サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > クリーンなデザインに407psの四駆 ボルボC40 リチャージ・ツインへ試乗 価格がネック

ここから本文です

C40はボルボが純EVへシフトする象徴

クーペボディだからといって、コンパクト・クロスオーバーに407psは必要ないかもしれない。ルーフラインがなだらかに傾斜しているものの、ボルボC40の性格付けは、スポーツカー的なものとは異なる。価格にも反映している。

【画像】407psのクロスオーバー ボルボC40 リチャージ・ツイン 競合モデルと比較 全132枚

ボルボの高性能版と聞くと、ポールスター・エンジニアードを思い浮かべるかもしれない。しかし基本的には、XC40をクーペボディにしたクロスオーバーがC40だ。

XC40との違いは、そのフォルムを除くと、内燃エンジンを一切選べないということ。

おすすめのニュース

サイトトップへ