サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ノブを交換」は昭和脳! ボタン・ダイヤル・後付けパドルもアリの最先端「シフトカスタム」の世界

ここから本文です

現在の交換用シフトノブは車種専用品が主流

 昔からドライバビリティを向上させるカスタムといえばステアリング交換だが、それとセットで注目されてきたのがシフトノブ交換。ウッドやレザー巻きなど、ステアリングとコーディネートするのがドレスアップ的にも定番メニューだ。

「昔のカスタム」じゃない! 「エアバッグ」も「スイッチ」も活かすイマドキ「ハンドル交換」が熱い

 しかし最近は純正でエアバッグ付きステアリングが標準装備されるため、ステアリング交換のニーズが減少。シフトノブもATが主流になる中で車種ごとの独自形状が定着し、汎用ノブでのカスタムが困難になってしまった。

 そこで進化を果たしたのが、車種ごとに専用設計されたATシフトのカスタムだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