現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 映画のような世界観に浸れる名車「初代アルファ ロメオ スパイダー」が美しさを求める“大人”にオススメな理由【中古至難】

ここから本文です

映画のような世界観に浸れる名車「初代アルファ ロメオ スパイダー」が美しさを求める“大人”にオススメな理由【中古至難】

掲載 4
映画のような世界観に浸れる名車「初代アルファ ロメオ スパイダー」が美しさを求める“大人”にオススメな理由【中古至難】

■息を呑むほど美しいピニンファリーナデザイン

 比較的余裕のある大人のための輸入オープンスポーツといえば、人気が高いのはポルシェの「718ボクスター」や「911カレラ カブリオレ」あたりだろうか。

【画像】イタリア生まれのロマンチスト「初代アルファ ロメオ スパイダー」を見る(7枚)

 それらはもちろん素晴らしいオープンタイプのスポーツカーだが、何というかこうステレオタイプすぎる気がしないでもない。

「ステレオタイプで構わない!」という人もいらっしゃろうが、もしも「それはちょっと避けたいな……」とお思いなら、“ネオクラシック”と呼ばれることが多い1980年代から1990年代あたりの輸入オープンスポーツに注目してみることをおすすめしたい。

 それらはちょっと古い世代ゆえ、純粋な走行性能は最新世代のオープンカーと比べればかなり低い。だが、ドライバーとセットになった際の「たたずまい」は、正直申し上げて現代のギラギラ系オープンカーに乗る場合の数倍は素敵なものになるはずだからだ。

 そして、そんな場合におすすめしたいネオクラシックな輸入オープンカーのひとつが、アルファ ロメオ「スパイダー」である。

 アルファ ロメオ スパイダーは2011年まで、けっこう現代的な意匠とハードウエアを備えたモデルが製造されていた。だが今回おすすめしたいのはそれではなく、1966年から1993年までの長きにわたり販売された初代スパイダーだ。

●バッティスタがデザインした初代「スパイダー」

 初代アルファ ロメオ スパイダーのベースとなったのは1962年登場の「ジュリア」というスポーツセダン。それのオープン版が、まずはアルファ ロメオ「1600スパイダー デュエット」という名前で1966年に登場した初代スパイダーだった。

 ちなみにアルファ ロメオ スパイダーのデザインは、アルファ ロメオの社内デザインチームではなく、イタリアが世界に誇るカロッツェリア「ピニンファリーナ」が担当した。そしてこの初代スパイダーは、ピニンファリーナの創始者であるバッティスタ・ファリーナが息子に家督を譲る直前に手がけた「最後の作」といわれている。

 御大バッティスタの筆による最初の世代は、テール部分がまるでボートのようなロマンチックな形状であったため「ボートテール」あるいは「シリーズ1」と呼ばれるが、1970年のマイナーチェンジでスパイダーのテールはスパッと切り落とされかのような「カムテール」となり、「シリーズ2」とも呼ばれるようになった。シリーズ2は、テール形状の関係でトランクスペースは拡大されたが、形状としてのロマンティシズムはやや減じた感がある。

 1983年には2度目のマイナーチェンジが実施され、フロントグリルと一体化した大型バンパーや、リアスポイラーと一体化した大型リアバンパーを採用。この世代は「シリーズ3」と呼ばれるが、シリーズ3からはカーエアコンの装着も可能になった(逆にいうとシリーズ1&2はエアコン無し)。

 そして1990年には最後の改変がおこなわれて「シリーズ4」となり、これが前述のとおり1993年まで販売された。シリーズ4はテールデザインとダッシュボードのデザインを大きく変更するとともに、パワーステアリングが標準装備に(シリーズ3まではいわゆる重ステだった)。そして5速MTに加えて3速ATの仕様も用意し、エンジンは最高出力126psを発生する2リッター直列4気筒の1種類のみとなった。

■シリーズ4以外はすでに絶滅危惧種

 意匠およびたたずまいのロマンティシズムは最初のシリーズ1こそが最強だが、シリーズ1の流通は今やほぼ皆無で、それどころかシリーズ2とシリーズ3もほぼゼロ。したがって、初代アルファ ロメオ スパイダーを買う場合は自動的に「シリーズ4」すなわち最終型の一択となる。

 ロマンティシズムにはやや欠けるシリーズ4だが、それはあくまで「シリーズ1と比べれば」という話。その他の一般的な(あえて悪くいうなら、ありがちな)オープンカー各種と比べるならば、最終型のシリーズ4もバリバリのロマン派。またパワーステアリングやエアコンがごく普通に付帯しているという点も、飾るためではなく「たまに運転して楽しむために買う」という場合には有利に働くだろう。

●品良く「美しい」カーライフをはじめてみよう

 さまざまなマイナーチェンジを重ねてそれなりに進化したシリーズ4のアルファ ロメオ スパイダーだが、それでも基本設計的には「1960年代のクルマ」であるため、速いとかコーナリング性能が凄いとか、そういったことは一切ない。

 しかしその分だけ、筆者を含むミドル世代までの人間にとっては「映画のスクリーンやテレビを通してしか知らない」往年の2座式オープンカーの優美な世界観と意匠をリアルに今、そしてパワーステアリングなどのそれなりの快適装備も付いた状態で堪能できる──というのが、初代アルファ ロメオ スパイダーというクルマの最大の魅力であり、他のクルマでは絶対に味わえない唯一無二のストロングポイントなのだ。

