サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コロナ禍でクルマへの意識に変化!? クルマは感染リスク下げられる、が7割超

ここから本文です

コロナ禍でクルマへの意識に変化!? クルマは感染リスク下げられる、が7割超

トヨタ系のマーケティング会社デルフィスは5月19日、「コロナ禍における『移動』『クルマ』に関する意識調査」の結果を公表した。

感染拡大のピークを越したとはいえ、外出自粛要請が続くなど依然我々の生活に大きな影響を与え続けている新型コロナウイルス。外に出られない、人にも会えない、そんな非日常が日常になる中、パーソナルモビリティの代表格であるクルマに対し、人々の意識はどう変容したのか。デルフィスでは、全国の男女1,600人(18歳~69歳)に対してWeb調査を実施し、興味深い答えを引き出した。

まず、意外なのはクルマの購入意欲が向上したこと。具体的にはコロナ禍を機に「クルマを買いたくなった人」が18%だったのに対し、「買うのを中止・延期した人」は11%にとどまり、購入にポジティブな答えが実に7ポイントも上回った。この背景には8割の人が「クルマは生活に必要な移動を安全に行うことができる」と認識していることがあり、同じく8割近くは「クルマは感染リスクを下げることができる」とも感じていた。たしかに、三密を避けるには公共交通機関より自家用車が適しているのは事実で、自分(と家族)だけで移動できるという点が改めて評価され、購入意欲の向上につながったようだ。

もちろん、調査結果は内向きなものだけにとどまらない。「新型コロナウイルスの影響により、あなたは今後どのように暮らしたいか」という質問には、10代から30代の7割以上が「新しいもの・サービスを取り入れて、より良い生活に改善したい」と回答。また、「収束後にやりたいこと」は、「外食」や「国内旅行」との回答がそれぞれ6割以上となった。さらに、「気分転換の手段としてドライブをしたい」という人も全体の6割を越し、回答全体を踏まえれば収束後には一気にドライブ旅行を満喫する人が増えそうだ。

巣ごもり期間もポストコロナの時代も、クルマは変わらず生活に必須の存在。調査結果は、その事実を改めて示しているといえるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します