現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 最高出力510hp、ABTがアウディRS 4ベースのスペシャルエディション「RS4-S」を発表

ここから本文です

最高出力510hp、ABTがアウディRS 4ベースのスペシャルエディション「RS4-S」を発表

掲載 更新 1
最高出力510hp、ABTがアウディRS 4ベースのスペシャルエディション「RS4-S」を発表

ABT RS4-S

ハイパフォーマンスワゴンのアイコンをアップデート

最高出力510hp、ABTがアウディRS 4ベースのスペシャルエディション「RS4-S」を発表

フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)は、アウディ RS 4をベースとするコンプリートカー「ABT RS4-S」を発表した。

アウディ RS 2から続く血統を受け継いだハイパフォーマンスワゴン「RS 4」をベースに、魅力的なエアロパッケージを装着。2.9リッターV型6気筒TFSIユニットは、最高出力510hp(375kW)・最大トルク660Nmという強大なパフォーマンスを発揮する。

ABTのマネージングディレクターを務めるハンス=ユルゲン・アプトは、ABT RS4-Sについて、以下のようにコメントした。

「アウディ RS 4は1999年にデビューした初代モデルから、ハイパフォーマンスワゴンのアイコンとなっています。この高いパフォーマンスを誇るRS 4をベースにエキサイティングな新機能を追加し、さらに大幅なパワーアップを実現しました」

オプションで最高出力530hp仕様も用意

ABTスポーツラインはコンピューターチューン「ABTエンジン・コントロール(AEC)」の装着と、専用開発されたエアインテークカバーを採用。ベースモデルの最高出力450hp(331kW)から60hp(44kW)の出力アップ、さらに最大トルクも60Nmの向上を果たしている。この結果、0-100km/h加速は3.9秒という加速性能を手に入れた。

さらにオプションで「ABT パワーS」の装着も可能となっており、最高出力530hp(390kW)・最大トルク680Nmというアップデートメニューを選択することも可能。この仕様では、電子リミッターを300km/hに変更することもできる。

あらゆる走行域において、縦方向と横方向のダイナミクスを完璧にバランスさせるため、足まわりにはABT車高調整式サスペンションスプリングと、前後アクスルにABTアンチロールバーを採用。オプションとして「ABTコイルオーバー・サスペンション」も用意されている。

RS4-S専用開発の「ABTエアロキット」

エクステリアにはABT RS4-S専用に開発された「ABTエアロキット」を装着。モデルネームが入れられたフロントリップアドオン、フロントブレード、ホイールハウスベンチレーションは、カーボンファイバー製フィンによって、さらにスポーティに仕上げられた。

リヤセクションには、CFRP製リヤスポイラーとリヤスカートインサートを装着する。4本出し102mmカーボンファイバー製エンドパイプと、ステンレス製エキゾーストシステムを採用。ホイールは21インチ「GR」アロイホイールを装着し、ABTが考えるパーフェクトなスタイリングが完成した。

各部に「RS4-S」のロゴが奢られたコクピット

インテリアは“RS4-S”のロゴがシート、ドアシル、フロアマットに配されたほか、“ABT”エンブレムバッジがコクピットにレーシーなアクセントを与えている。

オプションとして、シートシェル、シートフレームカバー、ダッシュボードカバーをカーボンファイバー製に変更が可能。また、ステアリングホイールには新開発のレザー&カーボン製アップグレードが用意されている。

その他のオプションに関しては、下記リンク先のABTコンフィギュレーターを使うことで、それぞれの組み合わせを試すことが可能だ。

こんな記事も読まれています

12年ぶりに日産「軽トラ」の車名復活!「“新”クリッパー トラック」発売! 使い勝手アップして114万円から
12年ぶりに日産「軽トラ」の車名復活!「“新”クリッパー トラック」発売! 使い勝手アップして114万円から
くるまのニュース
原付「VELMO SPARK」の企画部長にインフルエンサー・ゼブラナさんが就任(動画あり)
原付「VELMO SPARK」の企画部長にインフルエンサー・ゼブラナさんが就任(動画あり)
バイクブロス
FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
FIA F2/FIA F3、2025年開催スケジュールを発表。大会数と開催地はともに変化なし
AUTOSPORT web
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
その名は「ライオン」、新型EVトラックは航続440km…米国発表
レスポンス
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
アロンソ、アストン開発停滞もオーナーのストロールに全幅の信頼「他のF1チームより早くに解決できるようになるはず」
motorsport.com 日本版
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
日野がEVトラック用標準電池の提案…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
ダイムラー・トラック、次世代EVスクールバスに新型バッテリー採用へ
レスポンス
新井大輝組が逆転勝利、奴田原文雄組は惜しくも3位!全日本ラリーRd.4「ラリー丹後」は山火事の影響で波乱の展開に!
新井大輝組が逆転勝利、奴田原文雄組は惜しくも3位!全日本ラリーRd.4「ラリー丹後」は山火事の影響で波乱の展開に!
くるまのニュース
落ち着きのある大人の隠れ家的な車内がいい! 日産キャラバンがベースのキャンパー
落ち着きのある大人の隠れ家的な車内がいい! 日産キャラバンがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
ホンダ「新型・最上級セダン」登場! 全長5m超えの“ラグジュアリー空間”を体感!? 1700km走って分かったコト
ホンダ「新型・最上級セダン」登場! 全長5m超えの“ラグジュアリー空間”を体感!? 1700km走って分かったコト
くるまのニュース
ランボルギーニ、ウラカン後継車の搭載エンジン発表。800馬力のV8ツインターボ+ハイブリッドで登場へ
ランボルギーニ、ウラカン後継車の搭載エンジン発表。800馬力のV8ツインターボ+ハイブリッドで登場へ
AUTOSPORT web
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
パワーなんかどうでもいい! 最後の13Bロータリー車RX-8なら6MTが30万円から買えるぜ!
ベストカーWeb
街乗り重視だけど快適な車中泊がしたい人にはベストかも! ホンダ フリードがベースのキャンパー
街乗り重視だけど快適な車中泊がしたい人にはベストかも! ホンダ フリードがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
X氏の値引き大作戦 クロストレックから20.0万円引き!
X氏の値引き大作戦 クロストレックから20.0万円引き!
グーネット
ホンダ、今夏発売予定のFCEVが来場者の注目の的に…人とくるまのテクノロジー展 2024
ホンダ、今夏発売予定のFCEVが来場者の注目の的に…人とくるまのテクノロジー展 2024
レスポンス
【ハーレー】BLUE SKY HEAVEN 2024 にて「能登復興支援パレード」を6/2山下公園通りで開催!
【ハーレー】BLUE SKY HEAVEN 2024 にて「能登復興支援パレード」を6/2山下公園通りで開催!
バイクブロス
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
再生可能エネルギーだけで走るモビリティ! 「曲がる太陽電池」を搭載した次世代ソーラーEV三輪車の実証実験を開始
THE EV TIMES
埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
埼玉南部の東西軸「完全4車線化」もうすぐ!? 「草加三郷線」拡幅工事の現状は ブツ切れ区間も解消!「足立区直結」の野望も!?
くるまのニュース

みんなのコメント

1件
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

999.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

468.0618.0万円

中古車を検索
RS4 (セダン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

999.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

468.0618.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村