 専門店で完全メンテナンス済みの個体を買えばさほど頻繁に壊れるクルマでもなく(とはいえメンテナンスフリーでは決してないが)、中古車の相場もせいぜい170万円から260万円ぐらい。

「美しいモノ」を好むすべての大人に、ぜひ一度はチェックしてみていただきたい存在だ。

こんな記事も読まれています

ケータハム初期の「スーパーセブン」を再現 ケータハム スーパー セブン 600 & 2000登場!
ケータハム初期の「スーパーセブン」を再現 ケータハム スーパー セブン 600 & 2000登場!
AutoBild Japan
【充電体験でEVのストレス軽減へ】 レクサス充電ステーションの予約を一般へも開放
【充電体験でEVのストレス軽減へ】 レクサス充電ステーションの予約を一般へも開放
AUTOCAR JAPAN
スズキ、東京アウトドアショー 2024に新型車出品へ…親子でアウトドアや料理を
スズキ、東京アウトドアショー 2024に新型車出品へ…親子でアウトドアや料理を
レスポンス
アルピーヌ・ジャポンが初の電動モデル「A290」の日本導入を検討へ!
アルピーヌ・ジャポンが初の電動モデル「A290」の日本導入を検討へ!
月刊自家用車WEB
価格以上の高性能が満喫できる、抜群のコスパに脱帽! BYD・SEAL 試乗インプレッション
価格以上の高性能が満喫できる、抜群のコスパに脱帽! BYD・SEAL 試乗インプレッション
月刊自家用車WEB
【MotoGP】ヨハン・ザルコのプロ精神、LCRチェッキネロ代表が称賛。ストイックさは”アーティスト”レベル
【MotoGP】ヨハン・ザルコのプロ精神、LCRチェッキネロ代表が称賛。ストイックさは”アーティスト”レベル
motorsport.com 日本版
キャンプギア収納問題をトランクルームで解決!「CAMP HACK」×「ストレージ王」のコラボ動画が公開(動画あり)
キャンプギア収納問題をトランクルームで解決!「CAMP HACK」×「ストレージ王」のコラボ動画が公開(動画あり)
バイクブロス
“200万円台”から! ホンダ最新型「ヴェゼル」月々いくらで買える? 大人気SUVの「最も安い&高いモデル」とは
“200万円台”から! ホンダ最新型「ヴェゼル」月々いくらで買える? 大人気SUVの「最も安い&高いモデル」とは
くるまのニュース
SHOEIヘルメットにB+COMを美しく装着できるNEWアイテム! サインハウスが「B+COM SHOEIアタッチメント3」を発売
SHOEIヘルメットにB+COMを美しく装着できるNEWアイテム! サインハウスが「B+COM SHOEIアタッチメント3」を発売
バイクのニュース
フェラーリが僅差でトヨタを破り2連覇! 今年のル・マン、24時間走ってもなぜ大接戦に?
フェラーリが僅差でトヨタを破り2連覇! 今年のル・マン、24時間走ってもなぜ大接戦に?
くるくら
VWの小型セダン『ジェッタ』に改良新型、6月25日に米国デビューへ
VWの小型セダン『ジェッタ』に改良新型、6月25日に米国デビューへ
レスポンス
ベンツは「ほとんど変えずに洗練させる」困難な仕事をやってのけた しかし…… Gクラス試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベンツは「ほとんど変えずに洗練させる」困難な仕事をやってのけた しかし…… Gクラス試乗【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
【日本限定30台】メルセデス・マイバッハ特別限定モデル「S 580ナイトエディション」登場! 価格は4400万円。メルセデス ミーで展示中です
【日本限定30台】メルセデス・マイバッハ特別限定モデル「S 580ナイトエディション」登場! 価格は4400万円。メルセデス ミーで展示中です
Auto Messe Web
アルファロメオ ジュニアのハイパフォーマンス バージョン「ヴェローチェ」は最高出力280ps!
アルファロメオ ジュニアのハイパフォーマンス バージョン「ヴェローチェ」は最高出力280ps!
Webモーターマガジン
自動車業界の平均年収ランキング、1位はトヨタで「895.4万円」…SalesNowがトップ10公開
自動車業界の平均年収ランキング、1位はトヨタで「895.4万円」…SalesNowがトップ10公開
レスポンス
スバル新型「スポーツ“セダン”」公開! MT採用&パフォーマンス重視設定がイイ! 羨ましすぎる水平対向エンジン搭載モデル! 米に登場の「WRX tS」はどんなクルマとは
スバル新型「スポーツ“セダン”」公開! MT採用&パフォーマンス重視設定がイイ! 羨ましすぎる水平対向エンジン搭載モデル! 米に登場の「WRX tS」はどんなクルマとは
くるまのニュース
【角田裕毅F1第10戦分析】リヤウイングが一因か。セットアップを最適化できないまま戦い、アンダーステアに苦しみ19位
【角田裕毅F1第10戦分析】リヤウイングが一因か。セットアップを最適化できないまま戦い、アンダーステアに苦しみ19位
AUTOSPORT web
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
【ポイントランキング】2024スーパーフォーミュラ第3戦SUGO終了時点
AUTOSPORT web

みんなのコメント

4件
  • 90年代前半くらいまでは、遊び人がこれ乗ってるのはオシャレで素敵だった。

    今はもうクラシックカーのつもりで手間暇かけるつもりじゃなきゃ無理。
  • 安いのには理由がある
    流麗とも言えないしオープンってだけのダサい車
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

473.0615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.9530.0万円

中古車を検索
スパイダーの車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

473.0615.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

99.9530.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村