サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ラリーはOKでもレースは激ムズ! 日本初の市街地レースから見えた「高すぎる」ハードルとは

ここから本文です

 市街地を封鎖することが高いハードルとなっている

 2020年9月20日、島根県江津市を舞台に日本初の市街地レース「A1市街地グランプリGOTSU2020」が開催されたことをご存じだろうか?

【噂の真相】F1は天井に張り付いて走れるって本当?

 同レースを企画したのはコンサルティング会社を母体とするA1市街地レースクラブで、江津市の“町おこし”の一環としてレースを開催。舞台は江津駅前の駅前に設置された全長778mの特設コースで、アンバサダーを務める関口雄飛など主催者が招待した12名のドライバーによってレースが争われた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン