現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 岩佐歩夢、初のスーパーフォーミュラテストで3日間総合4番手タイムを記録「F1に向け、すごく良いステップアップになると思う」と改めて実感

ここから本文です

岩佐歩夢、初のスーパーフォーミュラテストで3日間総合4番手タイムを記録「F1に向け、すごく良いステップアップになると思う」と改めて実感

掲載 2
岩佐歩夢、初のスーパーフォーミュラテストで3日間総合4番手タイムを記録「F1に向け、すごく良いステップアップになると思う」と改めて実感

 スーパーフォーミュラの合同テスト兼ルーキードライバーテストが全セッション終了。2024年からスーパーフォーミュラに活躍の場を移すことになった岩佐歩夢(TEAM MUGEN)は、「得たモノと見えてきたモノがすごく大きい」と今回のテストを振り返った。

 2023年はFIA F2でランキング4位となり、スーパーライセンス発給条件を満たすこととなった岩佐。シーズン終了後にはアブダビで行なわれたF1ポストシーズンテストで初めてF1マシン(アルファタウリAT04)を走らせ、その後は日本に帰国し、来季からフル参戦することになったスーパーフォーミュラのテストに参加した。

【インタビュー:岩佐歩夢】スーパーフォーミュラは「想像していた以上に、ポジティブなF1への路線だと感じた」

 岩佐はこの3日間で、2日目午後にはクラッシュもあったものの、合計170周を走行。最終日午前に叩き出したベストタイム1分36秒387は、3日間総合4番手となる堂々たるものだった。

 岩佐は3日間の走行を終え、非常にポジティブなテストになったと振り返った。

「正直、得たモノと見えてきたモノはすごく大きいので、そのあたりがポジティブだと思います」

 そう岩佐は語った。

「特にクルマの面でポジティブなことが大きかったです。というのも、今回から新しいダンパーでのテストが始まっていますが、これはチームにとっても新しいことです。新入りの僕が、そのテストの役に立てるのかなという心配はあったんですが、想像以上にデータも取れました」

「僕としても、エンジニアとコミュニケーションを取っていく中で、こういう方向が良いんじゃないかという方向性が見えてきました。そのあたりも、かなり心強いです」

 岩佐にとっては、今回のテストがスーパーフォーミュラのSF23を初めて本格的に走らせる機会となった。しかし、想像していたイメージ通りだったと明かす。

「自分がイメージしていたのと近い部分はあったので、そこに関してはあんまり手こずることはありませんでした。でも、テストを進めていく中でさらにやってみたいことや、チームとやらなければいけないことは増えています。でも、それについては、次のテストに向けてポジティブだと思います」

「(スーパーフォーミュラのイメージを掴めたのは)シミュレータをやったのも大きかったですが、F2に参戦している時から、スーパーフォーミュラはSFgoを活用して追いかけていました。ですから、イメージしていたモノとかなり近かったと思います」

 なお岩佐が言うように、スーパーフォーミュラは今回のテストから、全チームが共通のダンパーを使うことが義務付けられた。2023年シーズンにチャンピオンチームとなったTEAM MUGENは、これまで使っていたモノとは仕様もメーカーも異なるため、大きな影響を受けるのではないかとも言われていた。

 しかし岩佐曰く、TEAM MUGENには2024年もトップを争えるだけのポテンシャルがあるように感じるという。

「正直、今もトップのポテンシャルがあると思います。僕は昨日クラッシュしてアタックできませんでしたが、野尻(智紀)さんのアタックを見ても、今日の僕のタイムを見ても悪くありません」

「全体的に見ても(高い)ポテンシャルがあると思います」

■想像通り、F1に向けて重要なステップに

 将来的にF1を目指している岩佐。以前のインタビューでは、スーパーフォーミュラはF1を目指す上で「大きな意味を持つステップアップ」だと語っていたが、スーパーフォーミュラでの初テストを終え、その想いをさらに強くしているようだ。

「スーパーフォーミュラは、前評判通りF1とF2のど真ん中というか、高速コーナーにいけばいくほどF1に近いですし、逆に低速に行くとF2に近いというか……F1とF2が入り混じったようなマシンになっていると感じました」

 そう岩佐は言う。

「(F2と比べて)簡単になる部分もあれば、難しいところもある……乗っていて楽しいですし、自分としてやりがいのあるマシンだと思います」

「今回走ってみて、F2からのステップアップになっているのは間違いないと思いました。世間的には、F2とスーパーフォーミュラのどっちが上なのかという議論はあると思います。でも今回走ってみた結果、チームの動き方やレースの進め方、クルマのポテンシャルやセットアップという部分を考えると、スーパーフォーミュラはF1に向けて、すごく良いステップアップになると思います」

