サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > マクラーレンF1にとって、ホンダとの関係解消は必要不可欠だった? ロス・ブラウン語る

ここから本文です

 2015年からF1に復帰したホンダ。その最初のパートナーはマクラーレンだった。マクラーレン・ホンダといえば、1980年代後半から90年代前半まで最強を誇った組み合わせ。”黄金コンビ”の復活に、大きな期待がかかった。

 しかしこのパートナーシップはうまくいかず、2017年までの3シーズンにわたって1度の表彰台も獲得することができず、厳しいシーズンを過ごした。

■アロンソ、“GP2エンジン”発言は後悔も……「当時のホンダPUは酷かった」

 そのためマクラーレンは、2017年限りでホンダとのパートナーシップを解消。新たにルノーのカスタマーパワーユニット(PU)を使用することに変更した。

おすすめのニュース

サイトトップへ