現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > メルセデス・ベンツSクラスに見るエアバッグの進化。最新モデルには「世界初」の機構も投入

ここから本文です
メルセデス・ベンツSクラスに見るエアバッグの進化。最新モデルには「世界初」の機構も投入
写真を全て見る(6枚)

Mercedes-Benz S-Class

メルセデス・ベンツ Sクラス

ポルシェでレースに挑み、ハンディキャップドライバーの振興を推進するナタリー・マクグローインの信念とは?

W126が採用した革新的パッシブセーフティ

メルセデス・ベンツは2020年9月に最新世代のSクラスをワールドプレミアしている。歴代Sクラスがそうであったように、今回のフルモデルチェンジでも他に先駆けて先進技術を惜しみなく投入してきた。

「メルセデス・ベンツの頂点」に君臨してきたSクラスは、いつの時代も自動車業界の規範であり、手本であり続けている。たとえばいまから40年前に誕生した2代目Sクラス、W126も革新的なパッシブセーフティ技術を投入していた。

記事全文を読む
【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

インディカー・アイオワ戦、スティング・レイ・ロブが”宙舞う”クラッシュ発生。幸いドライバーは無事
インディカー・アイオワ戦、スティング・レイ・ロブが”宙舞う”クラッシュ発生。幸いドライバーは無事
motorsport.com 日本版
戦略変更でポール奪取/ジョーカー来年にも/ロッテラーの運転時間 etc.【WECサンパウロ予選日Topics】
戦略変更でポール奪取/ジョーカー来年にも/ロッテラーの運転時間 etc.【WECサンパウロ予選日Topics】
AUTOSPORT web
角田裕毅、F1参戦60周年のホンダRA272を初ドライブ「やっと僕サイズのF1モノコックを見つけた笑」レッドブルF1マシンでも走行
角田裕毅、F1参戦60周年のホンダRA272を初ドライブ「やっと僕サイズのF1モノコックを見つけた笑」レッドブルF1マシンでも走行
motorsport.com 日本版
2人旅にはこれが最適! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
2人旅にはこれが最適! トヨタ ハイエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
トヨタが「クラウン“軽”」公開! まさかの“斬新デザイン×驚愕素材”採用!?  「ランクル“軽”」も話題に
トヨタが「クラウン“軽”」公開! まさかの“斬新デザイン×驚愕素材”採用!? 「ランクル“軽”」も話題に
くるまのニュース
ソアラ伝統の贅沢なフォルムは圧巻!トヨタ三代目「ソアラ 3.0GT」とは
ソアラ伝統の贅沢なフォルムは圧巻!トヨタ三代目「ソアラ 3.0GT」とは
バイクのニュース
ヘッドライトにも「2024年問題」到来? ロービーム検査の徹底がもたらす影響をご存じか
ヘッドライトにも「2024年問題」到来? ロービーム検査の徹底がもたらす影響をご存じか
Merkmal
【動画あり】「メルセデスAMG GT」ファミリーにもっと凄いの出ました。「メルセデスAMG 63プロ」はなにが「プロ」?
【動画あり】「メルセデスAMG GT」ファミリーにもっと凄いの出ました。「メルセデスAMG 63プロ」はなにが「プロ」?
Webモーターマガジン
日本高圧電気とENEOSがEVトラックの未来を切り開く! 日本初のEV商用車向け充電ステーション実現のために「柱上設置型高圧受電設備」を開発
日本高圧電気とENEOSがEVトラックの未来を切り開く! 日本初のEV商用車向け充電ステーション実現のために「柱上設置型高圧受電設備」を開発
THE EV TIMES
阿蘇でモーターサイクルのスタンプラリー「GATR」開催決定 2025年4月から
阿蘇でモーターサイクルのスタンプラリー「GATR」開催決定 2025年4月から
レスポンス
アイオワダブルヘッダー、2戦目はウィル・パワーが勝利しペンスキー完勝|インディカー第11戦
アイオワダブルヘッダー、2戦目はウィル・パワーが勝利しペンスキー完勝|インディカー第11戦
motorsport.com 日本版
「あとは利根川の橋だけ」 道路版つくばエクスプレス“ほぼ全通”のインパクト 実は栃木まで一直線!?「筑波山も近くなる」
「あとは利根川の橋だけ」 道路版つくばエクスプレス“ほぼ全通”のインパクト 実は栃木まで一直線!?「筑波山も近くなる」
乗りものニュース
全長3.7mで「7人乗り」って最高! トヨタ「シエンタ」よりも小さい「超極小ミニバン」が凄い! “取り回し最強”のミニマム「国産3列モデル」とは
全長3.7mで「7人乗り」って最高! トヨタ「シエンタ」よりも小さい「超極小ミニバン」が凄い! “取り回し最強”のミニマム「国産3列モデル」とは
くるまのニュース
現代F1の魅力と感動が詰まった1戦。アドバンテージを失ったレッドブルとノリスの課題【中野信治のF1分析/第12戦】
現代F1の魅力と感動が詰まった1戦。アドバンテージを失ったレッドブルとノリスの課題【中野信治のF1分析/第12戦】
AUTOSPORT web
マクラフランが逆転で今季2勝目。ハイブリッド初のオーバル戦はシボレー1-2-3/インディカー
マクラフランが逆転で今季2勝目。ハイブリッド初のオーバル戦はシボレー1-2-3/インディカー
AUTOSPORT web
2015年に日本から流出したフェラーリ「F40」が約5億5800万円で落札! 走行1150キロの奇跡のスペチアーレ跳ね馬でした
2015年に日本から流出したフェラーリ「F40」が約5億5800万円で落札! 走行1150キロの奇跡のスペチアーレ跳ね馬でした
Auto Messe Web
【このBMW 320iなんぼ?】28年前のBMW 320i(E36)が走行距離たった1,430kmの新車状態で見つかる その価格は?
【このBMW 320iなんぼ?】28年前のBMW 320i(E36)が走行距離たった1,430kmの新車状態で見つかる その価格は?
AutoBild Japan
アネックスの新型キャンピングカー『LIBERTY50DB』登場…駐車のしやすいサイズ感が特徴
アネックスの新型キャンピングカー『LIBERTY50DB』登場…駐車のしやすいサイズ感が特徴
レスポンス

みんなのコメント

5件
  • 後席用エアバック自体はプレジデントが早くに採用していた。
  • メルセデス・ベンツはエアバック作動時に鼓膜が破れる事例があるらしいね
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索
Sクラスの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1518.02233.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

48.81930.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村