 岩佐は来季の目標について、改めて「チャンピオンを獲ること」と断言。それに向けて課題をこなしていくと誓った。

「開幕までにはまだ1回テストがあるので、それが開幕戦に向けての準備という意味では一番重要になってくると思います」

「でもシーズンが始まった後は、ひとつひとつのレースで優勝することを目指していきます。最終的にはシリーズチャンピオンになるのが、僕にとっては明確な目標です。それに向け、やるべきことをひとつひとつやっていきたいと思います」

関連タグ

こんな記事も読まれています

【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
【殺人チャイルドシート】 違法チャイルドシート買った人に返金はある? アマゾンと楽天の対応は?
AUTOCAR JAPAN
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い  1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
高速SA・PAのNo.1「ハイウェイめし」決定! 「高級志向にしたくない」担当者の思い 1位のメニューは“ごはんノンストップ”!?
乗りものニュース
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
海外ライターF1コラム:24戦の理不尽なカレンダーが招く問題。人材不足が深刻化、“根無し草感”で疲弊するドライバー
AUTOSPORT web
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
スズキが「謎のクルマ」実車公開! めちゃゴツい“骨組み”に「Sマーク」装着! “強靭な構造”で未来を支える「新型ユニット」に期待!
くるまのニュース
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
マツダ、2024年スーパー耐久シリーズに3台で参戦
レスポンス
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
WEB CARTOP
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
ポルシェ963最新ファクトリーの利点を語るロッテラー「ピット作業のスピードと精度が上がった」
AUTOSPORT web
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
SPKがシミュレーター機材の研究施設「シミュレーターラボ」を開設 企業や行政、eスポーツイベントに場所提供も
くるまのニュース
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
トヨタ ランドクルーザー250 をモデリスタがカスタム…都会派もアウトドア派も
レスポンス
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
なんで芝生が燃え広がったんだ?? FIA、F1中国GPの火災再発防止のため詳細な調査を実施へ
motorsport.com 日本版
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
レクサスが考えるアウトドアライフは上質だった──新型NX350“OVERTRAIL”試乗記
GQ JAPAN
スプリント予選4番手は「妥当な位置」とフェルスタッペン。雨でタイヤ熱入れに苦しむ|F1中国GP
スプリント予選4番手は「妥当な位置」とフェルスタッペン。雨でタイヤ熱入れに苦しむ|F1中国GP
motorsport.com 日本版
新型「ランドクルーザー」なぜカクカクに? 徹底的に「悪路」重視のカタチとは
新型「ランドクルーザー」なぜカクカクに? 徹底的に「悪路」重視のカタチとは
乗りものニュース
トヨタ、ランドクルーザー新型“250”シリーズの特別仕様車“First Edition”を限定8000台発売
トヨタ、ランドクルーザー新型“250”シリーズの特別仕様車“First Edition”を限定8000台発売
AUTOSPORT web
ガスリー、FP1でトラブルに見舞われパワーユニット交換。しかし予選アタックには満足「期待よりもポジティブ。今後も仕事を続けていかないと!」
ガスリー、FP1でトラブルに見舞われパワーユニット交換。しかし予選アタックには満足「期待よりもポジティブ。今後も仕事を続けていかないと!」
motorsport.com 日本版
1000万円超えた!? 三菱が「最後のランサーエボリューション」販売! 特別な「エボX」に驚愕! 即“完売”の「激レアランエボ」に大反響
1000万円超えた!? 三菱が「最後のランサーエボリューション」販売! 特別な「エボX」に驚愕! 即“完売”の「激レアランエボ」に大反響
くるまのニュース
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
<新連載>[低予算サウンドアップ術]“超基本機能”をちょっと触って、聴こえ方を変える!
レスポンス
「ここまで苦しんだことはなかった……」角田裕毅、19番手に終わったF1中国GPスプリント予選の苦戦に困惑
「ここまで苦しんだことはなかった……」角田裕毅、19番手に終わったF1中国GPスプリント予選の苦戦に困惑
motorsport.com 日本版

みんなのコメント

2件
  • kin********
    トップチームでチームメイトが野尻なら言い訳のできない環境。

    岩佐には開幕戦から優勝争いをして常にチャンピオンを意識したレースが求められる。

    一年目でチャンピオンという高い目標を達成して初めてF1シートの可能性がある。
  • civ********
    F1に行って活躍した人は皆等しく最終戦までタイトル争いに残ってます。

    ハードルは高いですよ
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村