現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 冬に嬉しい「シートヒーター」 使うと燃費は“悪化”する? ガソリンと出費を抑える「賢い暖房の使い方」とは

ここから本文です

冬に嬉しい「シートヒーター」 使うと燃費は“悪化”する? ガソリンと出費を抑える「賢い暖房の使い方」とは

掲載 16
冬に嬉しい「シートヒーター」 使うと燃費は“悪化”する? ガソリンと出費を抑える「賢い暖房の使い方」とは

■「シートヒーター」は燃費にどう影響する?

 スイッチを入れると即座にクルマの座席を暖めてくれる「シートヒーター」は、寒い冬季にとても役立つ機能です。
 
 そんな便利なシートヒーターですが、使用すると燃費には一体どんな影響があるのでしょうか。
 
 通常の暖房機能である「エアコン」と同じようにガソリンを多めに消費したり、電気自動車(EV)ならば走行可能距離が減ったりするのでしょうか。

【画像】「えっ…!」これが燃費を少しでも良くする「裏技」です(12枚)

 先述したように、シートヒーターの魅力のひとつが「スイッチを入れてから暖かくなるまでの時間が短い」という点で、エアコンが効き始めるまではヒートシーターで寒さをしのぐという人も多いでしょう。

 この反応の早さは、シート内部に埋め込まれている“電熱線”を発熱させることで直接座席を暖かくするという構造に由来するものですが、その発熱にはバッテリーに蓄えられている電気を使用します。

 シートヒーターの消費する電力がどれほどのものなのか、そしてEVの場合の影響についてもディーラーの販売員に聞いたところ、以下のような回答がありました。

「ヒーターシーターは使用電力が少ない機能なので、燃費に対する影響はさほど無いと言えるでしょう。

 また、走行そのものに電気を使用するEVの場合も同様で、極端に走行可能距離が短くなることはありません。

 具体的な数値はシートヒーターを使う頻度に左右されるため挙げるのは難しいところですが、もし常にシートヒーターをONにし続けたとして、全く使わない時期と比較すれば1割弱ほど走行可能距離が短くなるレベルと考えていれば大丈夫です。

 そもそも、実は冬場に燃費が悪化する原因はエアコンの使用によるものばかりではありません。気温が低いためエンジンを温めるのに余計なガソリン使う必要があったり、発電に余計にパワーが必要になるなど、暖房とは別の理由が多く挙げられます(ディーラーの販売員)」

 つまり、冬は気温が低くなりエンジンやバッテリーの温度も低くなるので、この状態からクルマを作動させるには、それだけ大きなパワーが必要となり、他の季節よりもガソリンや電気を使うことになるのです。

 また、車内が温かくなるまで待つためアイドリング状態が長くなるのも、冬に燃費が悪化するポイントで、“通常時と比べると2~3割ほど燃費は悪くなる”と先述の販売員は言います。

 しかしこれを聞いて、「空調機能の暖房はエンジンの排熱を利用するから燃費は悪化しないのでは?」と思った人もいるかもしれません。

 たしかに、一般的なカーエアコンはエンジンの熱を暖房に利用します。しかしコンプレッサーを作動させないと「除湿機能」が働かないので、窓が曇りやすくなります。

 その曇りを防ぐために、冬でもACスイッチ(コンプレッサーを作動させるスイッチ)を入れるタイミングは意外と多いので、実は冬の暖房でも思った以上にガソリンを使っているのです。

※ ※ ※

 先述の販売員に「冬場の燃費の低下をできるだけ抑える方法」についても聞きました。

「走り始めは燃費への影響が少ないシートヒーターを使い、エンジンが暖まった頃にエアコンに切り替えると、快適さを保ちつつ燃費効率も良くなります。

 また、ACスイッチを入れっぱなしにせず、窓が曇ってきたと感じたタイミングでスイッチを入れ、曇りが解消したら再びOFFにするようにすれば、安全を確保しながら可能な限りガソリンの使用量を抑えることができるでしょう(ディーラーの販売員)」

 気温が寒くかつガソリン価格が高い昨今、できるだけ燃費を抑えるためにも、このようにシートヒーターをうまく活用してはいかがでしょうか。

関連タグ

こんな記事も読まれています

VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
VWも改めてエンジン車販売に注力、「今後10年はエンジン車も必要」 一方で次期型「ゴルフ9」はEV専用モデルに
日刊自動車新聞
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
タクシー業界が支配する日本版ライドシェア! 利用者のメリットよりも「業界を守る意識」が見え隠れするその中身とは
WEB CARTOP
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
「SUVの駐車料金3倍、賛成? 反対?」結果はパリとは正反対に【クルマら部 車論調査】
レスポンス
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
アストンマーティン、今季もトップグループに復帰できたとチーム代表自信「メルセデスより前にいられたのは励みになる」
motorsport.com 日本版
地球上で最も壮観な道路!?  「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
地球上で最も壮観な道路!? 「ポルシェ911 カレラT」でニュージーランドを再発見する旅へ
LE VOLANT CARSMEET WEB
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
2輪大好きハミルトン、F1とMotoGPの“2&4”イベント案を歓迎「もしかしたら両方のレースに出場できるかも!」
motorsport.com 日本版
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
23号車NISMO ZのスーパーGT開幕戦は日産最上位5位。千代勝正もマシンの戦闘力を実感……宿題は予選か
motorsport.com 日本版
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
ホンダ新型「WR-V」の販売が絶好調! 209万円からの“コスパ最強”コンパクトSUVの魅力とは
VAGUE
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
ヤマハ「NMAX155」はデザイン・走行性能・利便性 どれをとってもストレスフリーなオールマイティーモデル!レーシングライダー石塚健の市販車インプレッション
バイクのニュース
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
佐藤琢磨がインディ500テストに参加も、雨天中止で消化不良に「チェックだけで終わってしまった」
AUTOSPORT web
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
2024年最新おもちゃトレンドは?---もうクリスマス
レスポンス
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
いよいよ揃うランクル軍団! フィナーレを飾るはランクル250……SUV市場を牛耳る王者が世界を取る!
ベストカーWeb
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
ボルボは「安全から環境」へ! 新型BEV「EX30」はゴミからできている!?【Key’s note】
Auto Messe Web
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
お手軽サイドバッグの「NB-92」に新色!カモとマリンカモ!【DEGNER】から  
モーサイ
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
日産が「シルビア」実車公開! “後輪駆動”の超レトロ「小型FRスポーツカー」! 人気の絶えない「斬新モデル」いま展示した理由とは
くるまのニュース
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
マクラーレン横浜のオープンを記念して、アルトゥーラ スパイダーが早くも日本初公開!
Webモーターマガジン
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
2026年F1は、モナコのヘアピンでもエンジン全開に! 天才デザイナー、ニューウェイ懸念「それに慣れるのは時間がかかるだろうね」
motorsport.com 日本版
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
クルマを超えて、クルマを愉しむ Classicmeets Modern and Future「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」開催される
AutoBild Japan

みんなのコメント

16件
  • エガちゃんねらー
    こんなの要るのかよ、と思ってたけど
    いざ使うと、あったかいんだから
  • vep********
    燃費が悪くなると言われても、シートヒーターとハンドルヒーターを使わない選択はないわ。
    まぁ、寒い時に燃費が下がるのはシートヒーターよりも、HV車の方が顕著に出るだけどな。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村