現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > シーズン最終戦、Moto3ラストレース。佐々木歩夢が飾った感銘的な優勝/第20戦バレンシアGP

ここから本文です

シーズン最終戦、Moto3ラストレース。佐々木歩夢が飾った感銘的な優勝/第20戦バレンシアGP

掲載 1
シーズン最終戦、Moto3ラストレース。佐々木歩夢が飾った感銘的な優勝/第20戦バレンシアGP

 バレンシアGPについての表現には、いささか悩むところではある。けれど、カタールGPでタイトルを失わざるをえないレースを強いられ、翌週の最終戦で、いつも以上に堂々とした戦いっぷりを見せた佐々木歩夢のバレンシアGP優勝については、やはりこの表現がふさわしいだろう。

「佐々木歩夢は、Moto3クラス最後のレースで、有終の美を飾った」

佐々木歩夢、優勝【順位結果】2023MotoGP第20戦バレンシアGP Moto3 決勝

 佐々木歩夢(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)は、最終ラップ、最終コーナーの作戦を練っていた。このために、前夜に6年分のバレンシアGP最終ラップのレース映像を見た。2023年は優勝争いをしながらも最終ラップでトップを奪われることが何度かあった。2位にはもう、うんざりしていたのだ。

「最終ラップはトップで入りたかったんです。(最終コーナーで)僕はインサイドを閉めましたが、誰かが僕のインを差しても、止まりきれないとわかっていました。だから、最終コーナーでかなりうまく準備ができたと思います。これが優勝する方法だと思ったものですから」

 佐々木はトップで最終ラップに入った。ダビド・アロンソ(Gaviota GASGAS Aspar Team)が佐々木の背中にピタリとつける。その後ろにはイバン・オルトラ(Angeluss MTA Team)が控えている。手に汗握る、接戦。最終コーナーで、アロンソがインサイドをうかがう素振りを見せる。だが、佐々木は作戦通り、インサイドを閉めた。

 トップでフィニッシュラインを駆け抜けたあと、佐々木はなかなかヘルメットのシールドを上げなかった。カタールGPで味わった辛酸、自分にかけたプレッシャー、優勝したいという思い──。すべてから解放されたそのとき、涙があふれた。

「先週、つらかったから。先週のことがあっての涙だったんです。それに最後のMoto3レースで、自分にプレッシャーを与えていました。そのプレッシャーがチェッカーを受けた瞬間に解けて、涙が出た感じでした」

「先週以降、いろいろな人が僕の背中を押してくれました。でも、『歩夢は優勝していないから、チャンピオンになるのはおかしい』と言う人もいました。僕としては、どうしても自分の背中を押してくれた人たちに、『僕も勝てるよ』『チャンピオン争いできたよ』と(伝えたかった)。それだけだったんです。そこだけ、傷ついていました。優勝をしっかり成し遂げられたので、ゴールしてから感動した瞬間だったかなと思います」

 ウイニングラップを走ってパルクフェルメにやって来た佐々木を、Liqui Moly Husqvarna Intact GPのスタッフが迎えた。佐々木はひとりひとりとハグをかわす。2022年、現チームに移籍したときが、佐々木にとってのターニングポイントだった。信頼できるクルーチーフに出会い、目標を同じくするチームと出会えた。来季から別のチームでMoto2クラスにステップアップする佐々木は、チームにも別れを告げなければならない。

 今回のレースで、予選後はまだ、調整しておきたい部分があった。今季のタイムスケジュールでは日曜日朝、Moto3クラスのウオームアップがなくなったため、予選以降はセッティングを変更しても、確認できるセッションがない。だが、「(決勝レース直前の)ウオームアップ・ラップに出て行って、すぐによくなったのがわかった」ほどに改善された。

「昨日が終わった時点で、『ここに問題がある』ということがデータを見てすぐにわかったので、(チームが改善してくれた)。だから、チームに感謝しかないです。チームは金曜日が難しいウイークでも、日曜日にはバイクを必ず完ぺきにしてくれました。僕は今年、3回リタイアがあるのですが、チームよりも僕のほうがミスの多いシーズンだったなと思います」

 そんな佐々木に、「Moto3最後のレース、レレさんと一緒に表彰台に上がれて、どんな気持ちでしたか?」と質問した。“レレ”ことエマヌエーレ・マルティネッリは佐々木のクルーチーフで、佐々木が大きな信頼を寄せている人物だ。表彰台には、マルティネッリも上がった。

