サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「遅く走る」=「安全」じゃない! レーシングドライバーがサーキットより一般道走行を難しいと語るワケ

ここから本文です

 速度が低すぎれば慣れで緊張感が薄れてしまう可能性もある

「スピードの出し過ぎに注意しましょう!」とは昔からよく耳にする交通標語だ。この場合のスピードとは「制限速度」を意味していて、速度超過で走れば違反で検挙される対象になりますよ、という注意喚起の意味もある。

「最高速度」「制限速度」「指定速度」「法定速度」……違いは?

 この標語が広まってから、とにかく速度が速いのは悪で、ゆっくり走ってさえいれば安全というようなイメージが一般的に確立されていった。

おすすめのニュース

サイトトップへ