワーアップなども求める市場のリクエストに応えるかたちで、発売2年後にあたる1955年、マイナーチェンジを施した後継車「TR3」がデビューすることになる。

ここに至るいずれのトライアンフ・ロードスターも、搭載されるエンジンは当時トライアンフの親会社だったスタンダード社の中型サルーン「ヴァンガード」用から発展した水冷直列4気筒OHV 1991cc。TR3では前任モデルTR2から4psアップの95psとされた。

そして、この時代のライトウェイトスポーツカーとしては若干重め、900kgを大きく超えるウェイトを持ちながらも、0-400m加速は18秒前後と、当時の2L級スポーツとしてはなかなかの快速ぶりを示した。

いっぽう、剛性の低いラダー式フレームに固く締め上げられた前:独立/後:固定式サスペンションの組み合わせは、旧き佳き英国製スポーツカーの典型的なもの。旧式なステアリングギヤボックスも相まって、その乗り味はあくまでワイルドなものと評された。

それはラジエーターグリルをさらに拡幅し、2138ccエンジンも選択可能となった改良版「TR3A」となっても変わることはなかったのだが、それでもTR3/3Aを合わせて7万5000台近くが生産される大ヒット作となったのである。

ホンダのレジェンドたちが愛したTR3は、人の心を癒やしてくれる

今回ご紹介する1957年式トライアンフTR3は、かつて本田技研にデザイナーとして在籍し、今やバイクファンの間では伝説と化している「CB400F」や「CBX400F」、スクーターの人気を復活させた「タクト」、さらには現代のビッグスクーターの元祖ともいえる「フュージョン」などをデザインされた故・佐藤充弥さんが、晩年に愛用していた個体とのこと。

しかも佐藤さんの前のオーナーは、第1期ホンダF1をエンジン開発者として主導したのち、1980~90年代の第2期には社長としてF1参戦を支えた川本信彦さんだったという。つまり、往年のホンダのレジェンド的エンジニアたちに愛用された、この上なく由緒正しいTR3なのだ。

現オーナーの才門勇介さんは、佐藤さんが2015年に逝去されたのち、ご遺族および佐藤さんがTR3とともに過ごした長野県某所のクルマ仲間たちからも引き受けを要請されていたという。しかし、この個体が紡いできた歴史を受け継ぐ重圧から悩みぬいたのち、ようやく3年後に入手を決意するに至ったとのことである。

才門さんとは長年の友人である筆者も、じつは彼がTR3を引き受けることについて「背中を押した」ひとり。それゆえ、この個体のステアリングを握る機会はこれまで幾度となくあったのだが、そのたびに乗りやすさに感心させられてしまう。

でも、この乗りやすさには理由がある。「毎日アシとして乗りたい」という前オーナーの佐藤さんの意向で、トランスミッションは1速がノンシンクロのスタンダード製4速MTから20世紀末の英フォード社製、ケータハムなどにも使用されてきた5速フルシンクロMTに換装してあり、オリジナルよりも格段にスムーズで、しかも確実なシフトフィールを体感させてくれる。

また、やたらと操舵が重いうえに正確性にも劣るウォーム&ローラー式のステアリングギヤボックスも、より近代的なラック&ピニオン式に換えられていることからハンドル操作はとてもラクで、コーナーでも狙ったラインに前輪をつけることができる。

とはいえ、持ち前のワイルドな乗り味をもたらしているシャシーは不変ということで、乗り心地はかなりハード。緩いシャシー/ボディは、不整地ではギシギシと音を立てるほか、1950年代においても旧式になりつつあったリーフリジッドのリアサスペンションは、荒れた路面でカーブを回りながらスロットルを開けてしまうと容赦なく横に飛んでしまうことから、筆者ごときのドライビングスキルでは思いっきりスロットルを踏み込むことに躊躇してしまう。

でも、今どきのスポーツカーであれば弱点として指摘されるべきこれらの古臭い特質が、なぜか「トラサン」では楽しくて仕方がない。

2基のSUキャブレターを組み合わせたロングストローク型の4気筒OHVは、当然ながら高回転までスカーンと気持ちよく回るタイプではない。また、パワー感もほどほどのレベルに留まるが、その代わりに低中速域から豊かなトルクを発生し、アップダウン強めのワインディングロードでも力強い走りを見せてくれる。

くわえて「ヴォロロロロッ」という、ちょっと劇画チックな4気筒サウンドや、スロットル操作を素直に反映するレスポンス。そして「コクコク」と決まるシフトフィールに至るすべてが心地よい。だからサイドスクリーンを外し、左肘をドア上縁に乗せて、秋の風を全身で浴びながらのドライブは、ある意味ヒーリング的な行為ともいえるのだ。

武骨で古臭いと思っていたキャラクターが、じつは乗り手の心を癒してくれるもの。正統派・優等生のMGに対して、ちょっとアウトローなキャラもあるといわれてきたトライアンフながら、この時代の英国製スポーツカー特有の温かみは、間違いなく共有していることが実感できたのである。

