現在位置: carview! > ニュース > イベント > ローレルの元祖は今も健在!…ローレルC30を語る会

ここから本文です

ローレルの元祖は今も健在!…ローレルC30を語る会

掲載 7
ローレルの元祖は今も健在!…ローレルC30を語る会

東京都武蔵村山市にある日産東京販売新車のひろば村山店で4月6日、「ローレルC30を語る会」が開かれ、初代のセダンとハードトップ計4台が集まった。

初代C30型の日産『ローレル』のオーナーズクラブが、当時の生産拠点だった日産村山工場跡地にある日産販売店の一部を借りて行っているイベント。この日はちょうどローレルが誕生した4月6日(1968年発売)の開催となった。

アウディ『50』の登場から50年---最初で最後の小型車

初代が造られたのは1968年から1972年。車齢が優に半世紀を超えてもなお元気に参加したのは、セダンとハードトップ各2台ずつの計4台であった。

鮮やかなボディカラーでひと際目立っていたのはセダン1800GL(1970年)。叔父のところにあったローレルの走りの良さに感銘し、いつかは自分もと思ったのが18歳の免許取り立ての時だったというオーナー。それから月日は流れ2013年にボロボロ状態だったものをネットオークションで購入し、2年を費やして路上復帰させた。そして昨年、純生色に近い『ノート』や『エクストレイル』のオリーブグリーンで全塗装し、ハッとさせられるような目立つ車体となった。ワンオフのタコ足~マフラーや15にインチアップしたATSのホイールなどもおごり、「吸いつくような足回りと良く回るG型エンジンです」と満足そうだった。

「足立5」のシングルナンバーを付けていたのは、初期型セダンの1800デラックスB(1968年)。こちらも子供の頃に見かけて以来気になっていたというオーナーだが、どうやら当時の個体そのものらしい。昔から足立区住まい。環七で走っているのを見た記憶があるそうで、「かっこいいな~と思ってました」。それが今から3年前、何気なくネットサーフィンをしていたらこのクルマを発見し、「ビビッと来て」購入したという。旧車興味もなかったというオーナーだが、ローレルが来て以来クルマのことを猛勉強し、こうして”濃い”仲間も増えた。ヘッドレストやシートベルト無し(後に2点式を後付け)、中央から開くように作動する”けんかワイパー”、エンジンルームにある作業ランプなどが往時をしのばせる。筆者が知らなかったのはトランク内側にある水銀スイッチ。少量の水銀が封入された容器が傾くことで重力によって水銀が移動して通電、トランク内のランプが点灯するというものであった。

長野県から走って来たのは、ハードトップ2000GX(1970年)。こちらは中学生の時「シーケンシャル(流れる)ウインカーに憧れた」というオーナー。20歳で中古を一度手に入れたが、紆余曲折でぶどう棚の下で雨ざらし状態に。2018年にネットオークションでまた見つけたのが今の個体。「エンジンのレスポンスが気持ち良い」と、他オーナーと口をそろえた。

同じく2000GXのオーナーはクラブの事務局担当者。販売期間が短いハードトップでしかも未再生車というのは、かなりレアな個体である。「世間的には510『ブルーバード』や『スカイライン』がメジャーで、C30は知らないという人がいっぱいいましたが、このイベントを通して世の中に知っていただけるようになってきたのが良かったです」と話していた。

この日は関連クラブの全日本ダットサン会からブルーバードクーペ1600SS(1970年)と同セダン1600SS(1970年)、『フェアレディZ』Z-L(1973年)も参加。ディーラーに訪れた人や通りすがりの人なども思わぬ名車たちに足を止め、写真を撮るなどして楽しんでいた。