「このチームに来てから、自分のレース人生が変わりました」

 佐々木はそう言った。

「今まで、(レースは)個人戦だと思っていたんですけど、この世界は自分の力だけじゃないんだなと。Moto3はライダーが70%くらいを占めているかもしれないですけど、残りの30%は、僕はチームだと思っています。そういう人たちに巡り会えたことに感謝。自分はラッキーだと思っています」

「このチームに巡り会って、(チームは)いろいろなことを教えてくれました。僕がこのチームに来たときは、5年もMoto3を走っているから、もうほとんど知っていると思っていたんです。でも、知らないことばかりでした。ほんとに、イチから教えてもらったこともありました。そういう人たちに、この2年で学んだことを見せたかったんです。全部を優勝につなげたかった。レレと表彰台に乗れて、ほんとによかったな、と思いました」

 晴れやかな表情を浮かべた佐々木が、そう言って笑んだ。バレンシアGPは、佐々木にとってMoto3の集大成となるレースだったのかもしれない。速く、強く、そして堂々としていた。佐々木歩夢がMoto3クラスで最後に飾った優勝は、とても美しかった。

関連タグ

こんな記事も読まれています

スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
スバル「“新”レガシィ」発表! めちゃカッコいい「スポーティセダン」に人気アイテム装着! 爆速仕様も米で登場
くるまのニュース
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ついに「ランクル300」にも盗難の波が!! そもそも新車状態では「盗難対策」は完ぺきではないってマジなの?
ベストカーWeb
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
王者au TOMSひとり旅! ポールから完勝で連覇に向け死角なし。デビュー戦シビックはSTANLEYが3位|スーパーGT開幕戦
motorsport.com 日本版
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
「E-クラッチ車は+5万円」ホンダ CBR650R/CB650Rが新型に! STDが4月、E-クラッチ車は6月発売
モーサイ
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
アルファロメオのコンパクトSUV「ミラノ」がワールドプレミア。同ブランド初のフルBEVも登場
Webモーターマガジン
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
【MotoGP】マルケスとバニャイヤの接触転倒、両者共に水に流す。ドゥカティ幹部も「とてもポジティブ」と心配せず
motorsport.com 日本版
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
ありかも、BYD! 長澤まさみさんを起用したBYDの新CMが放映開始
THE EV TIMES
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
米国大統領専用車「キャデラック ワン」来日仕様車を1/43スケールで再現
レスポンス
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
『A』から『B』へのジャンプアップ。トヨタ/GRスープラ今季投入の新型エンジン『RI4BG』の狙いとその実力
AUTOSPORT web
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
未来の“東京直結道路”多摩川手前の進捗は 橋のたもとの住宅密集地 川崎市が公表
乗りものニュース
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
マツダ「新型2ドアスポーツカー」公開! 「次期型RX-7」に期待高まる! “リトラ”ライト×ロータリーエンジン搭載の「ICONIC SP」 再び登場
くるまのニュース
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
3700万円でも売れないランボルギーニ「ムルシエラゴLP640-4ロードスター」は今が狙い目! 腐っても闘牛のフラッグシップです
Auto Messe Web
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
2024スーパーGT開幕。例年より気温上昇の第1戦岡山公式練習は王者au TOM’Sがトップタイム
AUTOSPORT web
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
元F1ドライバーの49歳、ノルベルト・フォンタナが『トヨタ・カローラGRS TCR』で参戦へ/TCR南米
AUTOSPORT web
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
2028年までにデビュー予定のBEV×50台を紹介 あのカルトモデルを含めて日本車も11台!
AutoBild Japan
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
アルファ・ロメオ「33ストラダーレ」 1/33オーナーとなる内野氏 伊同社訪問とカスタマイズ要望
AUTOCAR JAPAN
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
前年王者36号車au TOMSがGT500圧勝。GT300では2号車mutaが優勝|スーパーGT開幕戦岡山:決勝順位速報
motorsport.com 日本版
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
国際ハイヤーがトヨタ『センチュリーSUV』を導入…最上級ショーファーカー
レスポンス

みんなのコメント

1件
  • hab********
    残念ながらタイトルには手が届かなかったけど、モト3を最高の形で締めくくれた。
    モト2での来季の活躍を期待せずにはいられない。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村