■「旧車ソムリエ」連載記事一覧はこちら

こんな記事も読まれています

日産「2ドア ハコスカGT-R」実車展示! いま「いくら」で買える? オリジナル状態保つ「極上個体」とは
日産「2ドア ハコスカGT-R」実車展示! いま「いくら」で買える? オリジナル状態保つ「極上個体」とは
くるまのニュース
火花散るトップ争い。ヌービルがギヤアップで首位先行、僅差でトヨタが2-3/WRCクロアチア
火花散るトップ争い。ヌービルがギヤアップで首位先行、僅差でトヨタが2-3/WRCクロアチア
AUTOSPORT web
物流危機の本質! トラックドライバー自体は増えているのに、人手不足がさらに“深刻化”するワケ なぜ相反するのか?
物流危機の本質! トラックドライバー自体は増えているのに、人手不足がさらに“深刻化”するワケ なぜ相反するのか?
Merkmal
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
スズキ「ジクサー250」【1分で読める 国内メーカーのバイク紹介 2024年現行モデル】
webオートバイ
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
【速報】なんとモリゾウさんがスーパー耐久”理事長”に 「ニッポンの耐久」は世界に進出で大幅進化を遂げる
ベストカーWeb
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
エルグランドの先祖ラルゴにウミボウズ!? どれも絶妙なカワイさがよかったのよ!! 割とよく見かけたセレナキタキツネなんで消えた!?
ベストカーWeb
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
アウトドアの相棒はシンプル重視という人にオススメな一台! スズキ エブリイがベースの軽キャンパー
月刊自家用車WEB
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
サインツの予選走行に対するアストンマーティンの抗議をスチュワードが却下。過去の慣例が根拠/F1中国GP
AUTOSPORT web
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ミライースターボ市販化情報掴んだ!! 5速MTで200万円目指すってマジか!? しかもブレーキ6ポッドよ!!!
ベストカーWeb
フェラーリ499Pが地元でトップ3独占! トヨタ2台はスピン・コースアウトも、6&8番手【WECイモラ予選】
フェラーリ499Pが地元でトップ3独占! トヨタ2台はスピン・コースアウトも、6&8番手【WECイモラ予選】
AUTOSPORT web
1時間でTSRホンダが2回の転倒、YARTヤマハとヨシムラSERTが引っ張る展開に/2024EWC第1戦ル・マン24時間
1時間でTSRホンダが2回の転倒、YARTヤマハとヨシムラSERTが引っ張る展開に/2024EWC第1戦ル・マン24時間
AUTOSPORT web
レッドブル&HRC密着:鬼門のひとつである上海で最前列を独占。セットアップ変更が功を奏したフェルスタッペン
レッドブル&HRC密着:鬼門のひとつである上海で最前列を独占。セットアップ変更が功を奏したフェルスタッペン
AUTOSPORT web
レッドブル100回目のポールをフェルスタッペンが獲得「今日は狙っていた。ワンツーで記録を飾り最高の日に」F1中国GP
レッドブル100回目のポールをフェルスタッペンが獲得「今日は狙っていた。ワンツーで記録を飾り最高の日に」F1中国GP
AUTOSPORT web
14代目クラウンはベンツ BMWを蹴散らしたのか? 走りの進化は歴代最高! 注目のハイブリッド試乗プレイバック
14代目クラウンはベンツ BMWを蹴散らしたのか? 走りの進化は歴代最高! 注目のハイブリッド試乗プレイバック
ベストカーWeb
ST-Z暫定トップの26号車raffinee Zがまさかの降格。柳田監督は「チームの責任」と悔やむも新型の速さを実感
ST-Z暫定トップの26号車raffinee Zがまさかの降格。柳田監督は「チームの責任」と悔やむも新型の速さを実感
AUTOSPORT web
スーパー耐久がSUGOで開幕。土曜のグループ2はST-Zの埼玉GBスープラがペナルティで逆転勝利
スーパー耐久がSUGOで開幕。土曜のグループ2はST-Zの埼玉GBスープラがペナルティで逆転勝利
AUTOSPORT web
若者どころかバブル世代も知らない? 不便でも愛せたカセットテープ「8トラック」って?
若者どころかバブル世代も知らない? 不便でも愛せたカセットテープ「8トラック」って?
ベストカーWeb
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
「オレ・タチ、カルタス」ってなんだ…… 80年代のホットハッチ「カルタス1300GT-i」は現代のスイフトスポーツより速かったのか?
ベストカーWeb

みんなのコメント

6件
  • sho********
    タイトルに何の関連もない
    ただの釣り記事
    こう言うの載せないでほしいですね
  • マキトシ
    お~れ~がいたん~じゃ、お嫁にゃ行けぬ♪
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村