現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ISG付き直列6気筒採用】メルセデス・ベンツEクラス E450カブリオレ 小変更

ここから本文です

【ISG付き直列6気筒採用】メルセデス・ベンツEクラス E450カブリオレ 小変更

掲載 更新
【ISG付き直列6気筒採用】メルセデス・ベンツEクラス E450カブリオレ 小変更

ISG付き新6気筒エンジンを搭載

text:Simon Davis(サイモン・デイビス)

【画像】Eクラス フェイスリフト前後を比較 全96枚

translation:Kenji Nakajima(中嶋健治)


BMWが6シリーズのカブリオレをやめて以来、Eクラスのカブリオレは、少し大きい4シーターの高級コンバーチブル市場で独占的な位置にある。

アウディS5にもカブリオレはあるが、ひと回り小さく、Eクラスほどラグジュアリーではない。8シリーズのカブリオレは動的性能に重心が偏っているし、ライバル関係でいえばSクラス・カブリオレが相当する。

競争相手が不在といえる状態で、Eクラス・カブリオレは短いながら平穏な時間を過ごせていたのかもしれない。それでも5代目Eクラス、W213型の高評価を末期まで保つため、リフレッシュが施された。

2020年に、Eクラス全体でフェイスリフトされている。今回試乗するE450カブリオレも同様。もちろんメルセデスAMGのE53も、足並みをそろえている。しかも、内容は小さくない。

新しいEクラスに共通する、アグレッシブ感を増したフロント周りのデザインに加えて、インテリアもアップデート。E450のエンジンは、これまでのツインターボV6から、新しい3.0Lの直列6気筒シングルターボ・ユニットへ置き換わった。

このエンジンはM256型と呼ばれ、最新のCLSやSクラス、GLEも採用するユニット。メルセデス・ベンツがEQブーストと呼ぶ、電圧48Vによる統合型スターター・ジェネレーター(ISG)を搭載する。エンジンをアシストしつつ、滑らかな加速を実現している。

E450の設定では、エンジン単体で367psと50.9kg-mを発生。さらにEQブースト・システムが、22psと25.3kg-mを加算する。

目的地までゆったりドライブを楽しむ

トランスミッションは、マイナーチェンジ前と変わらず9速AT。4マティックと呼ばれる四輪駆動だ。

目的地までゆったりドライブを楽しむクルマとして、Eクラス・カブリオレは好適。豪華な車内で最初に気づくのは、真新しいデザインのステアリングホイールだろう。

センターボスは大きくなり、数多く並んでいたボタンは、スポーク上のタッチセンサーへ置き換わっている。見事に仕立てられたレザー内装を、視覚的に引き立てる存在感がある。

シャープな画像で反応の良い、大きなモニターがダッシュボード上部に鎮座。トラディショナルな木パネルがアクセントを加え、独特な雰囲気のインテリアに仕上がっている。

シートは大きく快適。サイドサポートも充分で、ゆったりと流すだけでなく、速いペースで走る時も身体を優しく支えてくれる。シートの位置や角度調整の幅も大きい。

シートヒーターに加え、ヘッドレスト付近からエアコンの風が流れる「エアスカーフ」も装備。寒い日の長距離ドライブでも、ルーフを開く勇気を与えてくれる。積極的にオープンで走りたい。

オープン状態では、高速走行時の風切り音は大きい。だが、フロントガラス上に伸びるエアキャップと呼ばれるディフレクターを用いれば、ロングヘアーが乱気流でもみくちゃにされることはないだろう。

穏やかな足まわりながら高い動的性能

リアに格納されているカンバス製のルーフを閉じれば、ハードトップ・クーペと比較しても、目立った欠点は感じられない。徐行程度なら走行中でも開閉可能で、完了までの時間は20秒。ルーフは、外界から車内をしっかり隔離してくれる。

0-100km/h加速に要する時間は5.2秒。E450カブリオレの動力性能に不足はない。ゆったりした雰囲気にも関わらず、機敏でたくましい。不思議の国のアリスに登場する芋虫のよう、といったら失礼だろうか。

ルーフを開けば、直列6気筒エンジンの放つ威勢のいいサンドを、より身近に楽しめる。アクセルペダルへ込める力具合で、ゆったりとした唸り声から、豊かな叫びへと変化する。

加速は、感心するほどにクリーミーで直線的。回転域を問わず、力強く速度を乗せていく。

変速時の振る舞いも、不満を感じるスキがないほどにエレガント。メルセデス・ベンツ製の9速ATは、滑らかに、効率的にギアを選ぶ。

ステアリングホイールに取り付けられたシフトパドルを弾けば、9速ATは喜んで応えてくれる。だが、少し操作しないでおくと、すぐにオート・モードへ戻ってしまう。

マニュアル・モードを選ぶと改善できるが、スポーティさが増すエンジン・マッピングとの相性は、良くないようだ。筆者は少し残念だったが、クルマのターゲット層や性格を考えれば、当然の味付けではある。

今回の試乗車はドイツ仕様で、エアサスペンションを搭載していた。コンフォート・モードを選ぶと、驚くほど柔軟で、優れた乗り心地に身を委ねられる。

このクルマなら6気筒エンジンを選びたい

スポーツ+モードを選べば、不足ない姿勢制御も適えてくれる。ただし、ボディのサイズや重量、ロールの大きさを隠すことはできない。ゆったりしたレシオを持つステアリングも相まって、素早くコーナーを縫って走るタイプではないと、実感させられる。