こんな記事も読まれています

木村武史駆るレクサスがル・マンで快走みせるもトラブルが相次ぎ10位に「満身創痍でした」
木村武史駆るレクサスがル・マンで快走みせるもトラブルが相次ぎ10位に「満身創痍でした」
AUTOSPORT web
1300万円超えのマツダ「ロードスター」がスゴい! 2.0Lエンジン搭載ד匠”手作りの「旧車デザイン」採用! 日本でも買える斬新モデル「グランドアルバイシン」とは
1300万円超えのマツダ「ロードスター」がスゴい! 2.0Lエンジン搭載ד匠”手作りの「旧車デザイン」採用! 日本でも買える斬新モデル「グランドアルバイシン」とは
くるまのニュース
MINIならではのドライビング・プレジャーが楽しめる! 新型「MINIカントリーマンD」
MINIならではのドライビング・プレジャーが楽しめる! 新型「MINIカントリーマンD」
LE VOLANT CARSMEET WEB
アルピーヌ A110【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
アルピーヌ A110【1分で読めるスーパーカー解説/2024年最新版】
Webモーターマガジン
パイオニアが「OTOTEN2024」に最新音響技術を出展へ
パイオニアが「OTOTEN2024」に最新音響技術を出展へ
レスポンス
Sun Emperor の折り畳み可能な 3WAY 電動バイク「SE-03」が数量限定で20%オフ!
Sun Emperor の折り畳み可能な 3WAY 電動バイク「SE-03」が数量限定で20%オフ!
バイクブロス
「子連れはタクシー乗り放題に」元アイドルのつぶやき炎上に見る、子育て世帯の悲痛な声! 現役ドライバーも思わずイライラ、もはや支援強化待ったなしか?
「子連れはタクシー乗り放題に」元アイドルのつぶやき炎上に見る、子育て世帯の悲痛な声! 現役ドライバーも思わずイライラ、もはや支援強化待ったなしか?
Merkmal
ガソスタで「給油“NG”」なぜ!? 「携行缶」もダメなケースも? 給油に必要な「手続き」とは
ガソスタで「給油“NG”」なぜ!? 「携行缶」もダメなケースも? 給油に必要な「手続き」とは
くるまのニュース
高精細・広視野角HDパネルを初搭載! 映像性能を中心に使いやすさを強化したケンウッドの“彩速ナビ” 2024年モデルの新「TYPE S」シリーズとは
高精細・広視野角HDパネルを初搭載! 映像性能を中心に使いやすさを強化したケンウッドの“彩速ナビ” 2024年モデルの新「TYPE S」シリーズとは
VAGUE
店名そのまま!! 豊田市『トヨタアジフライ』で看板メニューの定食を味わう
店名そのまま!! 豊田市『トヨタアジフライ』で看板メニューの定食を味わう
バイクのニュース
ヤマハ『MT-09 SP』新型発表、ブレンボ製キャリパーにスマートキーも 24年モデルは走りと質感アップ
ヤマハ『MT-09 SP』新型発表、ブレンボ製キャリパーにスマートキーも 24年モデルは走りと質感アップ
レスポンス
最高速を欠いたポルシェ。表彰台を逃す結果に「BoPのせいじゃない」とLMDh責任者/ル・マン24時間
最高速を欠いたポルシェ。表彰台を逃す結果に「BoPのせいじゃない」とLMDh責任者/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第9戦】勝利がふさわしかったノリス。角田裕毅はスピンするまでは強力だった
【全ドライバー独自採点&ベスト5/F1第9戦】勝利がふさわしかったノリス。角田裕毅はスピンするまでは強力だった
AUTOSPORT web
オーナーは自慢してヨシ!!! 今見ても個性際立つ国産ともフツーの輸入車ともひと味違うエキゾチックカーたち
オーナーは自慢してヨシ!!! 今見ても個性際立つ国産ともフツーの輸入車ともひと味違うエキゾチックカーたち
ベストカーWeb
飲み会のあとに女性にタクシー代を渡すのは時代遅れ!? 悩ましい「御車代」問題の今と昔。バブル時代にはアッシー君を使う「頂き女子」も
飲み会のあとに女性にタクシー代を渡すのは時代遅れ!? 悩ましい「御車代」問題の今と昔。バブル時代にはアッシー君を使う「頂き女子」も
Auto Messe Web
軽やハイエースのパトカーが速度超過車両を追跡……はない? 黒白のパトカーの種類と役割とは
軽やハイエースのパトカーが速度超過車両を追跡……はない? 黒白のパトカーの種類と役割とは
WEB CARTOP
【トライアンフ】ファッションブランド「ホワイトマウンテニアリング」とコラボしたカスタムバイクを TOKYO OUTDOOR SHOW2024 にて公開!
【トライアンフ】ファッションブランド「ホワイトマウンテニアリング」とコラボしたカスタムバイクを TOKYO OUTDOOR SHOW2024 にて公開!
バイクブロス
レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
レクサス『GX』新型、移動キッチンカーに…リアは観音開きに変更
レスポンス

みんなのコメント

7件
  • kmq********
    足立5のシングルナンバーだけでも、500万円以上の価値があるだろう
  • mk2********
    いやあ、改めてバランスのいい美しいデザインだと思う。
    当時、小学生ながらブルーバードやスカイラインとはまた違った高級感のようなものを感じていた。
    国も重課などせず、文化財として動体保存を支援してほしい。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.0340.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0460.0万円

中古車を検索
ローレルの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

218.0340.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

35.0460.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村