サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「ウィンダム」12年ぶり日本でも導入間近か、レクサスが新型「ES」とみられる新型車を北京ショーで世界初公開

ここから本文です

「ウィンダム」12年ぶり日本でも導入間近か、レクサスが新型「ES」とみられる新型車を北京ショーで世界初公開

■日本導入となれば2006年以来12年ぶりの復活

 レクサスは、中国・北京で4月25日から開催される2018年北京モーターショーで、新型車を世界初披露すると発表しました。

レクサス「RX」3列シートモデルの売れ行きに困惑? 富裕層が求める理想的なSUVとは

 今回、レクサスが初公開する新型車は、すでに自動車業界で噂されている新型「ES」が初公開されるとみられています。日本で「ES」という車名は馴染みがないですが、2006年まで国内で販売されていた「ウィンダム」の海外名が「ES」です。

 ちなみに「ES」の車名は「Executive Sedan」の頭文字からとっています。

 2005年から日本国内でスタートしたレクサスブランドですが、ブランド立ち上げ時は「GS」「SC」「IS」の3モデルが発表され、「ES」は含まれませんでした。その後、国内ではセダン販売の不振から、2006年1月に生産終了となったトヨタ「ウィンダム」。しかし、上質な乗り心地が売りだった「ウィンダム」の復活を熱望する声も多く、「ES」の国内導入が検討されてきたといいます。

 レクサス「ES」は、SUVの「RX」と並びグローバルではレクサスの基幹車種です。その「ES」に1本化する方向で、今年に入りハイブリッド専用車であるレクサス「HS」を3月で販売終了としていました。

 これにより同クラスの後継モデルとして、国内では12年ぶりに「ウィンダム」の名で知られているレクサス「ES」を導入する準備が整ったわけです。

 レクサスが今回、先行で公開した「ES」とみられる新型車画像は、フロントデザインのみですが、レクサスのフラッグシップセダン「LS」のような張り出しの強いデザインが見て取れ、LSと同じ方向性のスタイリッシュなセダンになると予想されます。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します