グリップレベルは高く、ステアリングの応答も正確。高速コーナリング時でも確かな重みを感じ取れる。

E450カブリオレは、見た目以上に振り幅が大きい。ペースを速めれば、想像以上に運転を楽しめる。ゴルフコースの帰り道でまだ元気が残っているなら、ドライビングに浸ることも可能だろう。

正式な価格は発表されていない。先代モデルを参考に考えると、おそらく英国では6万ポンド(810万円)前後になると見込まれる。一方で、BMW 8シリーズのカブリオレは8万935ポンド(1092万円)からとなっている。

追って安価な4気筒ガソリンと、ディーゼル版も登場予定ではある。だがEクラスのカブリオレに相応しいのは、この6気筒エンジンだと思う。

快適に余裕を持って走れる、4シーターのコンバーチブルを探しているのなら、メルセデス・ベンツE450はうってつけだ。

メルセデス・ベンツEクラス E450カブリオレ(欧州仕様)のスペック

価格:6万ポンド(810万円/予想)
全長:4826mm(フェイスリフト前)
全幅:1860mm(フェイスリフト前)
全高:1427mm(フェイスリフト前)
最高速度:249km/h
0-100km/h加速:5.2秒
燃費:12.2km/L
CO2排出量:-
乾燥重量:2040kg
パワートレイン:直列6気筒2999ccターボチャージャー+ISG
使用燃料:ガソリン
最高出力:367ps/5500-6100rpm+22ps
最大トルク:50.9kg-m/1600-4500rpm+25.3kg-m
ギアボックス:9速オートマティック

こんな記事も読まれています

かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
かなりご長寿だった[トヨタアイシス]!! 今ハイブリッドで復活したらバカ売れ必至か!?
ベストカーWeb
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
[アクア]で高級感はやりすぎレベル? 高級感マシマシの特別仕様車がマジで買いすぎる
ベストカーWeb
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
ウォームアップでトヨタと接触した78号車レクサスはピットスタートへ。2分追加のペナルティも
AUTOSPORT web
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
軽自動車にスーパーカー並みの装備[AZ-1]!! [高性能スペック]を誇った絶版スポーツ
ベストカーWeb
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
真逆のマシン特性でレッドブルに挑んだメルセデス。サインツ、ペレスがハマった難関ターン6【中野信治のF1分析/第9戦】
AUTOSPORT web
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
あと1歩届かなかった……トヨタ小林可夢偉、前途多難のル・マン24時間レース惜敗に「めちゃめちゃ悔しい」
motorsport.com 日本版
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
フォルクスワーゲン・トゥアレグ 詳細データテスト 実直な大型SUV PHEVの経済性はそこそこ
AUTOCAR JAPAN
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
雨に翻弄された101年目のル・マン。燃料ギリギリ! 50号車フェラーリが優勝。トヨタ7号車は最後尾から追い上げも届かず2位|ル・マン24時間:フィニッシュ
motorsport.com 日本版
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
正式発売前のプロトタイプ先行試乗をプレイバック! 3代目レクサスISはBMW3シリーズを超えられたのか?
ベストカーWeb
ガソリンがリッター263円なら安い!? 給油するならドイツ、フランスを避けてルクセンブルクがオススメです【みどり独乙通信】
ガソリンがリッター263円なら安い!? 給油するならドイツ、フランスを避けてルクセンブルクがオススメです【みどり独乙通信】
Auto Messe Web
ル・マン24時間レース決勝速報|フェラーリ、逃げ切り2連覇達成! トヨタとの近年稀に見る大接戦を制す
ル・マン24時間レース決勝速報|フェラーリ、逃げ切り2連覇達成! トヨタとの近年稀に見る大接戦を制す
motorsport.com 日本版
7号車トヨタがレクサスとの接触でマシン破損/2024年WEC第4戦ル・マン24時間 ウォームアップ
7号車トヨタがレクサスとの接触でマシン破損/2024年WEC第4戦ル・マン24時間 ウォームアップ
AUTOSPORT web
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
マイチェンで「歴代最強」 フォルクスワーゲン・ゴルフ R 試作車へ試乗 最高水準の魅力に揺るぎナシ!
AUTOCAR JAPAN
初心者でも安心! 自分のレベルに合わせてサーキットを楽しめる「GR Garage」主催の走行会に人気集中。ゲストドライバーに松井孝允選手も
初心者でも安心! 自分のレベルに合わせてサーキットを楽しめる「GR Garage」主催の走行会に人気集中。ゲストドライバーに松井孝允選手も
Auto Messe Web
“直線番長”プジョー9X8、劣勢も決勝に自信「正しいアプローチかどうかは、レースで分かる」/ル・マン24時間
“直線番長”プジョー9X8、劣勢も決勝に自信「正しいアプローチかどうかは、レースで分かる」/ル・マン24時間
AUTOSPORT web
前年から運用方法が一部変更。2024年のル・マン24時間セーフティカールールをおさらい
前年から運用方法が一部変更。2024年のル・マン24時間セーフティカールールをおさらい
AUTOSPORT web
伝説の「6輪F1マシン」を生んだ小屋 70年前のティレル工場が移転保存 英国
伝説の「6輪F1マシン」を生んだ小屋 70年前のティレル工場が移転保存 英国
AUTOCAR JAPAN
JAFが義務化しているユニバーサルロゴの意味は? 実際にラリー車両に貼ってモータースポーツ参戦している人の声を聞いてきました
JAFが義務化しているユニバーサルロゴの意味は? 実際にラリー車両に貼ってモータースポーツ参戦している人の声を聞いてきました
Auto Messe Web

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村