サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、特例でカーナンバー「1」を使用。「チームの皆が喜ぶから」

ここから本文です

ハミルトン、特例でカーナンバー「1」を使用。「チームの皆が喜ぶから」

ハミルトン、特例でカーナンバー「1」を使用。「チームの皆が喜ぶから」

 通常カーナンバー「44」を使用しているルイス・ハミルトンが、5度目のF1タイトル獲得を記念し、2018年F1最終戦アブダビGPのFP1でチャンピオンナンバー「1」をつけて走行した。

 現在のシステムではチャンピオンはカーナンバーとして「1」か自身のレースナンバーのどちらかを選択できる。ハミルトンは2015年、2016年、2018年と「44」をつけることを選んできたが、最終戦アブダビGPの金曜フリー走行1回目ではメルセデスのノーズに「1」を飾った。

F1アブダビGP FP2:ボッタスがトップ、トロロッソ・ホンダのガスリーは11番手と好調な走り

 メルセデスの発表では、ハミルトンが最終戦で「1」を使用するための許可を求め、それが認められたということだ。マシン自体は「44」でエントリーされており、エンジンカバーには正式なナンバー「44」が記されている。

 ハミルトンは、自分にはナンバー1をつけたいという気持ちは全くなかったが、チームメンバーの願いを受けて、わずかの時間ながら1番をつけたマシンを走らせようと思ったと述べている。

 メルセデスは5年連続でダブルタイトルを獲得しているが、一度もナンバー1をつけたマシンを走らせていない。

「個人的に(1番をつけることは)好きではない。でも僕らはずっとワールドチャンピオンなのに1番をつけてこなかった。だから(今回つけることができれば)クールだと思った」とハミルトンが語ったとRACEFANSが伝えた。

「以前エンジニアやメカニックから、1番をつけてくれるよう頼まれたことがあった。だからセッション1回でも1番で走れば、チームがその写真を撮ることができるし、『自分たちはナンバー1なんだ』という誇りを感じることができて、クールだと思った」
「でもセッション1回だけのことだよ」

 ハミルトンはFP2ではノーズのナンバーを「44」に戻している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します